“安倍側近の不倫コンビ”和泉補佐官・大坪審議官の新疑惑を政府機関理事長が告発! 感染症研究などの予算80億円を自分の担当事業に投入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

感染症研究などに使うための80億円が大坪氏担当の「全ゲノム解析実行計画」に

 AMEDには通常の予算とは別に、内閣府に計上される科学技術イノベーション創造推進費のうち175億円(2019年度見込み)が医療分野の研究開発関連の「調整費」として充当される。

 この「調整費」はAMED理事長がプログラムディレクターらの意見を勘案して現場の状況・ニーズに対応する「理事長裁量型経費」と、健康・医療戦略推進本部による機動的な予算配分をおこなう「トップダウン型経費」の2つに分かれている。この「トップダウン型経費」は〈感染症の流行等の突発事由により、可及的速やかに研究開発に着手する必要が生じた場合〉や〈ある領域において画期的な成果が発見されたこと等により、当該領域へ研究開発費を充当することが医療分野の研究開発の促進に大きな効果が見込まれる場合〉(「医療分野の研究開発関連の調整費に関する配分方針」より)に配分されるものなのだが、2019年度まで執行されたことはなかった。

 ところが、昨年11月にはじめて「トップダウン型経費」に88億4000万円が配分されたのだ。新型コロナウイルスなどの緊急的な感染症研究に使われたわけではない(時期的にも新型コロナウイルスが問題になる前だから当たり前だが)。約90%にあたる約80億円が厚労省の「全ゲノム解析実行計画」に使われることが、大坪氏の独断で決まったのだという。「全ゲノム解析実行計画」というのは、厚労省ががんと難病の患者を対象に、すべての遺伝情報(ゲノム)を網羅的に調べ、創薬などに活かそうというもの。医療産業に国際競争力をつけるという意味では重要だが、感染症対応のような緊急性や画期的な成果の発見があるわけではなく、「トップダウン型経費」の趣旨とはまったく違う。

 にもかかわらず、こんな不可解な予算のつぎ込み方がされたのは、ほかでもない、この「全ゲノム解析実行計画」の厚労省での取りまとめ役が大坪氏だったからだ。つまり、大坪氏は自分の省庁での担当のプロジェクトに金を優先的につぎ込むため、本来の使途を歪めるかたちで予算を充当しようとしていた。末松理事長はそのことを告発しようとしたのである。

 実際、末松理事長は前述したように、いったん、田辺会長にさえぎられながらも再び挙手して、こうつづけた。

「先ほどちょっと申し上げた80数億のお金、多くはゲノム関連の調整費として使われますけれども(中略)現時点までは我々はディスカッションには一切参加しておりません。これはトップダウンですので、そのような仕組みになっています。このような仕組みはルールの範囲内ではあるけれども、AMEDから見ても極めて不透明な決定プロセスで中身が決まっております」

 そして、末松理事長は、大坪氏のトップダウン型調整費の運用について、「利益相反になっている」と批判した。

「健康・医療戦略室の意思決定、トップダウン型の意思決定のプロセスというのは、明確に申し上げますと、大坪次長、現在は非常勤のAMED担当室長ということですけれども、かつ厚労大臣の審議官をやられております。そのような状況下で、研究者コミュニティーから見ると、研究費を応募した側と審査した側が同じになっているわけです。利益相反状態です。この利益相反状態で恣意的な省益誘導が行われたというふうに言われても反論のしようがないと思います」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

“安倍側近の不倫コンビ”和泉補佐官・大坪審議官の新疑惑を政府機関理事長が告発! 感染症研究などの予算80億円を自分の担当事業に投入のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AMEDトップダウン和泉洋人大坪寛子山中伸弥末松誠瀧澤美奈子研究費編集部調整費の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
2 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
3 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
4 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
5 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
6 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
9 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
10 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
11 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
12 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
13 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
14 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
15 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
16 近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
17 安倍首相がIOCバッハ会長に五輪延期「最長1年、できれば年内」申し入れか
18 田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
19 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
20 昭恵夫人が近財職員自殺報道の夜に神田うのと
1自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3安倍晋三の新型コロナ対応と菅直人の原発事故対応とどっちが酷い?
4 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
5安倍「東京五輪は予定通り開催」に世界中からツッコミの嵐
6「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
7五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
8 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
9近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
10安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
11 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
12昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
13厚労省が今度は「ドライブスルー検査」を“医師の診察が伴わない”とデマ
14 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
15俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
16近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
17感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
18 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
19赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
20K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄