チュート徳井のADHD説をめぐる議論で欠けていること 公的手続きが極端に苦手な人たちの存在 生活保護や年金では死活問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
 チュート徳井のADHD説をめぐる議論で欠けていること 公的手続きが極端に苦手な人たちの存在 生活保護や年金では死活問題の画像1
徳井Twitter


 活動自粛に追い込まれたチュートリアル徳井義実の“申告漏れ”問題。会見後に、当初報じられた2016年3月期〜2018年3月期の3年分の無申告のほかに、2009年の会社設立以来1度も申告していなかった、社会保険にも未加入、個人としての申告もしていなかった……などの新事実も次々発覚し、結局、活動自粛に追い込まれた。

 徳井は「想像を絶するだらしなさ、ルーズさ」「明日払おう、明日払おうと思っているうちに、3年」などと釈明していたが、ワイドショーでもネットでも、「悪意があったに決まっている」「3年間も忘れるわけがない」「絶対に払わないという強い意志としか思えない」「悪質」「逮捕されてもおかしくない」などと批判の声は収まる気配がない。

 徳井が以前ラジオで「ドバイは税金がないから、ドバイに行きたい」「移住するなら、シンガポールかドバイ」などという主旨の発言していたことから、「ドバイの税に詳しいくせに、日本の税に無知なワケないだろ」という声もあがった。一方、「NEWS ポストセブン」は「申告漏れの裏で2億円のマンションを購入していた」と報じ、これを銭ゲバと断じているメディアもある。

 しかし、徳井の言動を精査してみると、意図的な申告漏れや銭ゲバとは言い難いものがある。

 たとえば、10月27日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS)では、同じ吉本興行所属であり、同世代で大阪時代から仲がいいという陣内智則が、「大阪時代でもチュートリアルは売れていてお金はあるのに、ガスを止められたり電気を止められたりしていた」と証言していたが、大阪時代どころではない。

 徳井のツイートをさかのぼってみると、ブレイクして東京進出して以降も、電気やガスを止められたという記述がたびたび出てくる。

2010年6月10日〈電気が止まりました。ギガダルス。〉〈漆黒の闇と静寂の中、ロウソクを灯す。アロマキャンドルから出る香りが哀しい。〉

2011年6月11日〈未払いでした。夜中でも復旧できるんですね。ベンス。〉

2010年12月24日〈クリスマスイブ、ガスが止まった…〉

2011年6月30日〈MGT また ガス 止まった〉

2011年11月8日〈やってしまった。水道が止まった…〉

2012年8月23日〈気付けばまた料金払い忘れてて、ガスが止まっている。今日は水風呂だ。〉

 念のために言っておくと、チュートリアルは2006年末の『M-1グランプリ』に優勝し、2007年夏には東京に拠点を移している。2008年には『笑っていいとも!』(フジテレビ)のレギュラー出演をはじめ、現在も続く人気番組である『しゃべくり007』(日本テレビ)や『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ)のレギュラー番組もすでに始まっている。もちろん、これら以外にも多数のバラエティ番組はもちろんドラマやCMの仕事もしている。

 どれだけ吉本がピンハネしているとしても、この時期の徳井が、電気代やガス代の支払いに困るほどの収入であるわけがない。実際、すぐに払って復旧している様子も見て取れる。

 すでに十分に稼いでいた時期も、ガスや電気、水道まで止まっているのだ。学生時代などにガスや電気が止まった経験がある人でも、水道が止まるというのはそうそういない。しかも、繰り返すが徳井はお金がないわけではない。

 実は、こうした徳井の「想像を絶するルーズさ」について、「徳井はADHDなのでは?」という声がネットではあがっている。

 ADHD(注意欠如多動性障害発達障害)というのは、いわゆる発達障害のひとつ。ADHDはじめ発達障害は、かつては子どもの病気と捉えられてきたが、近年は成人以降も症状が持続したり、成人になってから顕在化したりと、大人の発達障害にも注目が集まっている。日本では、約400万人、成人の約3〜4%がADHDという推定もある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

チュート徳井のADHD説をめぐる議論で欠けていること 公的手続きが極端に苦手な人たちの存在 生活保護や年金では死活問題のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ADHDTwitterチュートリアル吉本興業徳井義実発達障害酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
2 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
3 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
4 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
5 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
6 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
7 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
10 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
11 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
12 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
13 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
14 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
15 IR汚職“起訴”の企業会長夫人と同姓同名の人物が進次郎、鈴木道知事に献金も
16 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
17 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
18 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
19 『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
20 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
13すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄