北朝鮮ミサイル発射で混乱したのは韓国ではなく日本だった!菅官房長官は「2発」と誤情報を発表 SLBMも把握できず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

GSOMIA破棄でマスコミが強弁「困るのは韓国だけ」は嘘! 北朝鮮情報取れない日本、ミサイル発射もほとんど韓国軍発表が先

 韓国政府が破棄を決めた日本とのGSOMIA(秘密軍事情報保護協定)。昨日、本サイトで検証したように、韓国がGSOMIA破棄を決断してしまったのは、すべて安倍首相の仕掛けが原因なのだが、政権周辺はこの期に及んでも「損をするのはむしろ韓国」「日本の安全保障に影響はない」などと強弁している。

 マスコミも同じだ。新聞や週刊誌では、政府高官や自衛隊幹部、専門家の「日米で情報交換するだけだから困るのは韓国だ」「破棄は韓国の自殺行為だ」などというコメントを垂れ流され、GSOMIA破棄が悪影響を及ぼすのは韓国だけであり、日本への影響は皆無と印象づける報道や論評が少なくない。ようするに、北朝鮮によるミサイル発射などを把握する際、日本はアメリカと協力すればいいだけの話なので大丈夫、逆に、韓国は衛星を持つ日本からの情報を直接間接問わず得られなくなるから大きな痛手、と言いたいらしい。

 しかし、本当にそうだろうか。たとえば、23日の米CNNは、日韓GSOMIA破棄がミサイル関連情報に与える影響について、〈韓国のインテリジェンスがテストから収集できるデータによって、ミサイルの距離、速度、高度など、その武器の高度な情報の重要な詳細を明らかにすることができる。これらは東京、ソウル、ワシントンが最悪の事態に備えるミサイル防衛システムをより順応させることに役立っている〉と解説している。

 そもそも、日韓では情報収集に得意な分野が違う。時事通信も24日に〈北朝鮮のミサイル情報について、日韓両国にはそれぞれ優位性に違いがある〉として、〈北朝鮮に隣接する韓国は「ブースト段階」と呼ばれる発射直後の軌道把握が得意。一方、日本は日本海などの着弾地点を正確につかむことができる〉〈実際、韓国は北朝鮮が7月25日に発射した短距離弾道ミサイルに関し、日本から提供された機密情報を受け、公表した飛距離を修正したとされる。今後は日本も韓国からの情報が遮断されることにより、分析能力が低下する可能性がある〉と指摘した。

 たしかに、北朝鮮のミサイル発射問題にかんしては、日本側はイージス艦などによる情報収集及び距離・着弾地点等の解析の面では韓国よりも優位と言われているが、逆に、地の利を活かした地上レーダーによる発射直後の情報把握や通信傍受等では韓国が優れているとされる。これらに米国の衛星が得る情報等を合わせることでミサイル発射から着弾の動きを捉え、分析の精度を高めているわけだ。

 日韓GSOMIAの破棄によってこの連携が崩れてしまうだけでなく、日本側は韓国側が日常的に行っているインテリジェンス活動、すなわち「発射準備の兆候」などの情報も得られなくなる可能性が極めて高い。ようするに、「韓国が困るだけで日本に影響はない」というのはまったくの嘘、デタラメなのだ。

 ところが、事ここに至っても、ネトウヨたちは、8月24日早朝の北朝鮮の弾道ミサイル発射について、NHKなどによる一報のほうが韓国軍の発表より10分早かったことで〈やっぱり日本は困らない〉〈GSOMIAいらないじゃん〉などと快哉を叫んでいる。一応言っておくと、7月25日以降に行われたミサイル発射ではすべて韓国側が先に発表しているのだが、それにしても、発表のが早さだけを基準に悦に入るレベルの低さときたら、まったく「頭がお花畑」としか言いようがない。

 実際には、ミサイルの方向、距離、最大高度、数などによって情報量や把握のスピード、そして精度が変わるのは常識で、今回の場合はたまたま日本側が早く知覚できる条件が揃っていただけと考えるべきだろう。いわずもがな、日本のマスコミ報道が早かったのは、「GSOMIA破棄の影響はない」と強弁したい安倍政権によるパフォーマンスでしかないのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

北朝鮮ミサイル発射で混乱したのは韓国ではなく日本だった!菅官房長官は「2発」と誤情報を発表 SLBMも把握できずのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。GSOMIAミサイル北朝鮮安倍晋三編集部菅官房長官韓国政府の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
2 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
3 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
4 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
5 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
6 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
7 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
8 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
9 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
10 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
11 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
12 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
13 谷村新司のオカルト告白がスゴい
14 安倍首相が政治資金報告書に“7千万円荒稼ぎ”記載も「桜を見る会」前夜祭は…
15 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
16 はあちゅうのセクハラ冷笑過去検証
17 杉田水脈議員が「保育所はコミンテルンの陰謀」
18 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
19 自民党がネトサポに他党叩きを指南
20 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
5ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
10悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
11菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
15河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
16菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
17菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
20三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄