グアムへの北ミサイルは存立危機事態ではない! 安倍首相が支持率回復のために日本国民を危険にさらそうとしている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
グアムへの北ミサイルは存立危機事態ではない! 安倍首相が支持率回復のために日本国民を危険にさらそうとしているの画像1
自民党HPより


 北朝鮮がグアム周辺へのミサイル発射計画を発表したことで、米朝開戦危機が再燃。日本のマスコミもまたぞろ「今度こそ米朝開戦か」「日本にもミサイルが」と大騒ぎを始めた。たしかに、「米朝開戦」の危険性はこれまで以上に高まっていると言えるだろう。

 だが、今回のチキンレースを仕掛けたのは、明らかにトランプ大統領のほうだ。8月8日、トランプ大統領が突然、北朝鮮が核開発と米国への威嚇を続けるなら「世界史に類をみない炎と怒りで報いを受けるだろう」と発言。これを受けるかたちで、北朝鮮が翌9日、グアム近海に中距離弾道ミサイルを発射すると発表。さらに10日には、その中距離弾道ミサイルが「火星12」であること、4発を同時に発射し、日本上空を通過させグアム沖30〜40キロの海上に着弾するなどという具体的な計画を突きつけた。

 しかし、トランプ大統領の北朝鮮挑発は止まらない。自らの「炎と怒り」発言を「厳しさが足りなかった」として、11日には「軍事的準備はすでに整っている」「グアムに対して何かすれば、誰も見たことのない事態が北朝鮮で起こることになる」と恫喝した。

 こうしたトランプの言動は、米国内でも厳しい批判を浴びている。当然だろう。金正恩と同じレベルに立った子どもじみた暴言は、北朝鮮を止めるどころか、逆にエスカレートさせるものでしかないからだ。しかも、その裏には、政権がまったく機能せず、支持率ガタ落ちの状況から目を逸らそうという意図がある。ようするに、トランプは自分の権力を維持するために、何十万人もの犠牲者が出る本物の戦争につながりかねない挑発を行っているのだ。

 ところが、この暴走大統領をいさめるどころか、後押ししていたのが日本の安倍首相だった。トランプ発言に先立つ7月末、「(北朝鮮への対応については)私たちもさらなる行動をとっていかなければならないとの認識でトランプ大統領と完全に一致した」と語っていたのだ。

 今回のミサイル問題で中国やロシアが米国に慎重対応を呼びかけるのは当然としても、ドイツのメルケル首相も「米国と北朝鮮の対立に軍事的な解決策はない」「ドイツは軍事的でない解決策に積極的に関与する」と表明。当事者の韓国の文在寅大統領でさえトランプに対して「朝鮮半島で再び戦争の惨状が繰り広げられるのは決して容認できない」と毅然と申し入れた。

 そんななか、安倍首相だけがそうした自制を求める発言を一切せず、事前に「トランプ大統領と完全に一致」「さらなる行動」などと、アメリカと一緒に戦争をすることを示唆するような発言まで行っていたのだ。

 いや、そればかりではない。安倍政権はこの危機に乗じて、具体的に集団的自衛権行使に動き始めた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

グアムへの北ミサイルは存立危機事態ではない! 安倍首相が支持率回復のために日本国民を危険にさらそうとしているのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ドナルド・トランプミサイル北朝鮮安倍晋三編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
2 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
3 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
4 市川沙耶と熱愛・野島アナに二股の過去
5 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
6 東京五輪で増田明美と有森裕子が論争! 開催を主張する増田に有森が
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
9 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
10 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
11 安倍「東京五輪は予定通り開催」に世界中からツッコミの嵐
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
14 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
15 吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
16 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
17 有馬キャスター降板だけじゃない! NHKが世論調査でも政権忖度
18 ヤマダ電機ブラック批判がタブーに!?
19 五輪演出問題で松本人志、太田光、カズレーザーが姑息コメントも、渡辺直美は
20 安倍が子どもの貧困に他人事メッセージ
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
3吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
4「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
5NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
6組織委は文春への圧力より電通との癒着説明を! MIKIKO氏排除も電通ナンバー2が張本人
7萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
8菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
9汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
10DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
11日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
12菅首相が「まん防」で宣言解除の“責任ごまかし”図るも、変異株拡大で手遅れ
13海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄