玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングを徹底批判! “弁護士にならないかも”報道の嘘も明らかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ミッツ・マングローブは虚報をもとに「こんな青臭いことを言う人が婚約」

 さらに、番組が「留学の本当の目的とは?」と題し、小室さんの代理人弁護士が「彼はいまライフプランを作っている。アメリカでの3年間で様々な人と出会い、経験を得ている。彼自身の人生の視野を広げている最中」と話したと伝えた。すると案の定、坂上が「俺もどうしていいかよくわからなくなってきた」と呆れ口調で吐き捨てれば、ミッツ・マングローブにいたっては「いまさらこんな青臭いことを言う人がよく婚約なんかしたなって」と人格攻撃に精を出した。当然のように、ネットではこの放送を受けて、「自分探しかよ」というようなバッシングが盛り上がった。

 よくもまあ、こんな言いがかりをつけられるものではないか。だいたい、仮に小室さんが今後、弁護士にならないとしても、ましてや留学で「ライフプランをつくっている」のだとして、それが批判される理由になりはしない。そもそも小室さんの学費は奨学金だし、生活費などの費用もパラリーガルとして勤務する法律事務所が出している。恋愛や結婚も当事者同士の自由だ。まして小室さんは勉学に励む若者であり、彼の将来を彼自身が決めるのは当たり前の話。それがどうして「こんな青臭いことを言う人が」などと罵倒されなければならないのか。

 しかも、だ。実は『バイキング』が“小室さん叩き”のダシに使った話は、事実ではなかった。

 14日放送の『モーニングショー』が、この『バイキング』報道に関して、あらためて小室さんの代理人弁護士に取材した結果を伝えたのだが、それによれば、真相はこういうことだったらしい。

「ニューヨークで弁護士をやるんですよね?という質問だったので、『NYで弁護士をやると確定しているわけではない』と言っただけ」
「(『ライフプランを作っている』発言の真意は)どういう弁護士活動をやるのか?という質問だったので、『弁護士としての人生設計を一生懸命やっている』と言っただけ。『自分探しをしている』とは言っていない」

 周知のように、アメリカでの弁護士資格は州ごとに認められる。日本に戻って弁護士になるという選択肢もあるし、留学で学んだことを活かした職に就く可能性も当然ある。そう、小室さんの代理人弁護士は言っていたのだ。

 実際、小室さんの代理人弁護士は、夕刊フジの直撃にも応じており、そこでも「米国内でもニューヨーク以外で働く可能性もあるし、日本に帰国するという選択肢もある。その意味で、『小室さんはニューヨークで弁護士になると決めたわけではない』と説明した」と語っている(「zakzak」5月14日付)。

 もはや、『バイキング』が伝えた「小室さんは弁護士になるとは言っていない」との代理人の発言は正確ではなかった。というよりも、ほとんど“フェイク”と呼ぶべきものだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングを徹底批判! “弁護士にならないかも”報道の嘘も明らかにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。テレビ朝日バイキングフジテレビ玉川徹編集部羽鳥慎一モーニングショーの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
2 安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
5 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
6 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
7 安倍が選挙妨害に関与の決定的証拠
8 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
9 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
10 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
11 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
12 『笑点』で三遊亭円楽が「いま日本は本当に民主主義国家ですか?」
13 統一教会とズブズブ報道の萩生田光一政調会長がテレビ各局に圧力か
14 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
15 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
16 森喜朗200万円受領問題だけじゃない! 五輪招致買収や神宮再開発利権も
17 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
20 投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
1菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
2高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
3安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
4岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
5安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
6 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄