ピエール瀧報道で『バイキング』坂上忍「ドミューン知らない」だけが問題じゃない! 自分を棚に上げ逸脱を許さない道徳ファシズム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ピエール瀧報道で『バイキング』坂上忍「ドミューン知らない」だけが問題じゃない! 自分を棚に上げ逸脱を許さない道徳ファシズムの画像1
フジテレビ『バイキング』番組サイトより


 ピエール瀧の逮捕以降、本サイトは一貫して、メディア(特に地上波テレビ)報道の問題点を指摘し続けてきた。被害者もいないただの薬物事件をまるで重大犯罪のように騒ぎ立て、ピエール瀧の人格や過去の仕事まで否定し、「一緒にグループを組んでいる」という理由だけで石野卓球への謝罪を要求する……。

 なかでも悪質なのが『バイキング』(フジテレビ)だ。毎日のように「こんなに迷惑をかけた」「いいおとなが無責任すぎる」「厳罰は当然」などとピエール瀧を糾弾し、薬物に手を出せば、すべてを失って当然であるかのような“煽動魔女狩りエンタテインメント”を展開している。

 石野卓球のことを攻撃した3月25日の放送については先日、取り上げたが(https://lite-ra.com/2019/03/post-4630.html)、3月28日の放送もひどかった。

 この日の『バイキング』はピエール瀧逮捕を受け、出演のテレビ・映画に代役を立てたり、電気グルーヴの音源の流通を止めたりという、業界の過剰な自粛対応に対して抗議の声が起きていることがテーマだった。

 最初に、薬物依存症問題に取り組む市民団体「依存症問題の正しい報道を求めるネットワーク」が松竹、セガゲームス、ソニー・ミュージックエンタテインメント、TBS、NHKなどに自粛撤回の要望書を出していることが紹介され、「過剰な自粛や極悪人のような煽動報道で、薬物依存の当事者や家族はどんどん追い詰められる」という旨の発起人のコメントがVTRで流された。「刑罰から治療へ」という薬物対策の世界的な流れから言うと、当然の主張といっていいだろう。

 ところが、これを受けたスタジオの反応は真逆だった。まず、MCの坂上忍はVTRが終わるなり、「お話きいているとイマイチ僕は説得力を感じない部分のほうが多かった」「お話を伺っていると、支援のほうにだいぶこうシフトした方々なんですかね」などと一蹴。逆に「更生させるのはとても大事なことだとは思うけど、手を出すことじたいが犯罪なわけでしょ」と犯罪であることを強調し、「刑罰から治療へ」という考え方について「日本はまた全然状況が違うから、そこらへんは、なんか、世界の潮流になんでもかんでも合わせりゃいいのかってことではないと思うんだけどね」と否定にかかった。

 さらには、「薬物に手を出しちゃったら、こんな大変なことになるんですよ! 出演しているものはオンエアーもできないし、損害賠償だし、大変なことになるから、(薬物は)やめてくださいよ!っていう意味も含まれている」と、バッシングや自粛が見せしめになる、と正当化したのだ。

 ほかのコメンテーターも同様だ。布施博や森公美子は市民団体の主張を「比較対象が違う」「考え方が違う」と批判、薬丸裕英にいたっては「まず手を出してから依存するわけでしょ。まず手を出すことがいけないことじゃないですか。その罪を償わずに、更生のほうをっていうふうに僕には聞こえてしまったんですね」と、市民団体の更生そのものを否定した。

 言っておくが、「刑罰から治療へ」が世界的な潮流になっているのは、薬物防止に効果があることが客観的に明らかになっているからだ。にもかかわらずこの連中は一切聞く耳を持たず、「ルールを破ったんだから罰を受けろ」などと、中世的な価値観丸出しで叫んでいるのである。この思考停止と前時代性には辟易とするしかない。

 さらにひどかったのが、宇川直宏主宰のライブストリーミングサイト・DOMMUNEの企画をとりあげたときのことだ。DOMMUNE は26日、自粛対応への抗議の意味も込めて、「電気グルーヴ“だけ”の5時間!電気グルーヴ“だらけ”の300分!」と題し、電気グルーヴの楽曲をかけるDJイベント企画を放送。DJ WADA、KEN ISHII、SUGIURUMN、Licaxxxといった著名なDJが参加したこの放送は大反響を呼び、日本のツイッターではトレンド1位になり、46万人以上の視聴者が集まった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ピエール瀧報道で『バイキング』坂上忍「ドミューン知らない」だけが問題じゃない! 自分を棚に上げ逸脱を許さない道徳ファシズムのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。DOMMUNEバイキングピエール瀧坂上忍編集部萩原健一の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 “使い回し”菅義偉が国葬弔辞に“見てない話”をギャンブルで盛り込んだと自慢
2 菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
3 玉川徹を攻撃する橋下徹、三浦瑠麗、ほんこんの悪質デマ垂れ流し過去
4 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
7 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
8 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
9 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
10 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
11 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
12 “菅親衛隊”状態の田崎史郎が石破茂批判で「飲み食いの数が少ない」
13 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
14 自民党がネトサポに他党叩きを指南
15 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
16 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
17 統一教会とズブズブ報道の萩生田光一政調会長がテレビ各局に圧力か
18 KADOKAWA夏野剛社長に新たな暴言が発覚! 一方、森喜朗には…
19 AbemaTVとテレ朝が菅官房長官と杉田水脈のヨイショ番組
20 中村格警察庁長官「辞任」でもくすぶる安倍元首相の警護をめぐる疑惑
1菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
2安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
3岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
4安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
5“使い回し”菅義偉が国葬弔辞に“見てない話”をギャンブルで盛り込んだと自慢
6玉川徹を攻撃する橋下徹、三浦瑠麗、ほんこんの悪質デマ垂れ流し過去

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄