ピエール瀧めぐる松本人志とビートたけしの発言は芸術への冒涜だ! 松本「ドラッグで演技はドーピング」の無教養

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ピエール瀧めぐる松本人志とビートたけしの発言は芸術への冒涜だ! 松本「ドラッグで演技はドーピング」の無教養の画像1
松本とたけしの発言が!(『ワイドナショー』、『情報7days』番組HPより


 ワイドショーの話題を独占し続けているピエール瀧の逮捕報道。瀧が出演していた映画・ドラマの撮り直しや公開中止、音楽作品の販売停止などが相次ぎ、作品と不祥事の関係にスポットが当たっているが、映画監督でもある大物芸人からとんでもない発言が飛び出した。

 ひとりめは、もちろん松本人志。電気グルーヴとはこれまで何度も共演してきた松本だが、3月17日放送『ワイドナショー』(フジテレビ)で、もしも自分の監督した映画でこのような事件が起きた場合、どのような対応を望むかを、こう話したのだ。

「たとえば、自分が映画監督をした、で、公開前に主役級ぐらいの人が薬物で捕まった。僕はね、結局、薬物という作用を使ってもしかしたらあの素晴らしい演技はやっていたのかもしれないと思ったら、それはある種ドーピングなんですよ。ドーピング作品になってしまうので、僕はやっぱり、監督としては公開してほしくないですよね」
「作品に罪はない、罪はあるっていうことでいうと、僕は場合によってはあると思うんですよ。(音楽の)レコーディングの時にそういうものを吸っていてすごく良いものができたんだとしたら、これは僕はドーピングだと思うので、ダメだなと思いますね」

 芸術作品にドーピングって、こいつはいったい何を言っているのか。創作活動は、薬物に限らずいくつもの様々な外的要因・内的要因の影響を受ける。その複雑に絡み合った様々なファクターの何がどう作品に影響しているかどうかなど、不分明だ。筋肉増強剤みたいに、摂取して筋トレしたらこれだけ筋肉がつくみたいな単純なものではない。筋肉増強剤や筋トレみたいに数字に換算できる明確な効果のあるものと、数字や理屈では説明しきれない創作活動の違いすらわかっていないのか。クリエイティブについてこんな程度の認識で、「自分も映画監督」などとよく言えたものだ。

 だいたい松本は、音楽・文学・美術・映画……古今東西のあらゆるジャンルの表現が、薬物やアルコールと強い結びつきがあったという歴史を知らないのか。ドーピングだからダメなどと言い出したら、歴史上の多くの芸術作品がダメということになってしまう。太宰治も坂口安吾もビートルズもセックス・ピストルズもダメだし、バロウズなんてドーピング作品の典型になってしまう

 松本のこの頭の悪すぎるドーピング発言に、案の定、ネットでは批判が噴出。「おまえも、アルコールを飲んで番組をやってるだろ」というツッコミの声も上がった。『ダウンタウンなう』(フジテレビ)の「本音ではしご酒」という企画で、松本がアルコールを飲みながらトークを展開しているためだが、唖然としたのは、松本が18日にツッコミに反論するようにこうツイートしたことだった。

〈ひとしです。
コカインがドーピングなら酒を呑みながら番組やってるお前もドーピングだろ!って言ってくる人がいるとです。
お酒は非合法ではありません〜
ひとしです。ひとしです。ひとしです…〉

 松本は演技を水増ししているからダメだと言っていたはずなのに、いつのまにか、非合法かどうかという話にすりかえてしまったのだ。薬物の力で「演技が変わる」ということを問題にしているのであれば、アルコールでも同じはず。それとも、アルコールは合法だから適度なドーピングということなのか。

 ようするに松本は、“純粋なクリエイター”のポーズをとるために「ドーピング」などという言葉をもちだしただけで、実際はそのへんのワイドショーコメンテーターと同じ、「違法だから作品も上映しちゃダメ」と言っているだけだったのだ。この程度の作品への姿勢でよくもまあ、映画監督ができていたものである(まあ、だから映画がつまらなかったのかもしれないが)。

 しかも、松本は新井浩文については「ドーピングではない。被害者との問題になってくるので別問題」と語っていた。松本にとっては強制わいせつや性的暴行は違法の範疇に入らないということらしい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ピエール瀧めぐる松本人志とビートたけしの発言は芸術への冒涜だ! 松本「ドラッグで演技はドーピング」の無教養のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ビートたけしピエール瀧ワイドナショー新・情報7DAYSニュースキャスター松本人志編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
2 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
3 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 西野、梶原、又吉ら意識高い系芸人が吉本上層部を全面擁護
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
9 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
12 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
13 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
14 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
15 2017サブカル論争&炎上事件簿
16 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 木梨憲武個展が大盛況の“理由”
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
12信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
13 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄