テレ朝『ワイド!スクランブル』で黒鉄ヒロシが“ネトウヨの慰安婦像デマ”をそのまま口にし韓国ヘイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
テレ朝『ワイド!スクランブル』で黒鉄ヒロシがネトウヨの慰安婦像デマをそのまま口にし韓国ヘイトの画像1
テレビ朝日コーポレーションHP「放送番組審議会」2017年度メンバーより


 慰安婦問題や徴用工問題、レーダ照射問題などで悪化する一方の日韓関係。今月には、韓国の文喜相国会議長が米ブルームバーグのインタビューで、「戦争の主犯の息子である天皇(原文は日王)が慰安婦のおばあさんたちに謝罪しなければならない」と発言(朝鮮日報)。これに対して、日本政府が「発言は甚だしく不適切」(安倍首相)、「極めて無礼」(河野太郎外相)などと反発し、ますます対立が深まっている。

 こういうときこそ、メディアは冷静な報道をしなければならないはずだが、実際はまったく逆。テレビを中心に「韓国けしからん」の大合唱を繰り広げている。しかも、“嫌韓ムード”を煽るだけではなく、ほとんどヘイトスピーチと化しているものも少なくない。

 その典型が、テレビ朝日の『ワイド!スクランブル』だろう。同番組といえば、昨年のリニューアルで、安倍政権擁護や右派的主張を連発する小松靖アナウンサーをMCに抜擢。元テレ朝政治部記者で、現在は『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)、『ニュース女子』(DHCテレビ)などでおなじみの“安倍応援団ジャーナリスト”末延吉正氏らがコメンテーターを務める番組。その21日放送、むき出しのヘイトが垂れ流されたのだ。

 番組では、文議長の「天皇謝罪」発言を中心に日韓関係を特集。コメンテーターとして出演した漫画家の黒鉄ヒロシ氏が、スタジオでこんな持論を展開したのだ。

「歴史みたいなね、(韓国に)煮え湯飲まされっぱなしなんですよ。そのたびに、日本が仲良く常識的にっていったら、かならずひどいことになる。文禄・慶長の役で和睦になって、それじゃあ帰りますってなったら後ろから撃ちかけてくるんですよね。条約無視も甚だしいわけ」

 いったい、この人は何年前の話をしているのかと呆れるが、さらに黒鉄氏は自作のイラストを示し、そのなかに描いた慰安婦問題を象徴する「少女像」を指してこう続けた。

「従軍慰安婦の像ってあるでしょ。あれのアメリカ兵がジープで女の子を轢いちゃったそのときにできた像なんですよね。これで倉庫に入れてあったのを引っ張り出して流用。そういうね、常識ではない」

 言っておくが、これ、まったくのデマである。

 詳しくは本サイトの記事(https://lite-ra.com/2017/12/post-3635.html)を一読いただきたいが、いい機会なので簡潔に振り返っておこう。ソウル日本大使館前に建てられた有名な少女像(正式名称は「平和の碑」ないしは「平和の少女像」)は、彫刻家のキム・ウンソン、ソギョン夫妻による芸術作品だが、数年前からネトウヨ界隈では「少女像は米軍装甲車事故被害者像の転用」なる説が流通。そのネトウヨデマを丸呑みするかたちで、極右雑誌「WiLL」(ワック)2017年10月号が「『慰安婦像』のモデルは米軍犠牲者の少女だった」(田中英道)と題して拡散。「週刊文春」(文藝春秋)まで「『慰安婦像』の正体を暴く!」などと後追いしたこともある。

 しかし、キム夫妻は確かに、2002年の米軍装甲車事件で亡くなった女子中学生を追悼する作品も発表しているが、それは、二人の幼い少女が肩を組んでいるという像で、慰安婦の「少女像」とは全くの別物なのだ。しかも、ネトウヨ界隈では米軍装甲車事故の被害者の少女の写真と、「少女像」の髪型がそっくりだ、などと言って「転用」の根拠としているが、本サイトでも画像を引用して紹介したように、二つの像は髪型から頭身まで一点も類似性がない(岡本有佳・金富子責任編集/世織書房『〈平和の少女像〉はなぜ座り続けるのか』に収録)。なお、産経新聞の元ソウル支局長である加藤達也・社会部編集委員も2017年6月17日に行われた公益社団法人國民會館主催の講演会のなかで「当時の記録を調べましたところ、米軍装甲車の女子中学生轢過事件の後にできた像と、慰安婦の像は別物です」と明言している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

テレ朝『ワイド!スクランブル』で黒鉄ヒロシが“ネトウヨの慰安婦像デマ”をそのまま口にし韓国ヘイトのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。テレビ朝日ワイド!スクランブル慰安婦編集部黒鉄ヒロシの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
2 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
3 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
4 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
5 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
10 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
11 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
12 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
13 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
14 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
15 高市早苗はなぜ“ネオナチ”といたのか
16 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
17 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
18 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
19 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
20 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
14高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄