ローラのユニセフへの寄付を夕刊フジが「セレブ気取り」と攻撃!社会貢献の足を引っ張る産経メディアのゲス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ローラのユニセフへの寄付を夕刊フジが「セレブ気取り」と攻撃! 社会貢献の足を引っ張る産経メディアのゲスの画像1
ユニセフへの寄付を報告するローラのインスタ

 事務所独立トラブルにもめげず、バラエティ番組で見る機会は減ったもののモデルやCMの仕事で大活躍をしているローラ。

 そんなローラが、今月12日にインスタグラムで、「Unicef Summer Gala」というユニセフ(国連児童基金)のイベントのロゴをバックに撮った写真とともにこんな投稿をした。

〈今回UNICEFのイベントに参加しました。わたしはいま頭の中が子供達や動物の幸せと地球をまもることでいっぱいです。それと調べるほど許せないこともたくさんあり、悲しい気持ちになります。今回は自分ができる事として1000万円を寄付する事にしました。まだまだ足りないです。何をするために生きているか何をしないといけないか冷静に考えて自分の感情を信じて生きて行こうと思います。リスクがあっても嘘のない、人にとっても地球にとっても幸せが続くことに精一杯力を注いで頑張っていきたいです。〉

 ユニセフのイベントに参加したことと、1000万円の寄付をしたことを報告したのだ。

 ところが、これに対して、夕刊フジ(ZAKZAK)が信じられないような難癖をつけている。

8月23日にZAKZAKが配信した記事は「迷走するローラ、どこへ行く? ユニセフ1000万円寄付に「セレブ気取り」の声も」というタイトルのもの。タイトルからして、イチャモン臭がプンプンだが、中身の記事もひどい。

 まず最近のローラについて、「環境問題に発言」したり「社会貢献活動にも関心がある」ことを、「迷走中」「これまでのキャラとは一変」とくさしてみせる。

 そして上述のユニセフに関するインスタ投稿について、「芸能サイト編集者」のコメントとして、こんなふうに非難したのだ。

「もちろん称賛する声があるのですが、一方では“セレブ気取り”“ほかにやることがあるのでは”といった批判も上がっているのです」

「ハリウッド作品に出演するなど海外志向を強めているローラだけに、その活動も海外セレブを意識しているのは確か。海外のスターたちは、稼いだカネを社会貢献活動に費やすことが普通ですから、そういった行動に感化されているのでしょう」

 ようは、ローラのユニセフへの寄付はセレブ気取りの行為で、他にやるべきことがあるなどと文句を付け、最後には「いったい、どこに行ってしまうのだろう」と記事を締めくくるのだ。

 夕刊フジのほうこそ、いったい、何を言っているのか。ローラがインスタで「わたしはいま頭の中が子供達や動物の幸せと地球をまもることでいっぱい」と書いていたように、ユニセフに寄付することは説明するまでもなく、厳しい環境におかれた子どもたちのことを思ってのもの。感謝されたり褒められるならわかるが、「迷走」「どこに行ってしまうのか」などと苦言を呈されることではない。

 だいたい「セレブ気取り」などと言うが、仮にローラが海外の仕事をしていくなかで、ノブレス・オブリージュの意識が浸透している海外セレブの姿勢を見習ったとして、何が悪いのか。仮に海外セレブを真似してのファッションだったとしても、何もやらないよりはよっぽどいい。それとも、夕刊フジ(ZAKZAK)は自分の資産を肥やすことだけを考えて、社会貢献や富の再配分のことなど微塵も頭にない日本の富裕層のほうが真っ当だとでも思っているのだろうか。さすがフジサンケイグループと言いたくなる。

 しかも、そもそもローラの社会貢献に対する意識は、最近「海外セレブを意識」してというようなものではまったくない。もちろん「迷走」などではなく、むしろ強い意志に基づいたものだ。それも、バラエティ番組で「オッケー」とお茶の間を沸かせてブレイクするよりはるかに前から、もち続けている確固たる信念だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ローラのユニセフへの寄付を夕刊フジが「セレブ気取り」と攻撃!社会貢献の足を引っ張る産経メディアのゲスのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ユニセフローラ国連児童基金夕刊フジ編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
2 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
3 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
4 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
5 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
6 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
7 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
8 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
13 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
14 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
15 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
16 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
17 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
18 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
19 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
20 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
11岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
12安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
13すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄