ローラが所属事務所に契約終了を申し入れ! 奴隷契約トラブルを完全無視するワイドショーは芸能界悪質契約の共犯だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
rola_171201_top.jpg
『THE ROLA!!』(講談社)

「週刊文春」(文藝春秋)などの報道で、かねてより契約トラブルが取り沙汰されていたローラと所属事務所・LIBERAとの問題だが、本日22日、この騒動に進展が見られた。

 ローラ側から所属事務所に対し、不当な専属契約で拘束されているとして、契約終了を求める申し入れ書を送付していたことが明らかになったのだ。また、ローラ側はボランティアのために用意した2000万円の使途が不明になっているとも主張しており、この独立に伴う裁判の可能性も示唆する報道もある。

 ローラは今年6月、〈黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。〉や〈10年の信頼をかえしてください。でも、もういいの。苦しみを味わっただけ、人は強くなれる。〉といったツイートを投稿。以前よりこの投稿で示唆されている人物は、所属事務所社長の羽布津康史氏なのではないかと噂され、近々こういった展開になるのではないかと予想されていた。

 実際、今月発売の「週刊文春」2017年8月17日・24日合併号で明かされたローラの状況は、「奴隷」と称しても言い過ぎではないほどひどいものだった。プライベートでの交遊関係は徹底した管理下に置かれ、その管理から逃げ出そうとしたら、所属事務所社長は彼女の自宅まで押し掛け、部屋の壁を殴って穴を開けたという。

 さらに、そういった脅しの果てに突きつけられた契約書は、10年の契約期間に加え、契約満了を迎えても自動的に10年契約が更新されるというとんでもない代物。しかも、たとえローラ側が契約更新しない旨を事務所に明示しても、事務所サイドの了解がなければ契約を解除できないという一方的なものでもあった(今回の申し入れでもこの部分が問題にされているという)。

 こういったことが原因のトラブルの果て、彼女は精神的な健康を害してしまい、パニック障害のような症状にも襲われたとも「週刊文春」は報じていた。

 しかし、ご存知の通り、ローラと所属事務所のトラブルはワイドショーでまったく報道されていない。それは、他の芸能プロも大なり小なり同じ奴隷契約的な側面をもっており、芸能メディアがそういった話題に行かないよう忖度している構図があるからだ。

 SMAPやのん(能年玲奈)のケースから予測できる通り、今後もローラの件をワイドショーが扱うことはないだろうし、もし扱うことがあったとしてもそれは事務所側の言い分に寄り添うものになるだろう。

 本サイトでは、ローラが追い込まれている苦況、またそれを一切報道しない芸能マスコミの姿勢について報じたことがある。ここに再録するので、あらためてご一読いただきたい。

(編集部)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ローラが所属事務所に契約終了を申し入れ! 奴隷契約トラブルを完全無視するワイドショーは芸能界悪質契約の共犯だのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。のんローラ編集部芸能事務所の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
2 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
3 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
4 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
5 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
6 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
7 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
8 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
9 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
14 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
15 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
16 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
17 喜多嶋舞が大沢樹生に大反論!
18 検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
19 コロナ収束前の「Go To」予算1兆7千億円計上に非難殺到も田崎史郎は…
20 河井克行前法相と案里議員の違法選挙は安倍首相ぐるみだった
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
4検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
5田崎史郎が「#検察庁法改正に抗議します」で“黒川と安倍は近くない”と嘘
6安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
7検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
8検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
9三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
10黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
12検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
13内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
15田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
16国会で井浦新、宮本亜門の批判を突きつけられた安倍首相が…
17加藤清隆、百田尚樹ら「#検察庁法改正案に抗議します」攻撃のトンデモ
18 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
19検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
20安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄