安倍昭恵夫人の“傍若無人”が復活! 支持者会合に夫婦で登場、首相公邸でお友達のオカルト団体とイベント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍昭恵夫人の傍若無人が復活! 支持者会合に夫婦で登場、首相公邸でお友達のオカルト団体とイベントの画像1
フェイスブックで地元での活動を報告する安倍首相だが…(公式フェイスブックより)

 12日に山口県下関市の講演で、秋に開かれる予定の臨時国会で憲法改正案の提出を目指すと明言した安倍首相。国の根幹にかかわる改憲を総裁選に利用するとは浅ましいにも程があるが、じつは地元で安倍首相はもうひとつ、とんでもない行動に出ていた。

 それは、11日におこなわれた自民党山口県連の会合でのこと。この会合は安倍首相の総裁選3選を支持する「囲む会」で、自民党籍の村岡嗣政・山口県知事をはじめ、国会議員や地方議員ら約300人が集合。そこで安倍首相は、同伴した昭恵夫人を傍らに立たせ、こう述べたというのだ。

「この1年数カ月の間に、行政の信頼を揺るがすさまざまな出来事があった。決裁文書の改ざんはけして、あってはならない。行政の長として責任を痛感している」

 いやいや、その「決裁文書の改ざん」を起こした原因こそ、昭恵氏にあるのではないか。しかも、この会合の模様について報じた日刊スポーツによると、安倍首相がこう語っているあいだ、昭恵夫人は〈神妙な表情で首相の話を聞いていた〉のだという。

 言っておくが、昭恵氏は森友問題が発覚してこの約1年半のあいだ、公の場で国民に向かってきちんとした説明を一度たりともおこなっていない。それどころか、近畿財務局の職員が自殺したことが報じられた今年2月9日の夜、昭恵夫人は銀座で開かれたパーティに参加。このパーティには元サッカー日本代表の中田英寿や女優の真矢ミキ、俳優の別所哲也らも参加しており、昭恵夫人はタレントの神田うのと仲良くツーショット写真を撮影するなど、無神経さを露わにした。

 そして今回、安倍首相は3選支持のための集会では、昭恵氏と並んで立ち、改ざん問題について語った──。つまり、多くの国民が昭恵氏の国会招致を求めていたにもかかわらず拒否しつづけたのに、安倍首相は支持者に対しては昭恵氏とともに挨拶に出向くのだ。

 まさしく日本一の「恥知らず夫婦」としか言いようがないが、昭恵氏は“禊ぎ”が済んでいないどころか、疑惑のデパート状態だ。だいたい、昭恵氏をめぐっては、つい最近も「週刊文春」(文藝春秋)と「FRIDAY」(講談社)が立てつづけに怪しい“お友達”の広告塔になっている問題を取り上げたばかりだ。

 その問題とは、昭恵氏が発起人を務める「世界こどもサミット」というイベントで、同じく発起人を務める菅沼奏香氏という女性にかんするものだ。

 昭恵氏と菅沼氏はとても親しい間柄にあり、菅沼氏は2015年にはFacebookで昭恵氏のことを〈もう人間の枠など超えて、神様の存在に近い 今迄の皇室の誰よりも数十倍神々しく、その行動には宇宙愛としか言えない!〉(原文ママ)と投稿していたほどで、昭恵氏もまた菅沼氏との写真を投稿している。

 そしてこのふたりがかかわる「世界こどもサミット」は、字面だけでは世界の諸問題を子どもたちが話し合う場のような気がするが、HPにはこう書かれている。

〈こども達の中には、既に自分の生きる道や、行動指針、生まれてきた意味などが、大人から教わらなくても理解している子がいます。そんな天性の才能に溢れたこども達が集合して、彼らの才能を認めて伸ばす、可能性を最大限に発揮できる様に、子供達の想い、価値観、考え方、やりたいこと、夢、希望、創りたい未来の社会など、自分の思ったままを自由に発表して頂きます〉

 生まれてきた意味、天性の才能……。何やら引っかかる言葉が散見されるが、「週刊文春」7月12日号によると、〈登場した十五人のこどもスピーカーのうち「胎内記憶」を持つ子が四人〉〈特異な体験を持つ日本の子どもたちの発表の場〉とレポートされている。昭恵氏の大好きなスピリチュアルの匂いがぷんぷんしてくるものなのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍昭恵夫人の“傍若無人”が復活! 支持者会合に夫婦で登場、首相公邸でお友達のオカルト団体とイベントのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍昭恵安倍晋三森友学園編集部菅沼奏香の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
2 宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
3 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
4 五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
5 立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」
6 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
13 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
14 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
15 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
16 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
17 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
18 AKBから「名誉毀損」の恫喝メール
19 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
20 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
1「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
2「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
3変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
4組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
5G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
6赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
7平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
8国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
9吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
10“G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
11高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
13五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
14宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
15立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄