はあちゅうと事実婚、AV男優のしみけんの人柄! マツコ・デラックスが「弟みたいなもん」というほど固い絆が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
はあちゅうと事実婚、AV男優のしみけんの人柄! マツコ・デラックスが「弟みたいなもん」というほど固い絆がの画像1
しみけんとの結婚を発表したはあちゅうのインスタ

 人気ブロガーで作家のはあちゅうが、AV男優・しみけんとの事実婚を発表した。はあちゅうのインスタグラムへの投稿によると、2人は4年前から交際していたらしい。ブランド志向が強そうな印象のあるはあちゅうと、セックスが大好きなクズであることを公言するAV男優しみけんの取り合わせは意外だが、アップしたツーショットをみると、なんとなくお似合いな感じもしてくる。

 もっとも、ネットではさっそくはあちゅうへのツッコミが殺到している。はあちゅうといえば、これまでSNSなどで“童貞いじり”発言をして、男性から反発を買ってきたのだが、今回、しみけんとの4年間の交際期が明らかになったことで、AV男優と付き合っている自分を正当化するために、童貞を攻撃していたんじゃないか、という分析がひろがっているのだ。まあ、彼女の童貞いじりを擁護する気はないし、背景にはもしかしたらそういう部分もあったのかもしれないが、だとしても世間の目を気にせずに「AV男優」との恋愛をつらぬいて、事実婚相手に選んだのだから、今回のはあちゅうの行動はほめてもいいんじゃないか。

 また、一方では、はあちゅうは自分の新しいブランディングのために、「AV男優」であるしみけんをあえて選んだんじゃないかという意地悪な見方をする人もいるが、それだけでもない気がする。というのも、しみけんというのは、本当に「いいやつ」「愛されキャラ」らしいからだ。実は、本サイトはしみけんと、マツコ・デラックスが15年以上にわたって、姉と弟のような付き合いをしているという話を記事にしたことがある。

 この記事を読むと、しみけんの人柄がよくわかるし、はあちゅうが惚れた理由もなんとなくわかる。以下再録
するので、ぜひ一読してもらいたい。

●しみけんの最初の裸の仕事はマツコの編集するゲイ雑誌のモデル

「週刊プレイボーイ」(集英社)など多数の雑誌連載をもち、『ゴッドタン』(テレビ東京)といった人気バラエティ番組にも出演。いまや、アダルトビデオの世界のみならず、お茶の間にも進出しつつある、人気AV男優、しみけん。そんな、しみけんがいまの地位をつかむきっかけとなったのは、ある意外な人物との交流だった。

 その人物とは、マツコ・デラックスである。

 先日出版された『AV男優しみけん 光り輝くクズでありたい』(扶桑社)によれば、彼がいちばん最初にアダルト業界に足を踏み入れたのは、AV業界ではなく、ゲイ関係の業界だったという。

 AV男優になろうと決意したものの、どうすれば男優になれるのか分からず途方に暮れていたしみけんは、裏モノ系雑誌の記事で、あるAV男優が職を「夕刊紙『内外タイムス』の三行広告で見つけた」と書いてあるのを読み、早速実践。しかし、いざ見てみると掲載されていたのはゲイ関係のメディアばかり。その時は、ゲイのエロの世界とAVの世界がまったく別の世界だとは知らなかったので、ゲイ雑誌やゲイビデオの会社に応募することになる。

 それから半年が過ぎた。ゲイ関係のメディアでも、続けていればいつかAV男優になれると思い仕事をしていたが、いっこうにAV男優への道は開けず、悩みの日々は続いていく。

 そんな時に出会ったのが、ゲイ雑誌「Badi」編集者時代のマツコ・デラックスだったのである。

 マツコに、この仕事を続けていてもAV男優にはなれないという真実を教えてもらったことが、AV男優しみけんが生まれたきっかけとなる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

はあちゅうと事実婚、AV男優のしみけんの人柄! マツコ・デラックスが「弟みたいなもん」というほど固い絆がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。しみけんはあちゅうマツコデラックスマツコ・デラックス事実婚田中 教の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
2 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
3 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
4 萩生田文科相が芸者あげてノーマスク会食! ワイドショーは追及せず
5 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
6 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
7 安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
11 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
12 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
13 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
14 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
15 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
19 東京五輪が日中戦争でなくなる?
20 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
9河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄