室井佑月の連載対談「アベを倒したい!」第10回ゲスト 古賀茂明(後編)

古賀茂明が室井佑月に語った「安倍首相は残虐」の意味、そして加計疑惑の決定的な問題とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kogamuroi_01_180626.jpg
古賀茂明氏と室井佑月氏(撮影・編集部)

 室井佑月対談連載「アベを倒したい」。古賀茂明氏を招いての前編は、安倍首相をかばう官僚たちの習性について突っ込んだ議論が交わされたが、最後に、古賀氏が口にしたのが「安倍さんはものすごく怖い人なんです」「執念深くて残虐」という言葉だった。後編ではその発言をきっかけに、古賀氏自身が受けた“報道圧力”や、安倍首相の官僚・メディア支配、さらには加計疑惑の本質までが次々暴かれていく。そこから浮かび上がってきたのは、想像以上に異様で卑劣な安倍首相の政治手法だった。
 なぜ、モリカケのようなとんでもない疑惑が浮上しても安倍首相の支持率は落ちないのか。シビアな現実にも踏み込んだこの対談をぜひ、最後まで読んでほしい。
(編集部)

●安倍の攻撃は官僚を辞めてからも続く! 古賀茂明が語った報ステ降板の真相

室井 安倍首相が「安倍さんはものすごく怖い人なんです」「執念深くて残虐」っておっしゃいましたけど、具体的にはどういうことなんですか?

古賀 残虐性、非人間性、執拗性。これらをすべて持っていて、それが徹底している。「こいつは!」と思ったら、辞めたからそれで終わりじゃないんです。辞めたあとも徹底的にやってくる。たとえば、前川さん(喜平・前文科省事務次官)のように、人格攻撃もやるし、講演にも横槍を入れる。僕も講演は最初はいっぱいあったけど、なくなっちゃった。そういうことをされるのが見えているし、多くの官僚にとってそれは恐怖でしかない。

室井 安倍さんに目をつけられるとそんなに怖いんだ。でも安倍さんに目をつけられた古賀さんは、ある意味一目置かれているということでもあるかもね。

古賀 安倍政権を批判している人はたくさんいるけど、その中で「こいつは抑えておかないとやばいな」と思われたら、徹底的にやられる。そういう意味では室井さんも覚悟したほうがいいかも(笑)。

室井 やだよ! あたしは普通のおばさんなんだから。それに作家、コメンテーターとしては権力をチェックして批判するのって当然のことだし、特殊なことをしているつもりはないんです。安倍さんや自民党の批判もするけど、民主党政権の時は民主党も批判した。でも確かに安倍さんはこれまでの首相、権力者の中でも怖いっていうのは実感しているけど。でも安倍さんって、第一次政権のときは残虐性はそんなに感じなかったと思うんです。第二次政権になってからすごく怖くなったと。

古賀 第一次安倍政権では、自分のお腹が痛くなって辞めたわだけど、でも安倍さんはそうは思っていない。「マスコミにやられた」と思っているんです。だから下野時代に「今度政権についたら、まずマスコミを抑える」と執念深く考えていたのでしょう。だから本気で批判してくるメディアやジャーナリストは自分にとって一番危ない“敵”とさえ思っているんです。

室井 だからか。朝日新聞に対する恨みは尋常じゃない。

古賀 そしてマスコミを抑える方法として、ひとつは見せしめ的に目立っていてかつ強いやつをやる。もちろん直接的な圧力では絶対にやらないで、干すんです。『報ステ』の出演者など格好のターゲットでしょう。僕の前にも浜矩子さんが降板した一件があったのですがこれも典型だと思っています。あまり騒ぎにならなかったし、浜さん自身もそういう意識がないかもしれませんが、でも、僕が聞いている話では、テレビ朝日の上層部が官邸を忖度して「報ステなんとかしろ」「浜か古賀、どちらかをあきらめと」という圧力がかかったということです。そう言えば、古舘伊知郎さんはいつも「古賀さんと浜さん、どっちも変え難い人たちなんですよね……」と言ってましたね。

室井 古賀さんがまさかここまで歯向かうとは思っていなかっただろうしね。

古賀 僕自身もそんなに歯向かうつもりはなかった(苦笑)。そもそも僕の名が知られるようになったのは民主党政権時代です。現職官僚として参議院予算委員会に呼ばれて、総理(菅直人)や仙谷由人さん、全閣僚がいる前で、小野次郎というみんなの党の議員が、「古賀さん、最近の民主党の公務員改革、天下りの政策はどう思いますか?」と訊かれたので、僕は思いきり、「民主党になってから、天下り規制の緩和措置が堰を切ったように実施されている」と批判しちゃったんですよ。そうしたら仙谷さんら閣僚はみんな頭に来て。でもその当時はすでに、大臣官房付という個室に入れられて仕事を干されていた。その理由は財務省なんです。民主党政権が発足した際、仙谷さんから「補佐官になってくれ」と打診があった。それで「行政刷新」について改革メニューを渡すなど打ち合わせもしていた。しかしその話が全部チャラになってしまった。仙谷さんは何も言わなかったけど、その後当時の松井孝治官房副長官に訊いたら、その直前に財務省が仙谷さんのところにきて「古賀は絶対に使うな」と止めたと言うんです。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

古賀茂明が室井佑月に語った「安倍首相は残虐」の意味、そして加計疑惑の決定的な問題とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アベを倒したい!加計学園古賀茂明報道ステーション安倍晋三室井佑月編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍応援団やネトウヨの「バッシング」を検証!
2 安倍政権の原発輸出政策が世界各国から拒否され破綻!
3 日産ゴーン再逮捕で官邸、経産省主導説がますます濃厚に!
4 沖縄出身のりゅうちぇるが「辺野古埋め立て中止嘆願署名」を紹介
5 りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当意見連発!
6 『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
7 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
8 指原莉乃卒業でその処世術を考える
9 南青山の児相反対と『月曜から夜ふかし』の地域差別ネタ
10 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
11 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
12 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
13 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
14 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
15 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
16 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
17 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
18 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
19 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
20 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
4THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
5水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
6 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
7 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
8 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
9辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
10 入管法改正をケント・ギルバートが批判
11三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
12 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
13 安倍応援団やネトウヨの「バッシング」を検証!
14沖縄出身のりゅうちぇるが「辺野古埋め立て中止嘆願署名」を紹介
15 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
16 安倍政権の原発輸出政策が世界各国から拒否され破綻!
17自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
18 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
19維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
20“コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄