今度はNEWS手越が未成年飲酒! ジャニーズタレントの不祥事を多発させているのは、ジャニーズの隠蔽体質と癒着マスコミだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ジャニーズ事務所とメディアの癒着こそが、ジャニーズタレントの不祥事の温床

 不祥事を起こしても事務所は黙認し、メディアもジャニーズ事務所の顔色を伺って報じない──。こうしたジャニーズの隠蔽・強権体質と、それに服従する癒着メディアこそが、ジャニーズタレントたちの一連の問題を引き起こしているのである。

 たとえば、2016年にはHey! Say! JUMPの中島裕翔が、路上で一般女性に抱きつき上半身を触ったとして110番通報され、警察署で任意の事情聴取まで受けた。これは「週刊文春」の記事によって明るみになったが、ジャニーズ事務所は「本人も深く反省しております」と謝罪しただけで、マスコミも後追い報道はせず。その年の7月には、中島の主演ドラマ『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』(フジテレビ)が、何事もなかったかのように放送された。

 こういった話はまだまだある。2008年には「週刊現代」(講談社)が嵐の大野智のスキャンダルを報じたが、その内容は「飲み会」で一緒になった女性2人と大野が、女性のうちのひとりの自宅マンションで飲み直し、なんとそこで大麻を摂取し3P状態になったという参加者による告白だった。この「週刊現代」報道が事実だとすれば、大麻取締法違反の疑いもあったが、これもまたワイドショーなどでは取り扱われることはなく、うやむやになって終わっていった。

 また、2010年には、同じく嵐の櫻井翔以外のメンバー4 人がAV女優の女性と関係しひどい扱いを受けたという衝撃的な記事を「週刊文春」が掲載。さらに昨年には、松本潤が井上真央と交際する一方、AV女優の葵つかさと4年にもわたって浮気をしていたと同誌が報じ、この報道で明かされた松本による葵の扱いは、「性奴隷」と表現しても言い過ぎではないほどひどいものだった。こうしたトップアイドルによる大スキャンダルを、ワイドショーは当然のごとく黙殺し、後追いするテレビ番組やスポーツ新聞は皆無だった。

 ジャニーズタレントによる不祥事、なかでもわいせつ関連の不祥事が繰り返されるのは、けっして偶然などではない。ジャニーズ事務所のタレントには女性を「性のはけ口」として「モノ扱い」するような構造的な問題があり、それゆえにいつ事件化してもおかしくない不祥事が次々に起こる。しかし、ジャニーズという絶対的権力に守られ、重大な処分が課せられることもスキャンダルとして報道されることもないために、ジャニーズタレントたちは「自分たちは何をやっても大丈夫」という意識をもち、タレントの姿勢はまったく糺されることもなく、結果として不祥事は後を絶たないのだ。

 マスコミが忖度をするかぎり、今回のようにジャニーズによる問題が噴き出してもそのたびに隠蔽され、タレントたちの野放図な行動はつづいていくだろう。

最終更新:2018.06.14 08:35

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

今度はNEWS手越が未成年飲酒! ジャニーズタレントの不祥事を多発させているのは、ジャニーズの隠蔽体質と癒着マスコミだのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NEWSジャニーズ加藤シゲアキ小山慶一郎手越祐也編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
2 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
3 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
6 検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
7 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
8 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
9 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
10 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
12 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
15 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
16 検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
17 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
18 つるの剛士が「桜を見る会」問題で台風被災者をダシに安倍政権擁護
19 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
20 佐川不起訴の裏に法務省の官邸代理人
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
4検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
5田崎史郎が「#検察庁法改正に抗議します」で“黒川と安倍は近くない”と嘘
6安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
7松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
8検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
9三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
10検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
11黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
13内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
15安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
16田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
17国会で井浦新、宮本亜門の批判を突きつけられた安倍首相が…
18加藤清隆、百田尚樹ら「#検察庁法改正案に抗議します」攻撃のトンデモ
19 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
20検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄