TOKIO山口達也の強制わいせつでまたマスコミの忖度! 先週書類送検もNHK沈黙、今朝の日テレ『ZIP!』にも出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ジャニーズのタレントは刑事事件を起こしても「○○容疑者」とは呼ばれない

 この言葉を聞いて、葵は逆に「大事にされている」と嬉しく感じたというのだから、この関係がどれだけ泥沼化していたのかを伺い知ることができるが、それはともかくとして、タクシー代すら出し渋るとは国民的アイドルグループのメンバーらしからぬ態度である。

 葵が松本のマンションを訪れるのはきまって深夜で、しかも数時間後の明け方には部屋をあとにしている。一度はインターホンに反応がなく帰っており、4年に及ぶ交際にもかかわらず合鍵も持たせてもらえてないのだろう。いくら二股とはいえ、交際相手に対するものとは思えない扱いだ。

 実際、この関係について「週刊文春」記者にあてられた松本は、葵のことを「その人がわかんないんで」と切り捨てた。ようは、二股どころか、都合のいい“カキタレ”扱いして利用していたということだろう。

 さらに忘れてはならないのは、女性たちに対するこうした理不尽な体質に芸能マスコミも加担しているということだ。弱小プロダクションに所属するタレントの不倫スキャンダルにはまるで犯罪行為のごとく大騒ぎするのにも関わらず、ジャニーズのタレントについては犯罪まがいの不祥事であっても黙殺するかアリバイ的にストレートニュースで報じるだけという構図が続いている。

 どんな不祥事を起こしても(それがたとえ警察沙汰になろうとも)、大手メディアが報じないため、ジャニーズのタレントは批判にさらされることもなく、むしろ被害者である女性のほうが攻撃されるような状況を生み出し、その結果ジャニーズタレントたちは「何をやっても大丈夫」という意識がどこかにあるだろう。この構造が、ジャニーズタレントたちの不祥事をくり返させているのは明らかだ。芸能マスコミをめぐるこの理不尽な状況はいったい、いつになったら変わるのであろうか。

 山口達也の事件では、被害女性と出会った場とも報じられている『Rの法則』の放送休止が発表されたのをはじめ、出演番組の放送中止が相次いで発表されている。

 明日以降、ワイドショーなどが今回の事件をどのように報じるか。また被害女性に対して落ち度をあら探しするような卑劣な個人攻撃がなされないか、注視していく必要がある。

最終更新:2018.04.25 11:54

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

TOKIO山口達也の強制わいせつでまたマスコミの忖度! 先週書類送検もNHK沈黙、今朝の日テレ『ZIP!』にも出演のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ZIP!ジャニーズ山口達也日本テレビ松本潤編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
4 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
6 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
9 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
10 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
11 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
12 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
13 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
14 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
15 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
16 高市早苗はなぜ“ネオナチ”といたのか
17 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
20 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
14高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄