昭恵夫人から“友達申請”受けたYouTuber区議・立花孝志が“森友=同和利権”デマを「昭恵から聞いた」と告白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abeakie_01_20180321.png
安倍昭恵オフィシャルサイトより

 佐川宣寿・財務省前理財局長の証人喚問から1週間。逃げ切りモードの官邸は、野党や国民が要求する安倍昭恵夫人の国会招致を潰そうと躍起になっている。先日、安倍首相は昭恵夫人の55もの名誉職について「ほとんど辞退する」と明言した。しかし、いくら“昭恵隠し”をしようとも、その疑惑の発端となった昭恵氏本人のトンデモ行動はやみそうにない。

 たとえば最近も、昭恵夫人は、ある人物のFacebookに「友達申請」をした。葛飾区議の立花孝志氏だ。『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)の取材班が、独自に森友問題を追及しているという立花氏を取材している最中に、昭恵夫人から友達申請が届いた。昭恵夫人からは「私は年中泣いていますが、そんなに弱くないので大丈夫です」「いつか全貌が明らかになればいいですが、これ以上犠牲者が出ないことを祈ります」なるメッセージも送られてきたという。

 しかし、立花氏といえば「NHKをぶっ壊す」をキーフレーズに東京都知事選にも立候補経験のある元NHK職員だが、YouTubeで日々“独自のトンデモ主張”を展開していることで知られる人物。森友問題に関しても複数の動画を投稿しているが、そのなかにはよくわからない推測を並び立てているだけで、“暴走”としか言いようのないものも数多く含まれている。

 しかも、立花氏は例の“森友問題は同和問題”なるデマまで言いふらしていた。たとえば、3月22日に投稿した「森友事件と同和【部落】について」なる動画ではこんな話を吹聴している。

「当時は情報公開請求なんてなかったですから、内緒で土地を安く売るわけですよ。それで『地域の特殊性』なんていう言葉なんてね、同和の人に言われたからなんて書けないから『地域の特殊性』を考慮しっていうこの言葉で、どうも近畿財務局は地域の同和の人たちに土地を安く売ってたんですね。そんな時代があったそうです」
「これまでもそういうおいしい汁を吸ってきたから、この同和のやり方を今回、森友問題で適用しているわけ。そのやり方をうまく使ってるわけです」

 こうした“同和デマ”については、本サイトで以前検証し、完全に事実無根のデマであることが判明しているので、詳しくはその記事(https://lite-ra.com/2018/03/post-3890.html)をご覧いただきたい。

 それにしても、佐川氏証人喚問を目前に控えたなか、“同和デマ”を口にするような“暴走区議”に対して、総理大臣夫人がFacebookで友達申請をしていたとは……。まったくその自覚のなさに唖然とするが、この問題はその後、さらに驚くべき展開があった。他ならぬ立花氏が、この“同和デマ”を「昭恵から聞いた」と暴露したのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

昭恵夫人から“友達申請”受けたYouTuber区議・立花孝志が“森友=同和利権”デマを「昭恵から聞いた」と告白!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。同和問題安倍昭恵森友学園立花孝志編集部菅野完の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
2 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
3 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
4 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
5 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
6 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
7 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
8 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
11 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
12 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
13 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
14 『スシローと不愉快な仲間たち』第10話 安倍首相の「布マスク2枚」にあの人が…
15 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
16 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
17 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
18 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
19 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
20 五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
15河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
16ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
17菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
19『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄