リテラの新年特別企画●フェイクニュース大賞(後編)

泉放送制作、前川出会い系バー、安倍の捏造も…リテラが選ぶ2017フェイクニュース大賞、いよいよ大賞発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

★2017年「フェイクニュース」大賞
官邸の謀略にまんま乗っかり「前川前事務次官、出会い系バー通い」と報じた読売新聞

 やはり、大賞はこれをおいてないだろう。加計学園問題で「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っていること」と書かれた内部文書が飛び出た5月、文科省の前事務方トップ・前川喜平氏の実名告発の動きがあるなか、読売新聞5月22日付で報じた「前川前次官 出会い系バー通い 文科省在職中、平日夜」の記事だ。
 年のため振り返っておくと、記事にある事実は、「歌舞伎町の出会い系バーに、頻繁に出入りしていたことが関係者の取材でわかった」ということのみ。そのあとは、〈「割り切り」と称して、売春や援助交際を男性に持ちかけることが多い〉など示唆し、前川前次官が〈女性と連れ立って店外に出たこともあった〉などと書いているが、買春を裏付ける根拠らしいものは何もなし。ところが読売は、ご丁寧に〈不適切な行動に対し、批判が上がりそうだ〉と誘導までしていた。はっきり言って、三流週刊誌レベルのやり方だ。
 実際、この“買春疑惑”を週刊誌やテレビも取材したが、結局、前川氏が買春を行なっていたという事実は一切浮び上らなかった。
 むしろ、出会い系バーで前川氏と出会った女性は、「週刊文春」での告白で「口説かれたこともないし、手を繋いだことすらない。私が紹介した友人とも絶対ない」と買春行為を全面否定。『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ)が直撃した出会い系バーの店員も「遊びではなく、見学に来ているように見えた」「前のめりになってるほかのお客さんとは、ちょっと違った」と証言。また、「FLASH」(光文社)が取材した前川氏から同席希望を受け店外で食事をしたという女性も、食事のあとに売春をほのめかすと「僕はないなあ」と言われ、5千円をもらって「(時間が)遅いけれど気をつけてね」と言われたと話している。
 当然だろう。本サイトでも報じてきたとおり、この読売の記事は、前川氏の動きを察知した官邸が読売にリークして書かせたものだった。このときすでに前川氏はNHKや民放のインタビューに応じていたのだが、その告発をつぶすために、読売ならまず書かない実話誌のような下半身スキャンダル記事を出してきたのだ。その不自然さは複数の読売OBからも指摘された。たとえば、元読売新聞社会部記者の大谷昭宏氏はこのように喝破している。
「同じニュースでも東京、大阪、西部それぞれの本社が編集するので、見出しや記事の大きさは異なる。でも、あの記事はすべて同じ。これは依頼が断れない記事を指す『ワケアリ』の特徴です。官邸との癒着を読売は否定するだろうが、内部にいた人間なら誰でもわかる」(「AERA」17年6月12日/朝日新聞出版)
 また、本サイトで伝えたように、実は読売記事が出た直後から1日後にかけての官邸記者クラブのオフレコ取材では、安倍首相側近の官邸幹部が「官邸が流したのか」という記者の質問にこう言い放っていたという。
「読売の記事にはふたつの警告の意味がある。ひとつは、こんな人物の言い分に乗っかったら恥をかくぞというマスコミへの警告、もうひとつは、これ以上、しゃべったらもっとひどい目にあうぞ、という当人への警告だ」
 政権に不都合な人物は、謀略のフェイクニュースをあてがわれて“始末”されてしまう。とうとう日本は、そんな独裁謀略国家のような体制になってしまったのだ。
……………………………………

 いかがだっただろうか。ご覧の通り、「フェイクニュース」は、単なる誤報や勘違いから生まれるものではない。情報それ自体に、政治権力などによる特定の意図が込められており、またそれを報道媒体が批判的に検証せず、丸乗りすることで拡散されていくのだ。
 リテラでは2018年も、こうしたデマや謀略報道を徹底検証し、その深層や裏側を積極的に報じていく所存である。本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます!

最終更新:2018.01.03 12:27

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

泉放送制作、前川出会い系バー、安倍の捏造も…リテラが選ぶ2017フェイクニュース大賞、いよいよ大賞発表!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。フェイクニュース安倍晋三編集部読売新聞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
2 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
3 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
4 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
5 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
6 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
7 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍が横田早紀江さんを無視している
10 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
11 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
12 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
17 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
18 大村知事に杉田水脈や維新の松井・吉村が「表現の自由制限論」展開
19 日本のコロナ政策への批判チェックに24億円!
20 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
3持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
4安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
5松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
6安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
7 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
8吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
9内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
12安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
13NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
14検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
16吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
17ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄