はあちゅう、詩織さん…セクハラ告発者バッシングがあまりに卑劣! 加害男性でなく「女性の落ち度」が非難される理不尽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

男尊女卑にあまりに慣れすぎて、自分の加害性に気がつけない男性

〈セクシュアル・ハラスメントの事件を見ていて、どうしても気になるのは、加害者となる男性たちが、自分の置かれている立場をまったく理解していないことだ。つまり、立場の絡む人間関係ということに、いまだ何の配慮もないように見えることである。(中略)
 いや、それ以上に、男性としての優位性に慣れすぎてしまっていると思われることもある。
 だから平気で相手のことを無視したり、被害者女性が拒否することのできない弱い立場にあるということも、同じように忘れてしまっている。
 また、それが職場での立場が絡んだ上下関係であるにもかかわらず、そのことも忘れて、まったく個人的な男と女の関係であると錯覚して、プライベートな感情に浸りきって逸脱してしまうことが多いのである。そうした結果、相手に自分の意思を強要していることに、まるで気づかないという状況が生まれてしまう〉

 さらに金子氏は、このような加害者男性が異口同音に口にする言葉がある、という。「オンナとは気まぐれで、嘘つきで、男によって変わる」「彼女だって、そうなることを望んでいた」といった類いのレッテル貼りだ。だが、金子氏はあることに気づく。

〈事件の一つひとつに目を凝らして見ていると、ワンパターンなのは女性の方ではなく、むしろ「オンナとはそういうものなんだ」と括りたがっている男性にタイプが共通しているような気がする。
 そう言えば、男性たちによって描き出される女たちがワンパターンなのは、描き出す男性たちの表現がワンパターンだからなのではないだろうか。(中略)そうした男性たちが抱いている、自分たちに都合のいいワンパターンな女性像を相手の女性に重ね合わせようとしたり、そこに身勝手な望みを押しつけたりすることによって起こる事件こそが、セクハラ事件なのだ〉

 同じように、性犯罪の加害者に対して再犯防止プログラムを実践してきた精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏も、『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)のなかで、男性の身勝手な女性に対する認識について指摘をおこなっている。

 斎藤氏によれば、〈常習化した痴漢のあいだではある程度の普遍性があると思われるもの〉に、「多くの女性は痴漢されているうちに気持ちよくなる」「女性は無意識のうちに痴漢されたいという願望を持っている」「肌の露出が多い女性は、性欲が強い」「ちょっとぐらい触られたからといって、女性も何かが減るわけじゃない」といった捉え方があるという。斎藤氏はこうした捉え方を「認知の歪み」と呼ぶが、その根底にあるものとして〈その人がそれまでに培ってきた“女性観”〉、ひいては〈わが国における男尊女卑的な社会通念〉を挙げる。そのようななかで、痴漢のみならず、男女問わず社会の多くの人が「認知の歪み」を間接的に認めているのではないか、という。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

はあちゅう、詩織さん…セクハラ告発者バッシングがあまりに卑劣! 加害男性でなく「女性の落ち度」が非難される理不尽のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。MeTooはあちゅうセクハラ伊藤詩織田岡 尼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 韓国K-POPスキャンダルをめぐるヘイトとご都合主義
2 長谷川豊が「プロ、犯罪の」と部落差別発言
3 幻冬舎・見城徹社長に寄せられた作家の批判総まくり!
4 安倍首相が「サイバー攻撃受けただけで武力行使可能」と宣言
5 秋篠宮家の料理番がブラック告発
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
8 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
9 百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは
10 丸山穂高「戦争」発言で長谷川豊、百田尚樹がマスコミを批判
11 玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングの嘘を批判!
12 つんく♂が秋元のメンバー差別に
13 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
14 池袋暴走事故の容疑者逮捕なしに批判、元検察幹部も
15 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 佐藤浩市をフェイク攻撃した安倍応援団が批判殺到で逃亡
18 瀬戸内寂聴がさらに激烈安倍批判
19 「佐藤浩市が安倍を揶揄」の炎上は言いがかりだ
20 百田尚樹『日本国紀』批判で出版中止の津原泰水に直撃
1国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄