北九州一家監禁殺害事件“犯人夫婦の息子”の告白! 9歳の子どもを襲ったセーフティネットなき日本社会の冷酷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

息子が告白した「俺がどうこうって、問題じゃない」現実

 さらに息子は特殊な事情を抱えている。両親が殺人犯として逮捕されただけでなく、自身も壮絶な虐待を受け、また殺人遺棄現場を目撃しているのだ。実際“息子”は今でも“逃げ場のない明るい部屋”が苦手だと、心的外傷とも思える苦悩を告白している。つまり“息子”もまた被害者でもあり、肉体的、精神的にも公的なケアこそが必要だが、番組を見る限りそうしたケアが施された様子さえない。

 唯一、安定した仕事と人間関係を得られた場所、そこは“ヤクザの事務所”だった。社会からはじき出された者同士という安心感があったという。しかし、刑事が訪れ、未成年保護法により保護された結果、“息子”の居場所は奪われた。

 両親が殺人犯だからといって、当時9歳だった息子になんの罪があるというのか。しかし世間は“両親が殺人犯”という色眼鏡で見続けてきた。これは現在の日本の過剰な加害者バッシング、加害者家族バッシングの影響も大きいだろう。先日も、東名高速死亡事故をめぐって、容疑者の親であると勘違いされデマが広がった男性が、嫌がらせ電話が殺到するなどの被害を受けたことが大きな話題になった。仮にデマでなく本当に容疑者の親だったとして、そのような嫌がらせを受けるいわれはまったくない。このデマ被害を報じたニュースでは、デマであることばかりが批判されるばかりで、過剰な加害者バッシング、加害者家族バッシングについて指摘するものはほとんどなかった。

 今回“息子”がインタビューに応じることになったきっかけも、この加害者家族バッシングだ。今年6月、フジテレビが放送した『追跡!平成オンナの大事件』で北九州連続監禁殺人事件が取り上げられ、そのためネットでは“息子”を非難する声であふれた。そのため“息子”はフジテレビに抗議、その過程で担当者が謝罪したことから今回のインタビューが実現している。

“息子”の告白によって、浮き彫りにされた日本の絶望的セーフティネットの欠如と、加害者家族への偏見。実際“息子”は、番組の中で自分の置かれてきた環境をこう語ってもいた。

「これって俺がどうこうって、問題じゃないよね」

 セーフティネットの外側にいるということが、どういうことか。“息子”は24歳でそれをすでに認識し、言葉にしている。こうした状況に置かれた当事者が、それを証言できることは非常に少ない。しかも、その告白は“息子”自身のことだけではなかった。仕事を転々とし、その日暮らしをしてきた“息子”だが、幸いなことに5年前に正社員としての職を得て、24歳となった現在、“自分と似たような境遇”の女性と結婚した。その理由は結婚することで、“彼女の居場所を作る”こと、そして保険や年金などに入っていないという女性を自分の籍に入れることで “社会的保証が用意できる”というものだった。

「結局生活できないじゃないですか、そいつ(彼女)1人で」
「結婚しようと思ってはなかったんですが、嫁の社会保険やったり、年金とかもそうですけど、社会保障っていうですかね、まったく何もない状態だったので。親が何もしていなかったんで、病院にも行けないし。結婚したいからするっていう感覚じゃなくて、とりあえず結婚して自分の扶養に入れようって。嫁に対して社会的な保障がつくよね、っていうので籍を入れたんです」

 本サイトでも以前紹介したが、貧困層のなかには、学校にも通えなかったり、知的障害などのため、十分な知識がなく、そもそも社会保障の存在すら知らなかったり、自分がセーフティネットの外側にいるなど自覚できないケースが少なくない。なかには行政に対して恐怖感や忌避感をもっている人もいる。ましてや、そうした人たちが自分の置かれた状況、セーフティネットの外側にいるということがどういうことかがその実態が語られることはほとんどない。そういう意味で、“息子”という当事者が、ここまで明晰に自分の置かれた状況を語ることは、非常に貴重な証言だ。しかも “息子”は、自身の境遇を単に個人の苦しみとして個人的な体験とだけ捉えているのでなく、社会の問題としてとらえる視点もある。“似た境遇の女性”という他者に対しても踏み込んだ視点、社会的な問題意識を持ったうえで、社会保障やセーフティネットがないことが、どんな事態を招くのかを身を持って語っているのだ。

 今回の勇気ある告白に込められた日本社会への数多くの問題に、私たちは応えてゆく必要がある。

最終更新:2017.12.15 08:44

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

北九州一家監禁殺害事件“犯人夫婦の息子”の告白! 9歳の子どもを襲ったセーフティネットなき日本社会の冷酷のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ノンフィクション伊勢崎馨北九州一家監禁殺害事件貧困の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
2 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
3 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
4 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
5 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
6 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
7 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
8 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
9 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
10 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
11 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
12 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
13 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
14 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
15 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
16 片山さつきが坂上忍に批判された
17 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
18 ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ
19 安倍首相にマッチョ批判
20 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
1嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
5安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
6安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
7小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
9青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
10 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
11統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
12安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
16安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
17辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
18安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄