北九州一家監禁殺害事件“犯人夫婦の息子”の告白! 9歳の子どもを襲ったセーフティネットなき日本社会の冷酷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
北九州一家監禁殺害事件犯人夫婦の息子の告白! 9歳の子どもを襲ったセーフティネットなき日本社会の冷酷の画像1
『ザ・ノンフィクション』で告白する”息子”


 北九州一家監禁殺害事件。2002年に発覚したこの事件は日本犯罪史でも類を見ない凄惨なものだ。主犯である松永太(2011年に死刑が確定)は内縁の妻である緒方純子(無期懲役)の親族らを相手の弱みにつけ込むなどして監禁、暴力や巧みなマインドコントロールで、自らは手をくだすことなく、子どもを含む7人を家族間などで殺害させたという戦慄すべき事件だった。
 
 今年10月、この事件に関するあるドキュメントが放送され、大きな反響を呼んだ。それが主犯の松永と緒方のあいだに生まれた実の“息子”が、事件や両親について初めて告白したドキュメント『ザ・ノンフィクション 人殺しの息子と呼ばれて…』(フジテレビ・関東ローカル10月15日、10月22日放送)だ。息子の告白では、自身も幼少期から両親によって虐待、監禁され、さらに殺害現場を目撃するなど、壮絶な体験が語られていた。

 そんな『ザ・ノンフクション』だが、今夜21時、“息子”への新たなインタビューに加え前作2編を再編集したスペシャルドキュメンタリー『ザ・ノンフィクションSP 人殺しの息子と呼ばれて…』が全国放送される。フジの告知によると、前回の放送後、“息子”に再びインタビューを行い、母親である緒方からの未公開の手紙なども紹介されるという。

 本サイトは10月のドキュメンタリー放送直後、この番組について取り上げ記事化している。“息子”の赤裸々な告白から浮かび上がってきたのは、事件の壮絶さだけでなく、両親の逮捕後、“犯罪加害者の子ども”“親がいない子”となった当時9歳の“息子”が置かれた過酷な環境、そして日本の絶望的な社会保障やセーフティネットの欠如だったからだ。

 たまたま両親が犯罪者だっただけで本人にはなんの落ち度もないにもかかわらず、社会保障やセーフティネットの外に置かれてしまった当事者である“息子”。彼が身をもって語った証言は非常に貴重なものだった。「有名な殺人事件の犯罪者の家族」という特殊な個人の体験ということにとどまらず、弱者を徹底的に排除するこの日本社会のなかでいったんセーフティネットの外側にはじき出されるとどういう事態に陥るのか。まさに、いま日本社会が抱える問題を、克明に冷静に語った“息子”の勇気ある告白を紹介した記事を、あらためて以下に再録するので、ご一読いただきたい。
(編集部)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

北九州一家監禁殺害事件“犯人夫婦の息子”の告白! 9歳の子どもを襲ったセーフティネットなき日本社会の冷酷のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ノンフィクション伊勢崎馨北九州一家監禁殺害事件貧困の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
2 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
7 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
8 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
9 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
12 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
15 麻生太郎が愛人の店に2360万円
16 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
19 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
20 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄