必読! ヘリ事故のタイミングで掲載された沖縄がテーマのマンガ作品が話題に… この痛みこそ安倍首相は知るべき!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
必読! ヘリ事故のタイミングで掲載された沖縄がテーマのマンガ作品が話題に… この痛みこそ安倍首相は知るべき!の画像1
比嘉慂氏の「ウーマク」が掲載された「ビッグコミックオリジナル増刊」11月増刊号

 今月11日、沖縄県東村高江で米軍の大型輸送ヘリコプター「CH53」が牧草地で炎上・大破した事件は大きな衝撃を与えた。事故現場は住宅地からわずか300メートルしか離れていない場所であり、死傷者も出しかねない大惨事になっていた可能性もあったからだ。

 沖縄では、昨年12月にも名護市安部でオスプレイ墜落事故が起こったばかり。このような状況を改善することが喫緊な課題であることは誰の目にも明らかなはずだが、10月11日放送『報道ステーション』(テレビ朝日)の党首討論に参加した安倍首相は、今回の事故について「米側に原因の徹底究明と再発の防止を申し入れるように指示した」と述べるだけだった。

 何度聞かされたかわからない「再発防止」という空疎な言葉。この期に及んでまだそんな言葉が飛び出すあたりから、いかに安倍首相が沖縄市民のことなどどうでもいいと思っているかが透けて見えるわけだが、偶然にもそんな状況に呼応するかのような漫画作品が「ビッグコミックオリジナル増刊」(小学館)2017年11月増刊号に掲載され、話題となっている。

 それは、『美童物語』(講談社)や『砂の剣』(小学館)など、デビュー以来、沖縄戦や基地問題を扱った作品を多く描いてきた比嘉慂氏による52ページの読み切り作品「ウーマク」。

 この「ウーマク」という作品は、終戦から5年後の沖縄を舞台に、遺骨収集の活動を続けている元兵士を主人公とした漫画だが、映画監督の是枝裕和氏もツイッターでこのように紹介している。

〈ずっと沖縄の戦中戦後を描き続けている比嘉慂さんの新作『ウーマク』がビックコミックオリジナルの増刊号に。米軍基地内で遺骨収集する元兵士の話。このタイミングでの掲載は偶然だろうが、米軍ヘリのあの機体の残骸を目にしてなお、「不時着」と報じる新聞やテレビのニュースと是非読み比べて欲しい。〉

 前述した通り、「ウーマク」の舞台は太平洋戦争から5年が経過した沖縄。戦争の傷跡もまったく癒えていないが、同時に朝鮮戦争が始まる時期でもあり、沖縄のアメリカ軍基地から人殺しのために軍が派兵されようとしている状況が背景として描かれている。

 そんななか、鉄血勤皇隊の生き残りで、休みの日は戦死した仲間たちの骨を集める活動をしている主人公・天願忍は、ある日、3人の米兵から強姦されそうになっている少女を助けることになる(彼は空手の使い手で、屈強な兵隊たちも簡単に倒してしまう)。

 天願の勇気あるその行為は新たな面倒ごとを運んでくる。MP(米軍憲兵)の本部から「本当に天願ひとりで米兵3人を倒したのか確かめたい」という連絡が来たのだ。強姦事件の捜査の一環というのは名目だけの、いわば果たし合いの挑戦状であり、琉球警察局の運天賢勇は「面白半分だ。断ってもいい」と助言するが、天願は条件付きでその申し出を受ける。その条件とは、自分が勝ったら基地内で遺骨収集の作業をさせてほしい、というものだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

必読! ヘリ事故のタイミングで掲載された沖縄がテーマのマンガ作品が話題に… この痛みこそ安倍首相は知るべき!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ビッグコミックオリジナル比嘉慂沖縄戦編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
2 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
3 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
4 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
5 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
8 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
9 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
10 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
11 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
12 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
13 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
14 麻生太郎が愛人の店に2360万円
15 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
16 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
17 国谷裕子がクロ現降板の舞台裏を告白!
18 昭恵夫人が安倍首相の危険な本質を暴露
19 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
20 菅首相が官房機密費87億円を自分に支出 総裁選出馬前日に9000万円
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
5菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
8特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
9安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
11 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄