『ワイドナ』松本人志の追及に井上公造が「芸能事務所からの圧力ない」と! 大手芸能プロの腰巾着ぶりに失笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『ワイドナ』松本人志の追及に井上公造が「芸能事務所からの圧力ない」と! 大手芸能プロの腰巾着ぶりに失笑の画像1
8月20日放送の『ワイドナショー』より


 20日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志が、芸能タブーに関する発言をして注目を浴びている。

「フジテレビに怒ってるんですよ。世の中的には宮迫(博之の不倫)より上原多香子の不倫のほうが興味があるわけです。それを『ワイドナショー』で扱うのはなしにしてくれと(フジテレビ側が)言うてきた」
「俺、そういうの嫌やから触れようやと」

 その発端は前週13日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ)で、元SPEEDの上原多香子の不倫疑惑が放映されなかったことだった。上原は『女性セブン』8月24・31日合併号(小学館)で、2014年の夫の自死の原因が“妻である上原の不倫だった”との疑惑が報じられ、13日の収録で松本はその話題に少しだけ触れたのだという。しかし実際のオンエアでは“番組側の意向”で全面カット。そのため松本は15日にツイッターで「しゃべっても。謎の事情でカットされ」とつぶやいたのに続き、20日放送の番組で、スタッフから「フジでは扱わないことになりました」と説明されたことを明らかにした上で、前述のように上原の不倫がフジテレビでタブー扱いされていることを暴露したのだ。

 実際、松本が指摘した通り、フジテレビだけでなく他局もふくめほとんどのワイドショーは上原不倫の話題を取り上げてはいない。その理由について、『ワイドナショー』で松本は明言しなかったものの、上原が所属するのが、芸能界のドン率いるバーニングとも関係が深い大手芸能プロ・ライジングプロダクションだからというのは明らかだ。

 とはいえ松本にしても吉本興業という大手芸能プロに守られ、かつ、わけ知り顔で安倍政権擁護を撒き散らす“権力御用芸人”、に成り下がっているのは周知の通り。松本は今年元旦の『ワイドナショー』でもワイドショーの大手芸能事務所タブーに斬り込み話題となったが、その後も『ワイドナショー』でジャニーズのスキャンダルや、自分が大好きな安倍首相や維新がかかわる森友問題、オリラジ中田の松本批判など、自分に都合の悪い話題は避け続けている。今回の発言も“本気度”については大きな疑問だが、それ以上に失笑したのは、番組に出演していた芸能レポーター・井上公造の反応だ。

 番組では松本の発言を受け、大手事務所に忖度していないか、圧力があるのではなど、芸能レポーター・井上が集中砲火を浴びたのだが、しかし井上は必死にこう力説したのだ。

「圧力かけられたという記憶はないです、本当に」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『ワイドナ』松本人志の追及に井上公造が「芸能事務所からの圧力ない」と! 大手芸能プロの腰巾着ぶりに失笑のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ワイドナショー井上公造松本人志編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
2 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
3 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
7 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
8 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
9 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
10 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
11 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
12 AKB運営闇の10年史
13 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
14 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
15 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
16 文春に疑惑報じられた青山繁晴の珍発言
17 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 沖縄知事選で佐喜真応援団が組織的なデマ攻撃
20 幹事長に甘利明、1200万円賄賂事件と黒川検事長による捜査潰しが再燃
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
4甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
5ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6 岸田内閣に少女時代をデマ攻撃した金子総務相はじめネトウヨ極右閣僚が
7岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
8辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
9岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
10すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
11眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
12甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄