三回忌を迎えた愛川欽也を偲ぶ! 生前、口にしていた「安倍さんに殺される」という言葉の意味とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

●「安倍さんに殺される」「この政治状況では死んでも死にきれないよ」

 政権も原発も、きちんと真っ正面から捉えて議論しよう。それが自分の観たいテレビだから──。そんな愛川の姿勢は、ネット上の動画サイトで引き継がれることとなった。愛川は言う。

「ぼくは自分で言いたいことを言う、出てくれるみなさんにも言いたいことを言ってもらう。そういうスタンスでずっとやってきたわけだから、いまさらそれを変えられないですよ」
「生意気なようだけど、ぼく、変節しないんですよ。憲法とか民主主義とか戦争反対とか。譲れないでしょ? ぼくの原点だから」(同前)

 すでに肺がんが進行し、脊髄にまでがんが転移していたと言われる愛川。しかしそんななかでも、先月まで『パックインジャーナル』の放送をつづけてきた。先週号の「週刊文春」(文藝春秋)では、愛川が「このまま政権批判を続けていると安倍(晋三)さんに殺される」と口にしていた、という愛川の知人の証言を取り上げ、まるで認知症であると匂わせるような記事を掲載していたが、これは認知症ゆえの被害妄想でも何でもなく、愛川にとって本心の言葉だったはずだ。

 事実、テレビ局は自民党からの圧力に脅え、“言いたいことも言えない”空気が戦前のように充満しているのが現実だ。挙げ句、自民党は放送倫理・番組向上機構(BPO)さえも政府が関与できるように検討することを発表した。これがもし現実化すれば、あらゆるテレビ番組は政権によって監視され、都合の悪い番組を潰すことができるという“本気の言論統制下”に置かれることになる。この末恐ろしい社会を、愛川は予見していたのではないだろうか。

 愛川が守りつづけた『パックインジャーナル』の、最後の出演となったのは3月21日配信分。この本番前、愛川はコメンテーターの川内博史・民主党前衆議院議員にこう語っていたという。

「この政治状況では死んでも死にきれないよ」

 報道の自由、放送の自由が脅かされるなかで、またひとり、気骨のある放送人をわたしたちは失ってしまった。
(水井多賀子)

最終更新:2017.11.24 06:32

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

三回忌を迎えた愛川欽也を偲ぶ! 生前、口にしていた「安倍さんに殺される」という言葉の意味とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。圧力安倍晋三改憲編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
2 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
3 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
4 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
5 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
6 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
7 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
8 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
9 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
14 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
15 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
16 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
17 喜多嶋舞が大沢樹生に大反論!
18 検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
19 コロナ収束前の「Go To」予算1兆7千億円計上に非難殺到も田崎史郎は…
20 河井克行前法相と案里議員の違法選挙は安倍首相ぐるみだった
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
4検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
5田崎史郎が「#検察庁法改正に抗議します」で“黒川と安倍は近くない”と嘘
6安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
7検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
8検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
9三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
10黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
12内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
14田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
15松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
16国会で井浦新、宮本亜門の批判を突きつけられた安倍首相が…
17加藤清隆、百田尚樹ら「#検察庁法改正案に抗議します」攻撃のトンデモ
18 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
19検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
20安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄