昭恵夫人の機密漏洩報道を訂正した『グッディ』はおかしい! 証言者の記憶違いではごまかせない矛盾と疑惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

『グッディ』によれば、この男性は、「昭恵さんから電話があって、賢島(伊勢志摩)でサミットをやることが決まった!」と籠池夫人が言ったことじたいを否定したわけではない。それが、正式発表前の15年6月5日10時30分のことではなく、6月9日の「記憶違い」だったというのだ。

 しかし、9日という日は伊勢志摩サミット決定発表から実に4日もたっている。当時、このサミットの開催地決定のニュースは、5日午後6時30分の正式発表後、すぐにテレビ・新聞各社が速報を打ち、連日、大々的に取り上げていた。もちろん7日付の新聞各社朝刊でも「来年、伊勢志摩サミット」(朝日)、「伊勢志摩サミット 来年開催」(産経)などと、1面で報道。テレビも朝から夜まで、伊勢志摩の特色や魅力などを特集していた。

 しかも、塚本幼稚園は毎年、泊まりがけで伊勢神宮に参拝する「宿泊研修」を行うと謳っており、伊勢志摩でのサミット開催にはとりわけ関心が高かったはずだ。籠池夫妻がその報道を知らなかったというのはありえない。いや、籠池夫妻だけでなく、5日から9日までの4日間の報道をあらためて検証してみたら、9日の時点でほとんどの国民は伊勢志摩でサミットをやることを知っていたと言っていい。

 そんな状況で、わざわざ籠池夫人が園長室に飛び込んできて「昭恵さんから電話があって、賢島(伊勢志摩)でサミットをやることが決まった」と報告をするなんてことが本当にありえるのか。

 そもそも、9日に、昭恵夫人が電話をかけること自体が考えづらい。というのも、昭恵夫人は現地時間8日夜(日本時間9日明け方)に政府専用機でミュンヘン国際空港を発ち、日本時間9日午後4時47分に羽田空港へ到着するまで、政府専用機内にいたからだ。まあ、衛星回線を使えば電話をかけられなくもないが、そんなことまでして、正式発表から4日もたったニュースを伝えるのだろうか。

 では、昭恵夫人から電話はなかったのに籠池夫人が寄付金集めのために「昭恵さんから電話があって〜」と偽ったという可能性はどうか。前述したように9日には、国民のほとんどが伊勢志摩でサミットが開かれること知っている。そんな中で、小芝居を打ったら逆に怪しまれるだろう。仮に籠池夫妻が“詐欺師”だったとしたら、なおさらそんなすぐばれるようことはやるはずがない。

 しかも、この男性はやりとりを聞いて「昭恵夫人と親交が深いんだな、これは信用できる」と、寄付を決めたと証言しているのだ。もし、9日にやりとりを目撃したのなら、そういう反応はありえないだろう。

 とにかく、このエピソードが9日だったとしたら、あらゆることのつじつまが合わなくなってくる。言い方を変えると、このエピソードじたいが、5日の発表前の出来事でないと成立しないのだ。ということは、やはり、「記憶違い」と修正された9日の日付のほうが事実でない可能性が高いと言えるだろう。

 しかも、『グッディ』は日時を確認もせずにこの証言を放送したわけではない。6日の放送では、冒頭に紹介したやりとりに続いて、MCの安藤裕子が大村レポーターに「これ確認なんですが、大阪府の50代の男性の方がそういうふうなことを記憶されていると」と念を押し、大村レポーターが「はい、今日朝あらためて確認をしましたら、やはりご記憶は6月5日の午前10時半だったと」と答えていた。つまり、番組は放送前に少なくとも2回も男性に日付を確認し、男性もはっきりとそう答えていたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

昭恵夫人の機密漏洩報道を訂正した『グッディ』はおかしい! 証言者の記憶違いではごまかせない矛盾と疑惑のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨ安倍昭恵森友学園編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
2 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
5 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
6 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
7 自民党がネトサポに他党叩きを指南
8 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
9 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
10 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
11 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
12 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
13 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
14 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
15 吉村知事が寝屋川市長のオミクロン株迅速対応を「僕の判断」と手柄横取り
16 御用ジャーナリスト大賞(後編)5位〜1位発表!
17 御用ジャーナリスト大賞(前編)10位〜6位発表!
18 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
19 れいわ・大石あきこがNHK『日曜討論』で吉村批判、足立議員も一蹴
20 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
1NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
2NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
3東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
4若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
5吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
6ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
7年末年始も吉村知事を大スター扱いの在阪テレビ!東野&ブラマヨ吉田も…
8国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄