弘道会幹部逮捕など暴力団摘発が続く中、覚せい剤逮捕歴もある「組長の娘」が暴力団離脱者の支援に取り組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 現在は行政でも様々なかたちで暴力団離脱者等に対して支援を行っている。たとえば、暴力団離脱者を雇用した協力企業に対して助成金を支給したり、更正支援寮に受け入れたりといった活動がそれにあたるのだが、そういった動きはまだまだ一部で、十分なものとはいえないようだ。中川さんのもとに集まる元暴力団組員はこのように証言する。

「贅沢いうか、わがままやけど、(社会復帰は)結局、個人まかせ。出所後に施設があったり、支援するとか警察も言うてるけれど、結局は、見捨てられているようなもんですからね、半分ね。彼女(中川茂代)からは、なんや昔からの友達みたいなことしてもらえてる」

 中川さんも同じ思いを抱いているようだ。彼女はこのように語っている。

「警察がこう言ってくれてるから、私、まじめになりましたとか、じゃ、うち、絶対聞いたことない。しゃあから、やっぱり……気持ちを許せる人との信頼関係と……それで立ち直れるんちゃうかなと思うてる」
「地域に根付いた組織作らなあかんのちゃうかな……思うてきた、今は」

 現在の行政ではサポートできていない中川さんの支援分野だが、実は、犯罪社会学の見地では、この中川さんのサポートする部分こそ、犯罪行動に走った人をもう一度社会に戻すために重要な役割を果たすと理論化されているという。

 ロバート・サンプソンとジョン・ラウブが提唱した「社会統制理論(ライフコース論)」は「社会とのボンド(絆、つながり)が弱まったり切れたりする場合に、犯罪・逸脱の可能性は高くなる」(ボンド理論)という考えを理論構築の基礎に用いており、それによると、成人期の人の犯罪や非行行動に関しては、このように説明されていると廣末氏は綴る。

〈成人期の社会的コントロールでは、親や学校、あるいは警察による直接的かつフォーマルなコントロールではなく、他者への義理や自制といった「内なるコントロール」が重要な役割を果たす。そうした「内なるコントロール」は、社会の成員たちがお互いに依存していなければ生まれない。そしてそれは、犯罪性向を持つ者に、実際に犯罪行為を実行することを躊躇わせる障壁となるのである〉

 つまり、中川さんが行ってきた支援は学術的にも正しいものだったということだ。中川さんの活動には暴力団離脱者支援のための重要なヒントが隠されている。

 しかし、行政が好む画一的な対応とは一線を画し、「人と人とのつながりの質」に重きを置く中川さんの支援活動を他の支援者たちがどれほど真似できるかには疑問が残る。とはいえ、廣末氏の取材および研究の成果は、従来のような画一的な行政指導では本当の支援にはならず、暴力団離脱者や更正者のニーズに寄り添った官、民、地域社会が一体となった支援こそが求められていると一石を投じるものではあるはずだ。

最終更新:2017.11.22 06:34

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

組長の娘 ヤクザの家に生まれて

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

弘道会幹部逮捕など暴力団摘発が続く中、覚せい剤逮捕歴もある「組長の娘」が暴力団離脱者の支援に取り組みのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。山口組新田 樹暴力団の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
2 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
3 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
4 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
5 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
6 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
7 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
10 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
13 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
14 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
16 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
17 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
18 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
13すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄