東芝崩壊の元凶・原発ビジネスの裏に今井首相秘書官の存在が! TPPも一億総活躍も安倍首相に入れ知恵する“影の総理”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 さらに今井秘書官は、政策や政治日程だけでなく、マスコミを含む世論形成の操縦桿まで握っている。首相の諮問機関や官邸主導のプロジェクトに自身の人脈をどんどん投入するのがその典型で、たとえば、天皇の生前退位に関する有識者会の座長には専門家でもなんでもない叔父の今井敬・元経団連会長をねじ込んだ。また16年の伊勢志摩サミットでは、安倍首相が「世界経済の状況がリーマンショック前に似ている」と述べたと報じられ波紋を広げたが、これも消費増税再延期を正当化するために今井秘書官が主導して資料をまとめたと言われている。

 こうして振り返ってみると、今井秘書官の存在はもはや、韓国で崔順実(チェ・スンシル)氏が朴槿恵前大統領に深く食い込み、国政に介入していた事件を彷彿とさせる。少なくとも、選挙で国民の付託を得たわけでもなんでもないただの秘書官が、ここまで国政を大きく左右している事実は、まったく隣国の政治実態を笑うことができないレベルだ。

 そして今回、「文春」が詳しく報じた東芝原発事業のキーマンと今井氏の親密な関係。このままでは今後「第2・第3の東芝」が出てくるのは火を見るより明らかに思える。奇しくも現在、安倍政権下での“忖度”がマスメディアでバズワードとなっているが、その意味でも、マスコミはこの“影の総理”の影響力を徹底検証していくべきだろう。

最終更新:2017.11.22 01:39

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

東芝崩壊の元凶・原発ビジネスの裏に今井首相秘書官の存在が! TPPも一億総活躍も安倍首相に入れ知恵する“影の総理”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。原発東芝編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 萩生田政調会長に統一教会と“家族同然”!生稲晃子を連れて施設に
2 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
3 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 東出昌大と唐田えりかバッシングは言いがかり!「匂わせ写真」も…
6 デジタル庁初代大臣に平井卓也が居座り!オリパラアプリ業者との癒着
7 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
8 「こども庁」名称変更の裏に統一教会!安倍、山谷との関係を物語る内部文書
9 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
10 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
11 川島なお美が近藤誠の診断を告発
12 安倍が文科相に抜擢した萩生田光一こそ問題だらけのタマネギ男だ
13 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
14 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
15 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
16 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
17 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
18 X JAPAN紅白もTAIJIの死に疑惑
19 萩生田文科相に幸福の科学側に立って文科省に働きかけ
20 統一教会「名称変更」めぐり下村博文元文科相の嘘と疑惑が次々発覚
1テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
2統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
3萩生田政調会長に統一教会と“家族同然”!生稲晃子を連れて施設に
4岸田政権の副大臣・政務官「統一教会系20人」に杉田水脈が含まれないインチキ
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄