このまま結婚も! 嵐・櫻井翔と『報ステ』小川彩佳アナの熱愛はガチだ! 連日のお泊まり、櫻井自らテレ朝に車で送迎、車内キスも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 さらに「ポスト」は、ふたりのかなりエグい写真も撮っているという。

「これはさすがにジャニーズに止められたらしいですが、車内キス写真を撮っているという情報もあります」(前出・「ポスト」関係者)

 とはいえ、嵐のなかでも最大のタブーとされてきた櫻井翔のここまで決定的な熱愛が報じられたのは初めてのことで、大スクープであることはまちがいない。「ポスト」の版元がもともとジャニーズに弱いといわれる小学館であることを考えると、なおさらだ。

「「ポスト」は、1年前くらいに会社の上層部から『文春のように芸能人の張り込みをやれ』と命じられて、張り込み班をつくり、かなり張り込みに力を入れています。以前の「ポスト」はジャニーズやバーニングなどの大手芸能プロとベッタリで有名な元「女性セブン」編集長の秋山—森ラインが仕切ってたんですが、別の経営幹部のお墨付きという後ろ盾もあっていまの飯田編集長になってから「ポスト」はイケイケ路線を貫いている。実際、この間Hey! Say! JUMP中島裕翔と吉田羊の熱愛、有吉弘行と夏目三久の交際など、数々のスクープを飛ばしてきました。今回の櫻井翔の初熱愛スクープも、その成果です」(前出・「ポスト」関係者)

 いずれにしても、「週刊ポスト」会心のスクープというわけだが、しかし、ひとつ不可解なことがある。

「ポストセブン」によると、「ポスト」が取材を始めたのは、『報道ステーション』関係者から「以前は番組終了後も反省会に参加するなど遅くまで局に残っていた、小川アナが早く帰るようになった」という情報を得たのがはじまりだという。実際、本サイトの取材でも、同様の情報が入っていた。

「たしかにポストは最初、テレ朝内部からの情報で、相手がわからないまま張り込んだらしい。そうしたら、櫻井があらわれて、現場の記者もびっくりしたと聞いている。まあ、小川アナは“テレ朝の天皇”早河洋会長のお気に入りで、5年以上、バラエティなどの汚れ仕事を一切せずに看板ニュース番組のキャスターを務めているからね。そういうポジションへのやっかみから、情報をリークされても不思議はない」(「週刊ポスト」関係者)

 しかし、最初の情報源はともかく、不可解なのは相手の櫻井の行動だ。櫻井といえば、警戒心が強いことで有名で、嵐の他のメンバーが週刊誌でさまざまな女性スキャンダルを書き立てられてきたのとは対照的に、芸能人との密会を撮られたことも、遊び相手の女性に暴露されたことも一度もない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

このまま結婚も! 嵐・櫻井翔と『報ステ』小川彩佳アナの熱愛はガチだ! 連日のお泊まり、櫻井自らテレ朝に車で送迎、車内キスも…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズテレビ朝日時田章広櫻井翔の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
2 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
6 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
7 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
8 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
11 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
12 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
13 厚労省が休校補償の手続きをパソナに委託!一方、会長の竹中平蔵はコロナで…
14 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
15 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
16 自民党がネトサポに他党叩きを指南
17 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
18 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
19 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
20 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
1検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
11内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
12河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
14検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
16検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄