能年玲奈には“洗脳”攻撃したのに、清水富美加を出家させた幸福の科学は批判せず…マスコミが黙る2つのタブー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかも、こうした批判報道への訴訟はその後も行われている。2012年には大川総裁の女性信者への性的関係を、教団元幹部が実名で告発した「週刊文春」(文藝春秋)に対して訴訟を起こし、最高裁で1ページ大のおわび掲載させる判決を勝ち取っている。

 こうした訴訟への恐怖があるうえ、幸福の科学は産経新聞をはじめ多くの媒体に出稿もしている大スポンサーでもある。経済的な意味でも巨大なメディアタブーのひとつなのである。

 しかし、かといって、バーニングを後ろ盾にしているレプロも芸能マスコミにとっては最大のタブーであり、批判なんて絶対にできない。そこで、マスコミが結論として展開したのが、清水富美加への個人攻撃だった。ワイドショーはほとんどといっていいほど、「育ててくれた事務所への恩義を忘れたワガママ女優」といった意見をぶつけ、問題を清水個人の責任だと結論付けた。

 たとえば、『とくダネ!』(フジテレビ)では小倉智昭が「信仰の自由というのがありますから出家しようがそれは自由なわけですが、そのためになんで所属していた事務所に対する苦言をここまで呈す必要があったのかなと思いますよね」と発言。

『バイキング』(フジテレビ)の坂上忍も、「追い込まれてたのかもしれないけど、事務所に対する配慮がここ(清水の直筆コメント)には何ひとつない。さらにツイートでも、また事務所批判しますか? 業界批判しますか? 曲がりなりにも8年お世話になってきたんじゃないんですか? というのは、当然ある」と激しい口調で清水を責め立てていた。

 また、『ミヤネ屋』では「月給5万円」問題に対し、井上公造が「芸能界に限らず、まだ一人前になってないときに、お相撲だったら十両になるまでは衣食住を保障されていても、給料はないわけですよ。テレビ局の制作のADさんとかでもそういう生活をやっているわけですよ。そこをみんな頑張ってのし上がっているわけで。別にこの事務所、彼女に限っての話ではなくって」と解説。同番組では、宮根誠司も「月給5万円のときもあったと思うんです、きっと。ただ、そんなにお金の価値も分からない子にガバっとあげても大変なことになるから」と語り、レプロも幸福の科学も全面否定できない分、信教の自由をもちだしてエクスキュースし、彼女にネガティブな側面を負わせるような報道を展開していた。

 CM契約の問題や、公開される予定の主演映画などの問題もあり、この件に関しては今後も明らかになっていくことはたくさんあるだろう。しかし、のんの「洗脳報道」とは明らかに違う今回の報道のされ方に、またひとつメディアの不公平さ、だらしなさを見たような気持ちがするのであった。
(編集部)

最終更新:2017.11.16 04:39

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

能年玲奈には“洗脳”攻撃したのに、清水富美加を出家させた幸福の科学は批判せず…マスコミが黙る2つのタブーのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。とくダネ!タブーバイキングバーニングミヤネ屋宗教幸福の科学編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
2 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
5 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
8 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
9 黒人差別問題でK-POPファンが差別主義者を撃退!
10 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
11 東京五輪チケットに「首相枠」、聖火ランナーも「桜を見る会」状態
12 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
13 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
14 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
15 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
16 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
17 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
18 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
19 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
8河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
9高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
15倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄