能年玲奈には“洗脳”攻撃したのに、清水富美加を出家させた幸福の科学は批判せず…マスコミが黙る2つのタブー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかし、昨日今日の報道をみるかぎりまったくそうはなっていない。『Mr.サンデー』『とくダネ!』(ともにフジテレビ)、『モーニングショー』(テレビ朝日)、『ひるおび!』(TBS)、『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)など、ほぼすべてのワイドショーがレプロ側の主張と幸福の科学側の主張を両論併記するかたちで報道したのだ。コメンテーターの意見などはややレプロ側に寄っている感はあるが、のんのトラブルのときのようにレプロ側の意見のみを垂れ流し、のん側の言い分をすべてシャットアウトするような事態にはなっていない。

 改めて指摘しておくが、清水の出家にはどう考えても、不可解な部分が多い。たしかに、能年玲奈のケースを見ても、レプロがタレントに対してかなりブラック的な酷使をし、精神的にも追い詰めている部分はあるだろう。

 しかし、清水は先週土曜まで生放送に出演、1月下旬に会って元気に会話したという芸能レポーターもいる。幸福の科学は「生命の危険」などといっているが、とてもそうは思えないのだ。また、同じく幸福の科学は「月給5万円」や「水着での仕事」への抵抗感も理由として挙げていたが、これらは数年前の話であり、なぜいま芸能界引退なのかという説明がつかない。

 大川隆法による清水富美加の守護霊インタビュー本には、清水に対して「覚悟を決めよ」と迫る一文があった。両親ともに信者である清水に対して、幸福の科学が大川の霊言に基づいて強引に出家を迫った可能性は本当にないのか。

 しかし、マスコミは、推測レベルでも、こうした洗脳の可能性をほとんど口にしようとしない。

 それはレプロにもバーニングタブーがあるが、幸福の科学もメディアタブーのひとつだからだ。

 幸福の科学といえば、「FRIDAY」(講談社)1991年8月23日・30日号が大川隆法総裁の結婚写真や過去に関する証言を掲載したことで、大規模な抗議行動と訴訟を起こされた事件は有名だ。

 この事件では、雑誌が発売されてから約3週間後、同誌編集部および発行元の講談社に対し幸福の科学信者が押し掛け建物内を占拠、警察が出動する事態にまで発展した。電話やファックスによる営業妨害活動も行われ、抗議文や大川総裁の著書のコピーなどがひっきりなしに流されたという。さらに、この件に関してはその後、幸福の科学や教団関係者が講談社を相手取っての訴訟も連続して行われ、講談社は大きなダメージを受けた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

能年玲奈には“洗脳”攻撃したのに、清水富美加を出家させた幸福の科学は批判せず…マスコミが黙る2つのタブーのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。とくダネ!タブーバイキングバーニングミヤネ屋宗教幸福の科学編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
2 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
3 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
4 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
5 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
6 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
7 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
8 五輪3兆円超え戦犯・森喜朗の重大疑惑
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
11 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
12 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
13 菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
14 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
15 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
16 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
17 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
18 自民党がネトサポに他党叩きを指南
19 義家前文科副大臣が学校法人から献金
20 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
1大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
4吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
7大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
8宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
9北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
10菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
11内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
13菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
14高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
15西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄