ヘイトデマ垂れ流しで大問題のMX『ニュース女子』も…化粧品会社のDHCはなぜ極右ヘイト番組をつくるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 すでに「のりこえねっと」も同番組に対して抗議声明を公表しているが、この番組内容は不十分な取材に基づく虚偽報道であり、しかも、同番組は昨年10月17日放送分でも井上が「のりこえねっと」の5万円支給を取り上げ、「(反対派は)中国人や朝鮮人をどんどん連れてきている」と煽り、百田尚樹が「とにかく反日活動なんですけど」などと説明を行っている。こうした内容は同番組で繰り返されており、これらが放送法に反するものであることはあきらかで、かなり悪質な問題だ。また、TOKYO-MXTVは東京都が第3位の大株主であり、このような放送に対する東京都の責任は重いと言わざるを得ない。

 だが、もうひとつ忘れてはいけないのは、この『ニュース女子』という番組はCS放送局「DHCシアター」が制作・放送を行っているものだということだ。つまり、TOKYO-MXTVの番組枠をDHCシアターが買い上げ、地上波でも放送しているのである。

 DHCシアターとは、その名の通り、化粧品やサプリメントの販売などで知られるDHCが株主でありDHCグループのひとつ。代表取締役社長は、1990年に「浜田マキ子」として国会議員の夫・浜田卓二郎とともに選挙に出馬したことで一躍有名になり、その後はテレビコメンテーターなどで活躍した濱田麻記子だ。

 このDHCシアターの前身は、舞台を専門に放送していたCSチャンネル「シアター・テレビジョン」なのだが、2008年に濱田氏が10月に社長に就任すると、翌09年より番組内容ががらりと様変わりし極右論客が次々に登場するように。14年にDHC会長の吉田嘉明が代表取締役会長となり、15年よりDHCシアターと改称し、『ニュース女子』や『虎ノ門ニュース 8時入り!』(現・『真相深入り! 虎ノ門ニュース』)などの番組を放送スタートするようになった。

 両番組とも、前述した井上和彦や百田尚樹のほか、圧力団体「放送法遵守を求める視聴者の会」の小川榮太郎、上念司、ケント・ギルバートなどが出演者するなど、顔ぶれを見るとCS版『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)といった赴きだが、それもそのはずで、番組の制作は『委員会』と同じ「ボーイズ」が手がけている。そう、本サイトでは再三にわたって取り上げてきた百田尚樹『殉愛』騒動の“黒幕”のひとりとされるA氏が代表を務める会社である。

 つまり、もともと保守思想の持ち主である濱田がその人脈で極右番組放送局として進めてきたところにDHCという大資本が入り、さらにはネトウヨ製造番組と呼ばれる『委員会』のノウハウが流入され、現在のDHCシアターがある、というわけだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ヘイトデマ垂れ流しで大問題のMX『ニュース女子』も…化粧品会社のDHCはなぜ極右ヘイト番組をつくるのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。DHCニュース女子ヘイト沖縄編集部週刊文春週刊新潮の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
2 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
3 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
5 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
6 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
9 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
10 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
11 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
12 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
13 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
14 警視庁の「しばき隊メンバー」逮捕は“安倍やめろデモ”潰しだった!
15 新国立競技場はザハ案のパクリだった!
16 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
17 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
18 厚労省が休校補償の手続きをパソナに委託!一方、会長の竹中平蔵はコロナで…
19 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
20 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
1検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
4 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
5安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
6安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
7松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
8安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
12内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
14田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
15検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄