国分太一の「SMAP好きじゃなかった」告白は“感動話”なのか? 陰では本気でSMAPの悪口を…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかも、こんな感じでSMAPの負の部分ばかりを強調する一方、その功績についてはほとんど具体的に語らない。たとえば、SMAPがバラエティやドラマに進出したことで、アイドルの新たな可能性が拓かれ、国分の所属するTOKIOも多大な恩恵を受けたはずなのに、国分は「TOKIOもそうだったんですけど。それでSMAPはコントだったり、人を笑わせて歌を歌うとか、そういうようなことを自分たちで考えてスタートしたと思うんですよね」とまるで、自分たちとSMAPが同列であるかのように語るのだ。

 そして、「僕が今こうやって、こういう番組でしゃべれてるのも……」と、今度こそSMAPの功績を話し始めるのかと思いきや、「歌だけじゃないんだよって、先輩は語ってはくれなかったけれども、背中で教えてくれたような気がするんですよ」と、なぜかアドバイスを受けていないことを付け加える。

 さらには「うーん、なんだろな、このグループ、あんまり好きになれない」というセリフ。その話術でなんとなく“いい話”のように見せているが、実際はSMAPディスが目的だったのではないか、という気さえしてくるのだ。

 実際、今年1月にSMAP独立問題が発覚して以降、国分があちこちでSMAPの悪口を言いまくっているのは有名な話だ。国分が出演している番組のスタッフが、こんな毒舌を聞いたことを明かす。

「SMAPの独立報道の直後、国分さんと打ち合わせしていたら、『SMAPなんてそんなたいした存在じゃないよ。5人のうち4人がやらかしてる。今までテレビで大きな顔してたことがおかしい』とか言い出したんですよ。ようするに、稲垣と草なぎは逮捕されたことがあるし、キムタクはスピード違反でつかまってる。中居は女性を中絶させたスキャンダルがある、ということらしいんですが(笑)」

 なんとなく今回のコメントの元になっているように感じる発言だが、国分は陰口だけではなく、番組でも批判めいたことを言ったことがある。それは、今年5月、中居正広が熊本の被災地に乗り込んで、炊き出しを行ったときのことだ。『ビビット』でこの話題が取り上げられたのだが、国分は「現場、現地に行くだけがいいことなのかどうかは置いておいて、色んな貢献の仕方があるので、今後も続くと思いますので、どんな形でも参加したいと思います」と、中居らの行動の価値を貶めるようなコメントまで発したのだ。

 もっとも、国分のこうしたSMAPディスは国分自ら言ってたように、昔からSMAPを敵視していて、「SMAPを認めたくなかった」とかそういうカッコいい話でもないようだ。国分はもともとSMAPメンバーと関係が悪いわけではなく、むしろ、TOKIOメンバーのなかでは一番、SMAPメンバーと交流があったのだという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

国分太一の「SMAP好きじゃなかった」告白は“感動話”なのか? 陰では本気でSMAPの悪口を…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPTOKIOジャニーズ時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
3 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
4 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
5 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
6 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
7 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
8 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
9 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
10 水道橋博士が安倍首相批判で大炎上!
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 五輪3兆円超え戦犯・森喜朗の重大疑惑
13 田崎史郎が『ひるおび』共演・柿崎首相補佐官就任で不機嫌に!
14 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
15 菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
16 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
17 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
18 文春の元編集長の子どももフジに入社!
19 自民党がネトサポに他党叩きを指南
20 西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
1東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
2大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
3コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
4吉村知事が“批判逃れ”に必死! 橋下徹と宮根誠司は“同情誘う作戦”
5 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
6吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
7 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
8『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
9大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
10宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
11菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
12内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
13 大阪「高齢者の入院の優先順位下げろ」は職員の問題ではない! 吉村知事も
14池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
15菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
16西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
17入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
18フジ系『最高のオバハン』が結婚詐欺師の名を小室氏と一字違いの「小室敬」に

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄