痴漢事件を起こしたHey! Say! JUMP中島裕翔のドラマがお咎めなしでそのまま放送開始! マスコミはジャニーズに甘すぎだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 実際、一部のメディア関係者のあいだでは、「さすがに今回はなんらかのペナルティが中島に課せられるだろう」「おそらくドラマ主演は流れるのではないか」という見方もあった。

「『文春』にもスポンサーとペナルティを相談しているという情報が書かれていましたし、最低でも、草なぎ剛の全裸騒動のような短期休養は免れないんじゃないか、と言われていましたね。当然、ドラマも企画そのものがなくなってしまうだろう、と」(芸能関係者)

 ところがフタを開けてみると、『HOPE』の7月17日からの放送開始というスケジュールも、中島が主演というのもまったく変更なし。6月末には何事もなかったかのように番宣がスタートし、あげく7月5日には後楽園ホールでドラマの“壮行会”なる番宣イベントまで大々的に開催するという厚顔無恥ぶりだった。

 このイベントは、中島にとって一連の騒動後はじめての公の場だったが、本人が事件について謝罪することはなく、何食わぬ顔でドラマへの意気込みを語るだけだった。さらに情けないのは、集められたマスコミだ。ドラマの宣伝以外で、記者たちが質問したのは吉田羊との熱愛についてのみ。痴漢騒動について触れるものは、誰ひとりとしていなかった。本人と事務所がだんまりを決め込んだだけでなく、メディア総出で事件自体を完全に“なかったこと”として葬り去ってしまっているのだ。

 信じ難い弱腰ぶりだが、しかしこの間の芸能マスコミの様子を考えれば、これもある意味、予想通りではある。というのも、事件発覚以来、ジャニーズ事務所の圧力とそれに服従する芸能マスコミの共犯によって、この中島の不祥事は隠蔽されてきたからだ。

「Hey! Say! JUMPは、飯島(三智)マネージャーを追い出してジャニーズの全権を握りつつある藤島ジュリー景子副社長がいまイチオシのグループ。事務所は事件発生当初から、中島が警察の聴取を受けたことなどを把握していましたが、ジュリー副社長が『なんとしてでも不祥事を抑え込め』と厳命を出し、徹底的に事件潰しに動いていたようです。警察にも手を回していましたし、被害者対策もして、事件化しないよう動いた。『週刊文春』にスッパ抜かれた後も、一応、謝罪コメントを出しましたが、マスコミ各社に報じないようにと箝口令を敷き、フジにはそのままドラマを放送するようにと圧力をかけたと聞いています」(ジャニーズ関係者)

 実際、ワイドショーはこの事件のことを1秒たりとも扱わなかったし、中島と吉田羊の7連泊については大々的に報じたスポーツ紙も、痴漢事件についてはほとんど触れなかった。

 これがいかに理不尽な状況であるかは、たとえば今年前半のワイドショーを席巻したベッキー不倫騒動、あるいは先日の石田純一の政治的発言問題と比較すれば一目瞭然だろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

痴漢事件を起こしたHey! Say! JUMP中島裕翔のドラマがお咎めなしでそのまま放送開始! マスコミはジャニーズに甘すぎだのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ圧力島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎のいない素晴らしい世界
2 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
3 「桜を見る会」名簿問題で菅官房長官の会見が支離滅裂!
4 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
5 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
6 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
7 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
8 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
9 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
13 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
14 安倍首相が「桜を見る会」国会答弁で下劣言い訳を連発
15 休みも残業代も0!美容師のブラック労働
16 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
17 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
18 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
19 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
20 三浦瑠麗が「保守速報を禁じるんならリテラも禁じるべき」
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄