痴漢事件を起こしたHey! Say! JUMP中島裕翔のドラマがお咎めなしでそのまま放送開始! マスコミはジャニーズに甘すぎだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
HOPE_160717.jpg
フジテレビ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』番組ページより


 本日21時から始まるフジテレビの新ドラマ『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』。芸能マスコミはこの作品が韓国で大人気を博したドラマ『ミセン─未生─』のリメイク版であるとか、久しぶりにスピッツが主題歌に起用されたといったどうでもいい話をやたら話題にしているが、その前に、もっと指摘することがあるだろう。

 それは、このドラマで主演をつとめているHey! Say! JUMPの中島裕翔が、痴漢行為で警察沙汰にまでなったのに、降板させられることもなく、そのまま放送が始まってしまうということだ。

 中島のスキャンダルといえば、吉田羊との7連泊熱愛報道が真っ先に思い浮かぶかもしれないが、実は、そのお泊りの翌日、4月1日の早朝に酔っぱらって痴漢行為をはたらいていたのだ。そのことを報じた「週刊文春」(文藝春秋)5月26日号によると、30代の女性会社員から「男性に路上で抱きつかれ、上半身をさわられるなどした」という110番通報があり、警察が駆けつけると、そこには泥酔した中島がいたという。

 この事件に関しては、ジャニーズ事務所も事実だと認めており、「文春」の取材に対してもこう答えている。

「泥酔下とはいえ、このような事態になりました点について、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。本人も深く反省しております」

 結局、女性が被害届けを出さなかったため事件化することはなかったが、酔っぱらって見知らぬ女性に抱きつくなど、立派な痴漢行為である。ジャニーズ事務所はエクスキューズのように「泥酔下とはいえ」などと言っているが、会社員や公務員が泥酔して電車の中で女性の身体にさわるなどして逮捕される事件は頻繁に報道されている。

 同じ芸能人でいえば、市川海老蔵が関東連合関係者に暴行を受けた際など、被害者であったにも関わらず、マスコミは酒癖や態度の悪さをこれでもかと責め立てた。まして、中島は痴漢行為の加害者だ。ほかの芸能人なら、番組降板や謹慎は不可避、場合によっては芸能界追放に追い込まれかねない不祥事だ。

 実際、一部のメディア関係者のあいだでは、「さすがに今回はなんらかのペナルティが中島に課せられるだろう」「おそらくドラマ主演は流れるのではないか」という見方もあった。

「『文春』にもスポンサーとペナルティを相談しているという情報が書かれていましたし、最低でも、草なぎ剛の全裸騒動のような短期休養は免れないんじゃないか、と言われていましたね。当然、ドラマも企画そのものがなくなってしまうだろう、と」(芸能関係者)

 ところがフタを開けてみると、『HOPE』の7月17日からの放送開始というスケジュールも、中島が主演というのもまったく変更なし。6月末には何事もなかったかのように番宣がスタートし、あげく7月5日には後楽園ホールでドラマの“壮行会”なる番宣イベントまで大々的に開催するという厚顔無恥ぶりだった。

 このイベントは、中島にとって一連の騒動後はじめての公の場だったが、本人が事件について謝罪することはなく、何食わぬ顔でドラマへの意気込みを語るだけだった。さらに情けないのは、集められたマスコミだ。ドラマの宣伝以外で、記者たちが質問したのは吉田羊との熱愛についてのみ。痴漢騒動について触れるものは、誰ひとりとしていなかった。本人と事務所がだんまりを決め込んだだけでなく、メディア総出で事件自体を完全に“なかったこと”として葬り去ってしまっているのだ。

 信じ難い弱腰ぶりだが、しかしこの間の芸能マスコミの様子を考えれば、これもある意味、予想通りではある。というのも、事件発覚以来、ジャニーズ事務所の圧力とそれに服従する芸能マスコミの共犯によって、この中島の不祥事は隠蔽されてきたからだ。

「Hey! Say! JUMPは、飯島(三智)マネージャーを追い出してジャニーズの全権を握りつつある藤島ジュリー景子副社長がいまイチオシのグループ。事務所は事件発生当初から、中島が警察の聴取を受けたことなどを把握していましたが、ジュリー副社長が『なんとしてでも不祥事を抑え込め』と厳命を出し、徹底的に事件潰しに動いていたようです。警察にも手を回していましたし、被害者対策もして、事件化しないよう動いた。『週刊文春』にスッパ抜かれた後も、一応、謝罪コメントを出しましたが、マスコミ各社に報じないようにと箝口令を敷き、フジにはそのままドラマを放送するようにと圧力をかけたと聞いています」(ジャニーズ関係者)

 実際、ワイドショーはこの事件のことを1秒たりとも扱わなかったし、中島と吉田羊の7連泊については大々的に報じたスポーツ紙も、痴漢事件についてはほとんど触れなかった。

 これがいかに理不尽な状況であるかは、たとえば今年前半のワイドショーを席巻したベッキー不倫騒動、あるいは先日の石田純一の政治的発言問題と比較すれば一目瞭然だろう。

 いくら優等生キャラだったとはいえ、ベッキーはたかだか“不倫”というプライベートの問題で、犯罪行為を行ったわけではない。しかしワイドショーを筆頭にしたマスコミはベッキーを糾弾し、すべてのCMを降板、芸能界休養にまで追い込んだ。『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)での懺悔インタビュー、復帰会見を経た現在も、本格復帰にはいたっていない。

 石田も政権に批判的な発言をしたというだけで、なんの犯罪行為もはたらいていないにもかかわらず、スポンサーから莫大な違約金を請求され、CMやテレビ番組の降板をちらつかされた。

 ところが、痴漢騒動という刑事事件に発展する可能性すらあった中島は、会見を開いたり芸能界を休養するどころか、謝罪コメントの一言すらなく、痴漢騒ぎなどなかったかのように一切を無視したまま、連続ドラマ初主演という晴れ舞台に立っているのだ。

 ジャニーズ事務所に言われれば、犯罪まがいの行為をはたらいても何事もなかったかのようにドラマ主演の座に居座り続けられる。一方で、弱小事務所のタレントは不倫やご近所トラブル、酒癖、態度の悪さといった些細なことでも猛バッシングを浴びる。なんなら、ベッキーの不倫にくらべれば中島の痴漢行為などまるで些末なことのような錯覚すら視聴者に抱かせてしまう。

 ジャニーズ事務所の圧力とそれに服従する芸能マスコミの弱腰ぶりはいつものことだが、いくらなんでもこの理不尽さは異常だ。

 野党議員の失言とも言えないような発言がバッシングされるなか、安倍政権の閣僚の賄賂は追及されない。芸能報道に限らず、マスコミの「強きを助け弱きを挫く」体質は、日本社会の“事の大小”を完全に狂わせている。
(島原らん)

最終更新:2016.07.17 08:00

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

痴漢事件を起こしたHey! Say! JUMP中島裕翔のドラマがお咎めなしでそのまま放送開始! マスコミはジャニーズに甘すぎだのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ圧力島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
2 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
3 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
4 三浦瑠麗が公安も失笑のフェイク拡散
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 吉永小百合が「9条は変えさせない」
7 萩生田政調会長に統一教会と“家族同然”!生稲晃子を連れて施設に
8 川島なお美が近藤誠の診断を告発
9 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
10 「こども庁」名称変更の裏に統一教会!安倍、山谷との関係を物語る内部文書
11 鶴田真由と昭恵夫人は日ユ同祖論の同志
12 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
13 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
14 萩生田文科相に幸福の科学側に立って文科省に働きかけ
15 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
16 テレ東が番組で統一教会信者隠しと捏造
17 新しい地図の番組『ななにー』に吉村知事出演でSMAPファンが抗議!
18 X JAPAN紅白もTAIJIの死に疑惑
19 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
20 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
1 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
2 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
3 岸田政権の副大臣・政務官「統一教会系20人」に杉田水脈が含まれないインチキ
4 萩生田政調会長に統一教会と“家族同然”!生稲晃子を連れて施設に
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄