前田敦子の『毒島ゆり子』よりエグい、NHK女性記者の安倍首相“籠絡”の手口! 安倍の近所にマンション購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abe_160608.jpg
左・安倍晋三公式サイトより/右・TBS『毒島ゆり子のせきらら日記』番組サイトより


 主演の前田敦子のベッドシーンあり、濃厚キスシーンあり、入浴シーンありと 過激な展開で話題になっているのが深夜ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)だ。

 前田が演じる毒島ゆり子は大手新聞社の新人政治記者という設定だが、二股は当たり前という超恋愛体質。同棲相手がいるのにスポーツクラブのインストラクターに手をつけ、さらにはライバル新聞社のやり手記者とも不倫の恋が始まって―—というめちゃくちゃな恋愛模様が話題をさらっているのだが、もうひとつ密かな話題となっているのが “政治記者”の実態だ。

 ドラマではゆり子は与党・誠心党の幹事長・黒田田助の番記者に抜擢され次第に信頼されていく様子や、大物政治家との会食、セクハラ、いじめ、議員との肉体関係の噂、ライバル社との関係、嫉妬などその実態などがリアルに表現されている。

 実はこのドラマのプロデューサー・H氏はもともとTBSの政治部記者で、民主党政権時代には小沢一郎代表、さらに第二次安倍政権の初期には、自民党幹事長だった石破茂氏(当時)や官房副長官だった加藤勝信氏を担当していた。当時から、政治記者の間では「アイドルのような可愛い容姿なのに、すごいやり手」と評判の女性だったらしい。

 そんなことから、「週刊新潮」(6月2日号)は、ドラマがHプロデューサーの体験をもとにつくられているのではないかと詮索し、彼女が政治部当時、国会議員と肉体関係をもっていたという噂があったことや、先輩政治部記者との不倫の噂を書きたてている。

「たしかに当時、政治家との付き合いも噂されていたようですね。それと、ドラマの主人公・毒島はライバル新聞社の大物政治家と癒着している記者と不倫している設定ですが、彼女自身は同じTBSの先輩政治部記者と不倫していたという噂もありました。その記者は、最近、TBSを辞めたあの人らしいです。たしかに、その人も癒着記者として有名でしたが」(全国紙政治部記者)

 しかし、政治家番の女性記者といえば、このドラマの主人公や女性プロデューサーなんかよりもっとスゴい人物がいる。それは、NHKで2002年から安倍首相の番記者をつとめ、いまや同局政治部を牛耳っているといわれるNHK解説委員の岩田明子記者だ。実は、岩田記者と安倍首相の関係はドラマを凌ぐ露骨なものだという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

前田敦子の『毒島ゆり子』よりエグい、NHK女性記者の安倍首相“籠絡”の手口! 安倍の近所にマンション購入のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHKTBS前田敦子安倍晋三政治記者田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
5 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
8 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
9 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
10 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
11 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
12 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
15 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
16 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
17 中谷美紀が日本の男尊女卑、安倍政権の女性政策に苦言
18 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
19 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
20 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
8河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
9高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
13自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
14安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
15DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄