東京五輪招致で1億6千万円の“裏金”に「電通も関与」とイギリス紙報道! だが国内メディアは一言も電通に触れず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 東京五輪招致の裏金をめぐる、疑惑の人物と電通との衝撃的な関係。

 だが、電通に重大疑惑が浮上しているにもかかわらず、国内メディアはこれに一切触れていない。

 その理由はもちろん電通がマスコミ最大のタブーだからだ。広告収入に大きく依存するテレビ局はもちろん、あらゆる新聞、テレビ、雑誌などのメディアにとって、アンタッチャブルな存在であることは、今さら言うまでもないだろう。

 前述のとおり、そもそも電通は招致活動から東京五輪に食い込み、東京五輪のマーケティング専任代理店として、あらゆるマーケティングや広告利権をすべて掌握している。たとえば、昨年浮上した佐野研二郎氏デザインの五輪エンブレム「盗用」問題では、電通から審査委員として出向した2名が、佐野氏の原案についてほかの審査委員の同意を得ずに、2度の修正を主導していたことも判明している。だが、このときも、マスコミは電通の責任追及に及び腰だった。

 そして今回の、東京五輪招致の裏金と電通の関与疑惑も、大マスコミはそろいもそろって口をつぐんでいるわけだ。電通タブーを抱えた国内メディアが、今後この疑惑を追及することはできるのだろうか、メディアの動きも注視していきたい。
(宮島みつや)

最終更新:2016.05.13 01:48

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

東京五輪招致で1億6千万円の“裏金”に「電通も関与」とイギリス紙報道! だが国内メディアは一言も電通に触れずのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。五輪宮島みつやの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 自民党がネトサポに他党叩きを指南
2 「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
5 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
6 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
7 防衛費43兆円の財源はやはり増税!一方「子ども関連予算」倍増を先送り
8 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
9 “コネクティングルーム不倫”和泉洋人元補佐官が大阪府・市の特別顧問に!
10 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
11 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
12 安倍首相の恩師・宇野重昭氏が死去
13 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
14 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
15 鶴田真由と昭恵夫人は日ユ同祖論の同志
16 自衛隊ヘリ墜落を小野寺防衛相が「着陸」
17 ナンシー関の長渕剛論がすごい
18 古市憲寿と落合陽一「終末医療やめろ」論の酷さ
19 統一教会最古参元幹部が安倍晋三と教団の深い関係をテレビで激白!
20 吉高が“私の裸を見て”と迫った男
1「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
2細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
3「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
4夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄