AKB公式10年史発売記念…暴力団との関係、タレントへのお手つき、盗撮、脱法ハーブ…AKB運営闇の10年史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
namidahakutouten_160406.jpg
『涙は句読点 AKB48公式10年史』(日刊スポーツ出版社)

 先日、横浜スタジアムにて前田敦子らOGメンバーも多数参加しての高橋みなみ卒業コンサートが行われ話題となったAKB48。

 AKB48は、2005年12月8日の劇場初公演から10年を迎え、本年3月9日には前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美のOG4名も加えた10周年記念シングル「君はメロディー」を発売。高橋みなみ卒業もあいまって、メモリアルイヤーを祝しての記念事業が多く企画されている。

 そのなかのひとつが『涙は句読点 AKB48公式10年史』(日刊スポーツ出版社)。AKB48がこれまで歩んできた道のりを、秋元康、現場スタッフ、所属レコード会社の担当者、古参オタク、さらに卒業メンバーなどのインタビューを交えながら綴った本だ。膨大な情報量が詰まっており、古くからのファンでも知らなかった新事実が多数埋まっている充実の内容となっている。

 そんな『涙は句読点』は、峯岸みなみの坊主騒動や指原莉乃のHKT48移籍へつながった「週刊文春」報道、また、14年に岩手県の全国握手会で起きた襲撃事件など、その10年の歴史のなかで抱えた「闇」の部分も隠さずに触れているが、実は終始避けているトピックがひとつある。

 それは、AKB48の運営会社であるAKSにまつわる、決して許されないスキャンダルの数々だ。当サイトでは、AKB48公式10年史本の発売を記念して、本のなかでは触れられていない、AKSが残した黒歴史をまとめてみた。国民的アイドルとしての大ブレイクの裏にある、運営のブラック過ぎる悪行の数々を是非ともご覧いただきたい。


●ファンへの裏切り! AKS社長はタレントに手をつけている!

 AKB48の運営母体である株式会社AKSという名の由来は、A(秋元康)K(窪田康志)S(芝幸太郎)だというのはよく知られた話だが、このAKS前社長・窪田氏は自分の手がけるタレントに手をつけているという噂が絶えない。

 まず一番最初に名があがったのが、篠田麻里子。「週刊文春」10年2月18日号では「AKB48は事務所社長の「喜び組」」という扇情的タイトルの記事で、篠田が窪田氏と知り合ったのは、彼女が福岡のキャバクラで働いていた時であり、彼が上京への道筋をつくったと報道。また、窪田氏は神戸市内に妻子を残し、自分は都内の高級タワーマンションで生活。そして、篠田もそのマンションの別の部屋に住んでいることから、二人が愛人関係にあるのではと匂わせている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

涙は句読点 (AKB48公式10年史)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

AKB公式10年史発売記念…暴力団との関係、タレントへのお手つき、盗撮、脱法ハーブ…AKB運営闇の10年史のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48新田 樹暴力団週刊文春高橋みなみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 橋下徹が日本学術会議デマの取材に「無償インタビューに応じていない」
2 安倍が徴用工問題で「ファクト示すのが一番」とツイートしツッコミ殺到
3 BiSが「死んで」メール出した相手
4 菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
5 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
6 フジテレビがお台場カジノ開発を計画
7 菅首相の著書改ざんは“都合の悪い記録は残さない”という宣言!
8 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
9 欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
10 「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
11 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
12 櫻井よしこは「神社」に住んでいた! 
13 通販生活が「左翼だ」攻撃を一蹴!
14 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
15 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
16 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
17 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
20 二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
1杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
2欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
3菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
4大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
5菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
6 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
7甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
8菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
9菅首相の著書改ざんは“都合の悪い記録は残さない”という宣言!
10 フジテレビがお台場カジノ開発を計画
11二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
12安倍が徴用工問題で「ファクト示すのが一番」とツイートしツッコミ殺到
13橋下徹が日本学術会議デマの取材に「無償インタビューに応じていない」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄