AKB公式10年史発売記念…暴力団との関係、タレントへのお手つき、盗撮、脱法ハーブ…AKB運営闇の10年史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
namidahakutouten_160406.jpg
『涙は句読点 AKB48公式10年史』(日刊スポーツ出版社)

 先日、横浜スタジアムにて前田敦子らOGメンバーも多数参加しての高橋みなみ卒業コンサートが行われ話題となったAKB48。

 AKB48は、2005年12月8日の劇場初公演から10年を迎え、本年3月9日には前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美のOG4名も加えた10周年記念シングル「君はメロディー」を発売。高橋みなみ卒業もあいまって、メモリアルイヤーを祝しての記念事業が多く企画されている。

 そのなかのひとつが『涙は句読点 AKB48公式10年史』(日刊スポーツ出版社)。AKB48がこれまで歩んできた道のりを、秋元康、現場スタッフ、所属レコード会社の担当者、古参オタク、さらに卒業メンバーなどのインタビューを交えながら綴った本だ。膨大な情報量が詰まっており、古くからのファンでも知らなかった新事実が多数埋まっている充実の内容となっている。

 そんな『涙は句読点』は、峯岸みなみの坊主騒動や指原莉乃のHKT48移籍へつながった「週刊文春」報道、また、14年に岩手県の全国握手会で起きた襲撃事件など、その10年の歴史のなかで抱えた「闇」の部分も隠さずに触れているが、実は終始避けているトピックがひとつある。

 それは、AKB48の運営会社であるAKSにまつわる、決して許されないスキャンダルの数々だ。当サイトでは、AKB48公式10年史本の発売を記念して、本のなかでは触れられていない、AKSが残した黒歴史をまとめてみた。国民的アイドルとしての大ブレイクの裏にある、運営のブラック過ぎる悪行の数々を是非ともご覧いただきたい。


●ファンへの裏切り! AKS社長はタレントに手をつけている!

 AKB48の運営母体である株式会社AKSという名の由来は、A(秋元康)K(窪田康志)S(芝幸太郎)だというのはよく知られた話だが、このAKS前社長・窪田氏は自分の手がけるタレントに手をつけているという噂が絶えない。

 まず一番最初に名があがったのが、篠田麻里子。「週刊文春」10年2月18日号では「AKB48は事務所社長の「喜び組」」という扇情的タイトルの記事で、篠田が窪田氏と知り合ったのは、彼女が福岡のキャバクラで働いていた時であり、彼が上京への道筋をつくったと報道。また、窪田氏は神戸市内に妻子を残し、自分は都内の高級タワーマンションで生活。そして、篠田もそのマンションの別の部屋に住んでいることから、二人が愛人関係にあるのではと匂わせている。

 この記事に対してはAKS側が文藝春秋を提訴。「不適切な関係があったと推認することは難しい。問題になった部分のほとんどは真実ではなく、真実と信じる理由もない」として、「週刊文春」側の敗訴となっている。

 窪田氏の名誉はここで守れたかのように見えた──。しかし、その記事から3年後、いよいよ窪田氏がタレントに手をつけていた事実が明るみになる。

「週刊文春」13年5月2日・9日合併号に掲載された河西智美との写真である。ジャージ姿のラフな格好の彼女が窪田氏とともに自宅に入る写真が掲載され、河西智美の恋愛禁止ルール違反、さらに相手が上司である窪田氏との不倫であるとの弁解の余地のない証拠が白日のもとにさらされることになった。河西は握手会の早退が横行するなど、卒業前から我がまま放題が指摘されていたのだが、この写真により、その行動が何のおとがめもなく許されている理由が分かったのだった。


●マネジメント会社取締役の男がメンバーを盗撮

 未成年メンバーも多数所属するAKB48の運営は、親御さんから大事な娘を預かった以上、しっかりと守らなければならない立場にある。だが、あろうことか、AKB48運営にいたある男はその役目を放擲し、彼女たちを歪んだ性的欲求のはけ口に利用していた。

「週刊文春」15年4月2日号では、05年から運営に関わり、07年から10年にかけてはメンバーが所属している芸能事務所office48の取締役を務めた野寺隆志氏が控え室やトイレなどを盗撮し、それらの動画を大量に保管していたと報道。彼はoffice48退社後に小学生に対するわいせつ行為で懲役1年4カ月の実刑判決を受けているが、その捜査のなかで問題の動画ファイルが明るみになったとしている。

 野寺氏は、メンバーに理解のある兄貴分のような存在で、皆から信頼の厚い男だったという。そんなスタッフによる卑劣な犯行であった。

 また、この件に関して、AKS側は「週刊文春」の取材に、「事実関係を確認できていない」の一点ばりでうやむやに。臭いものにふたをするような対応に終始している。

●AKB48グループ総支配人の脱法ハーブ吸引騒動

 AKB48のスタッフが起こした問題は盗撮だけではない。AKB48グループ総支配人(当時。現在はAKB48グループカスタマーセンター長)の戸賀崎智信氏は、人々に夢を与えるアイドルグループを束ねる人間として決して撮られてはいけない写真を撮られてしまった。

「週刊文春」13年11月28日号には、彼が気持ちよさそうに脱法ハーブを吸引している姿が掲載されファンに衝撃を与えた。しかも、誌面には別の日に吸引している姿も撮られており、多いときで2、30分に一度吸うほどの常習者であるとも報じられている。

 彼が愛用していたのは、ビゼ社製の「H」シリーズ12世代。大麻と同じような効能を化学的につくった成分が混ぜられており、記事内では都内でハーブを扱う業者から「玄人(常習者)向けだよ」とのコメントも寄せられている。

 彼の悪行はこれだけではない。「週刊文春」は戸賀崎氏を追うなかで撮影された愛人との密会写真も掲載。脱法ハーブは吸うと感度が上がることから、セックスの前に吸う者も多い。彼もその一人だったのだろうか。メンバーには恋愛禁止を強いておきながら、自らは爛れた日々を送る。これではあんまりである。


●杜撰な経理…3年間で5億円の申告漏れを指摘される

 ここまであげてきた事例でも、AKB48に関わるスタッフの破滅っぷりがよく理解いただけたかと思うが、こんな運営だから、当然、経理に関しても杜撰。「週刊文春」15年9月17日号によると、AKSは東京国税局から税務調査を受け、14年11月期までの3年間で約5億円の申告漏れを指摘され、1億円以上の追徴課税を言い渡されたという。

 なぜこんなことになったのか。それは、月100万から200万円にもなるというメンバーの高額な家賃や、歯の矯正といった美容関連費など約4億円を経費として計上していたが、これが認められず、メンバーへの寄付金として申告し直すよう求められたからだ。杜撰な経理はこれだけではない。同時に、14年に辞任した窪田前社長による4000万円の交際費も申告し直しになっている。

 当サイトでも先日取り上げたが、人気メンバーが続々と卒業し下降線をたどるAKB48陣営の台所事情は大変厳しいようで、握手会などの現場で用意される豪華なケータリングは廃止され、現在は質素な弁当になっているという。このような事態に追い込まれたのも、杜撰な管理および放漫経営が原因の身から出たサビなのかもしれない。

●高橋みなみ、峯岸みなみが電通社員と泥酔パーティーで枕疑惑、未成年飲酒

 AKB48に関わる人々の、少女を預かる大人としての無責任さが最もよくあらわれたのが、「週刊文春」15年4月9日号に掲載された、高橋みなみ・峯岸みなみとAKB48関係スタッフ、カメラマンや電通社員による泥酔パーティー写真だろう。

 前述の盗撮犯である野寺氏が所持していたデータのなかに、盗撮画像とともに収められていたことから明るみになったパーティーの写真。この宴は、11年4月8日、高橋みなみの20歳を記念しての誕生パーティーの模様で、高橋みなみがパンツ丸出しで男性スタッフに抱きついたり、峯岸みなみが幼稚園児のコスプレで男性スタッフの膝の上に座ったりと、ファンなら思わず目を背けてしまいたくなるような写真であった。

 電通はAKBのスタート直後からプロデュースに関与しており、「やっぱり枕営業をやっているんじゃないか」という疑惑も濃厚になった。

 しかも、この件で問題なのは、当時18歳の峯岸みなみがシャンパングラスを片手に楽しそうにしていることだった。顔も明らかに泥酔しているのが分かるほど赤くなっていた。

 未成年のタレントを守るどころか、関係者のパーティーで接待をさせる。この一件はAKB運営の体質を明らかにしたといえるだろう。


●ひどすぎる労働環境、AKB48は現代の女工哀史

 アイドルが過酷な労働環境に置かれながらも、その仕事に見合わない薄給でやりがい搾取されている状況は周知の事実だが、それは国民的アイドルのAKB48も同じだった。

「週刊文春」10年5月6日・13日合併号の記事「AKB48は現代の「女工哀史」」で、ある現役メンバーの父親(匿名)が「これほどメチャクチャなら、本音を言えば『AKB48』を辞めさせたい。十代の女の子がこんな思いをしなくていい」と告発。そこで語られているのは、想像以上に「ブラック」なAKB48の労働環境だった。

 記事によれば、総選挙でも上位に入り、かなり忙しい日々を送っているというそのメンバーは、休みもほとんどないなか、朝は始発で帰りは終電、家に帰ってきても泥のように眠るだけの日々だという。しかし、それだけの労働にも関わらず、彼女の給料は、なんとわずか月給10万円。もともと事務所との契約では、CDの印税や写真・グッズの売り上げからの歩合収入もあるとされていたのにも関わらず、それに関してもほとんど振り込みがないと語っている。

「女工哀史」という表現がピッタリのブラックな労働環境だが、さらにひどいのは、すべてのメンバーがこのような環境に置かれているわけではなく、一部の運営お気に入りメンバーは裕福で何不自由ない暮らしを送っているということだ。

 その一例として、記事では、AKS前社長の窪田康志氏がお気に入りの篠田麻里子をあげている。彼女は自由に使って良いと許可の出た窪田社長名義のカードを所持しており、洋服だけで30万円〜40万円も爆買いしていると裏事情を明かす。AKB48グループは卒業していく者がとにかく多いが、これだけの格差を見せつけられているのなら、それは辞めたくもなるだろう。


●暴力団とも関係が? AKB48創始者のアウトローな過去

 最後にご紹介するのが、AKSの「S」こと、芝幸太郎氏だ。AKB48プロジェクトが走り出すにあたっての資金源はこの芝幸太郎氏によるもの。48という数字が、「4(シ)8(バ)」の語呂合わせであることからも、AKB48プロジェクトにおいて出資者である芝氏の果たした役割の大きさが分かるだろう。

 そんな彼の過去について、「週刊新潮」(新潮社)12年9月20日号が暴露した。記事によれば、芝氏は違法な闇金融で詐欺行為をおこなうことで儲け、その金を元手に裏カジノをオープン。大のギャンブル好きで知られる窪田氏と芝氏はそこで出会い、AKB48プロジェクトは始まった。初期のAKB48には、その裏カジノで得た汚れた金が大量に注ぎ込まれていたという。

 その記事が世間に出た後、芝氏は「暴力団との付き合いもあった」と書かれたことを問題視、訴訟へと発展する。しかし、「週刊新潮」はそれを受けて次なる記事を掲載した。

「週刊新潮」13年5月30日号には、10年ほど前に撮影されたというある写真を掲載。その写真には、山口組系の幹部や暴力団と近しい関係の総会屋の男らとともに一枚の写真に収まる芝氏の姿が映し出されていた。

 初期のAKB48プロジェクトに暴力団との関わりがあったのかどうかは分からないが、この「週刊新潮」の記事により、少なくとも芝氏に暴力団関係者との付き合いが皆無とは言えなくなった。

………………………………………………………………

 AKB48をめぐる「闇」の10年史、いかがだっただろうか? 「週刊文春」「週刊新潮」以外のマスコミはほとんど報道しなかったが、AKB運営の体質は他の芸能事務所以上に「真っ黒」と言っていいだろう。

 先日行われた高橋みなみ卒業コンサートのMCでは、2代目の総監督である横山由依が、これからが「AKB48第2章」であると宣言した。第2章ではぜひ、こういった体質を払拭してもらいたいものだ。
(新田 樹)

最終更新:2017.11.24 09:43

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

涙は句読点 (AKB48公式10年史)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

AKB公式10年史発売記念…暴力団との関係、タレントへのお手つき、盗撮、脱法ハーブ…AKB運営闇の10年史のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48新田 樹暴力団週刊文春高橋みなみの記事ならリテラへ。

フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃

8 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥 9 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター 10 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄 11 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言 12 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露 13 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に 14 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判! 15 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚 16 片山さつきが坂上忍に批判された 17 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい 18 ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ 19 安倍首相にマッチョ批判 20 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
1 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2 玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
5 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
6 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
7 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
9 青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
10 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
11 統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
12 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13 北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14 首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
16 安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
17 辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
18 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19 不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か

カテゴリ別ランキング

社会

  1. 1フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
  2. 2渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
  3. 3安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
  4. 4安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
  5. 5 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚

ビジネス

  1. 1不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
  2. 2アムウェイにキラキラ女子が急増中!
  3. 3杉村太蔵はこずるいヤツだった!
  4. 4極右ヘイトの企業経営者総まくり(後)
  5. 5極右ヘイトの企業経営者総まくり(前)

カルチャー

  1. 1直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
  2. 2ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ
  3. 3ブレる松岡修造語録を読み解く
  4. 4白井聡が「靖国に歴史的大義がない」
  5. 5追悼・橋本治が安倍政権と日本会議が語る「伝統」を喝破

芸能

  1. 1「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
  2. 2『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
  3. 3SKY-HIが日本の鎖国状態に危機感
  4. 4ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
  5. 5嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない

@litera_webさんをフォロー

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

話題のキーワード

  1. 1アベを倒したい!
  2. 2メディア定点観測
  3. 3ネット右翼の15年
  4. 4ブラ弁は見た!
  5. 5左巻き書店
  6. 6横田 一
  7. 7安倍晋三
  8. 8「売れてる本」の取扱説明書
  9. 9SMAP
  10. 10半井小絵
  11. 11ネトウヨ
  12. 12政治からテレビを守れ!
  13. 13編集部
  14. 14反日
  15. 15玉川徹
  16. 16噂の真相
  17. 17梶田陽介
  18. 18宮島みつや
  19. 19櫻井よしこ
  20. 20日本会議
  21. 21中居正広