「小6のときレイプされて。そのとき車のなかでそのおっさんが……って歌っていた」大森靖子が激白した衝撃の半生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかし、その孤立は、高円寺のカルトなライブハウス「無力無善寺」にレギュラー出演するようになってから変わっていく。加地等や豊田道倫といったミュージシャンの先輩に生き方を学び、そして、初めて周囲に自分を理解してくれる仲間を見つけた。

 その後、本格的にミュージシャンとしての道を歩み始めた彼女は、オファーを受けたイベントは断らず、どんな場所でも歌いに行く生活に突入。ある程度売れると普通はライブの数を絞るものだが、彼女が選んだ道は仕事を選ばず、毎日のようにどこかのステージに上がり続けることだった。

 しかし、その過程で今度はSNSを介した顔の見えない人々の悪口が彼女を追いつめる。「ブス」「メンヘラ」、そういった言葉が次々と書き込まれ、〈有名になることは、ただただ自傷行為でしかないんだろうか〉とすら思いいたるようになってしまう。

 表現する者が抱える普遍的な悩みだが、SNSが普及した2010年代以降はことさらにそれが顕著だ。ただ、彼女はそれに押しつぶされることはなかった。〈ネットでは、自分のことをなんて言われているか気になってエゴサーチばかりして、悪口は見つけて読んでおきたかった〉とすら語る大森靖子は、むしろ、それら悪口を活動の糧にしていく。そのとき力になったのは、「私はこの子たちとはまったく違う生き物なんだ」と感じたあの日から耐え続けた孤独の日々だった。

〈人がみんな、他人の評価なんかに怯えずに、ただ感情をスピーディーに、かつ美しく表現して、それを享受した喜びでまた新しい価値観や世界がうまれていく、そんな社会に少しでも近づけばと思っている。そのためにも私は今のままで、決して空気や他人の悪意に押しつぶされず、しっかり生きて、しっかり歌って、しっかり魅せていかなくちゃいけない。それが、私のここから数年の仕事なんだろう。叩かれても疎まれても捨てなかった自由と孤独を武器に、才能が死なない世の中にする努力をしたい〉

 SNSや世間の空気によって潰れていく才能がある一方、そんな状況を打破しようと宣言する大森。他人の評価に怯えず、空気に押しつぶされず、叩かれても疎まれても自由と孤独を武器に。彼女はこれからどんな作品を生み出すのか。そのエキセントリックなたたずまいから、メンヘラと称されることもある大森だが、実は孤独を怖れないそのタフな活動に注目したい。
(新田 樹)

最終更新:2017.11.24 09:41

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

かけがえのないマグマ 大森靖子激白

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「小6のときレイプされて。そのとき車のなかでそのおっさんが……って歌っていた」大森靖子が激白した衝撃の半生のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。セカンドレイプ大森靖子新田 樹歌手の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 アグネス・チョウや新聞社逮捕でも安倍政権は中国に弱腰のまま!
2 山下智久の女子高生とホテル報道を芸能マスコミは一切報じず
3 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
4 吉村知事「うがい薬」会見を『ミヤネ屋』に事前漏洩! 出演者のテリー伊藤が暴露
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 吉村知事に三浦瑠麗が「本人も間違ったと思ってる」 維新幹事長は「対案出せ」
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
9 小池百合子が関東大震災の朝鮮人虐殺追悼文を「毎年送ってない」と嘘
10 安倍の諮問機関が「消費税増税」を検討
11 山下智久“女子高生と飲酒・ホテル”でジャニーズ事務所が報道封じ
12 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
13 『進撃の巨人』のシキシマはリヴァイ?
14 「ヨードうがい薬」吉村知事に「言いたいことも言えなくなる」“ポイズン吉村”と失笑の声
15 トクホなのに体に悪い危険な飲料とは
16 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
17 毎日記者が“ぶら下がり”で安倍首相に「逃げないで下さい」
18 『半沢直樹』今度は民主党に倍返し!
19 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
20 菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
1安倍の諮問機関が「消費税増税」を検討
2 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
3 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
4自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
6安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
7 吉村知事「うがい薬」会見を『ミヤネ屋』に事前漏洩! 出演者のテリー伊藤が暴露
8 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
9韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
10吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
11菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
12安倍首相の“原爆の日”会見で暴力的な質問封じ! 朝日新聞記者の挙げた腕を
13「ヨードうがい薬」吉村知事に「言いたいことも言えなくなる」“ポイズン吉村”と失笑の声
14毎日記者が“ぶら下がり”で安倍首相に「逃げないで下さい」
15小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
17日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
18小池百合子が関東大震災の朝鮮人虐殺追悼文を「毎年送ってない」と嘘
19核廃絶やる気ない安倍首相 ICANは防衛予算でPCRセンター設置できると
20アグネス・チョウや新聞社逮捕でも安倍政権は中国に弱腰のまま!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄