“無双”といわれる「週刊文春」にも絶対書けないタブーが! 林真理子が「作家になれば悪口書かれない」と暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 そして、14年夏の合併号には第三弾として、たかじんの長女の手記を掲載する予定だった。すでに原稿も完成し、さくら夫人がたかじんと同居していたマンションを訪ね、取材を申し込んでいたという。

 ところが、校了直前、事態は急転する。当時、『殉愛』を執筆するためにさくら夫人を取材中だった百田氏が、電話で同誌の新谷学編集長に記事を中止するよう申し入れたのだという。

 すると、新谷編集長はあっさりこの申し入れに応じ、取材班は大阪から撤退。記事掲載も見送られてしまった。つまり、それまでさくら夫人叩きの急先鋒だった「文春」は、百田氏がさくら夫人のバックについたことで、一気に手のひらを返してしまったのだ。

 しかもその後、『殉愛』が出版されてからも、「文春」の姿勢は変わらなかった。連日、さまざまな嘘や問題が発覚しても、一切、記事にしようとせず、逆に14年12月18日号に百田氏の手記を掲載し、15年1月1・8日特大号から百田氏の連載小説「幻庵」を予定通りスタートさせた。

 百田氏の『殉愛』には、「(文春の記事は)捏造」「真っ赤な嘘」とまで書かれていたのに、「文春」はひとつも反論をせず、百田氏にひれ伏してしまったのだ。

『殉愛』については、他の出版社系週刊誌も売れっ子作家が相手だということで、腰が引けてはいた。しかし、たとえば、小説『フォルトゥナの瞳』を連載して単行本化したばかりの「週刊新潮」(新潮社)でさえ、百田氏にさくら夫人のインタビューをねじ込まれながらも、そのまま丸乗りすることはせず、対立するたかじんの長女の取材も行ったうえ、一応、検証記事の体裁をとっていた。

 それに比べると、「文春」の対応がいかにだらしないものであるかがよくわかるだろう。

 作家タブーに完全に屈したケースは他にもある。たとえば、06年、東京都知事だった石原慎太郎氏に四男の“縁故重用”疑惑が浮上したときのことだ。

 石原氏の四男・延啓氏は無名の画家だったが、石原氏は自らの職権で都の若手芸術家の支援事業「トーキョーワンダーサイト」に助言する芸術家として都の外部委員に抜擢。「ワンダーサイト」への補助金を4年間で4億7000万円と以前の8倍以上に増やしていた事実が発覚したのだ。

 さらに03年3月には、延啓氏が都の職員とともに訪欧した際に費用55万円を都が全額負担したことや、他の数々の公費による出張も複数のマスコミ報道から判明していった。そのため石原氏は「息子可愛さに血税を湯水のように使う公私混同」と大きな批判に晒されたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

“無双”といわれる「週刊文春」にも絶対書けないタブーが! 林真理子が「作家になれば悪口書かれない」と暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブー林真理子田部祥太週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
4 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
5 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
8 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
9 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
10 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
11 X JAPAN、TAIJIの死の謎
12 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
13 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
14 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
15 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
16 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
17 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
18 古舘降板は安倍とテレ朝上層部のせい
19 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
20 川島なお美が近藤誠の診断を告発
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄