“無双”といわれる「週刊文春」にも絶対書けないタブーが! 林真理子が「作家になれば悪口書かれない」と暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかし、この時も「週刊文春」だけは石原氏の疑惑を一切報じることはなかった。いや、報じないどころか渦中の石原氏をインタビューに登場させ(07年1月4・11合併号)、「(疑惑報道は)選挙のためのネガティブ・キャンペーンだ」などというなんの説得力もない釈明を延々と垂れ流させたのだった。

 これも石原氏が当時、都知事だったことが原因ではなく、石原氏が大物作家であり、しかも当時、文藝春秋が主催する芥川賞選考委員だったことが大きかった。

「文春にとって、石原慎太郎さんは最大のタブーだといっていいでしょうね。でも石原さんに限らず、うちは、いわゆる小説家と名の付く人たちのことは、よほどのことがない限り批判はしない。たとえば、田中康夫なんて、政治的スタンスは『文春』と真逆なのに、長野県知事時代、ほとんど攻撃しなかったでしょう。これは、文藝春秋という会社全体の伝統ですね。創業当時から文芸出版社の老舗として、現在まで数多くの作家を輩出し、その登竜門といわれる芥川賞・直木賞を主催していますから。作家のお陰で商売をしてきたという意識は他出版社に比べ格段に高いんです。以前、文藝春秋が出していた『TITLE』という雑誌で、書評家の豊崎由美さんが渡辺淳一氏(14年4月逝去)に対する“辛口”批評を行って、渡辺氏から抗議を受けたことがあるんですが、この時は『TITLE』の編集長以下、編集部員全員を異動させてしまいましたからね」(文藝春秋関係者)

 こうしてみると、「文春」も人の子、という感じがしてくるが、実際、「文春」はいくらスクープを連発していても、けっして“無双”というわけではない。

 作家タブーの他にも、一切の批判ができないアンタッチャブルな領域をいくつか抱えている。以前、圧力に屈したことのあるユダヤやJR、あるいは、他誌と同様、電通やセブンイレブン……。まあそれでも、他のメディアに比べたら、そのタブーの数は圧倒的に少なく、これくらいはしようがないというべきかもしれない。

 ただ、ひとつだけ気になるのが、数年前からいわれている噂だ。

「『文春』の現編集長の新谷氏は安倍首相が同社から出版した『美しい国へ』の担当者で、実は安倍首相とは非常に親しい。また、菅義偉官房長官ともかなり付き合いが深く、頻繁に情報をもらっていると聞きます。だから、閣僚や自民党の若手議員のスキャンダルはやれても、安倍首相や菅官房長官の決定的なスキャンダルはできないというんですね」(別の文藝春秋関係者)

「文春」にはこの噂を吹き飛ばすような、安倍首相の決定的スキャンダルをぜひ報じてほしいものだが……。
(田部祥太)

最終更新:2016.04.03 07:34

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

“無双”といわれる「週刊文春」にも絶対書けないタブーが! 林真理子が「作家になれば悪口書かれない」と暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブー林真理子田部祥太週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
5 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 X JAPAN、TAIJIの死の謎
8 川島なお美が近藤誠の診断を告発
9 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
10 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
11 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
12 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
13 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
14 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
15 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
16 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
17 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
20 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄