「イスラム国志願で拘束」は嘘だったが、実際にイスラム過激派に入った日本人の若者がいた! 戦闘にも加わり重傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
bokugaislamsenshi_01_160325.jpg
『僕がイスラム戦士になってシリアで戦ったわけ』(金曜日)

 トルコで「イスラム国」(IS)の戦闘員に加わろうとしたとして身柄を拘束された日本人男性(24)が、3月24日、帰国した。報道によれば、携帯電話などの所持品からはISとのつながりを示す証拠は見つからず、男性は警察の取り調べに対して、「日本での生活が嫌になった。海外に行けばなんとかなると思った」などと語っているという。

 どうやらこの男性がISの戦闘員になろうとしていたというのはガセらしい。

 しかし、この男性とは別に、実際にトルコからシリア入りし、ジハード主義の反政府組織に加入した日本人男性がいることをご存知だろうか。

 それは、鵜澤佳史という1988年生まれの男性だ。24歳だった2013年4月にトルコ南部から内戦状態のシリアに入国。反政府武力組織の一員として政府軍との戦闘に参加したという。そんな鵜澤氏が今年1月、『僕がイスラム戦士になってシリアで戦ったわけ』(金曜日)という本を上梓。反政府武力組織での生活、シリアに向かった理由を赤裸々に語っている。

 両親にも秘密で反政府組織に加わった鵜澤氏だが、そもそも、当初は反政府組織の中でも世俗性が強く、アメリカやトルコが支援している「自由シリア軍」に参加するつもりだった。だが、自由シリア軍の報道官に「仏教徒じゃ戦うのは難しいな」と言われ、イスラム教に改宗。名前も「ハムザ」に変えた。

 そして、同書によれば、現地の人間に案内されるがままに連れて行かれたのは自由シリア軍ではなく、「ムハンマド軍」という外国人中心の組織の拠点だったという。これは、カリフ制国家の再建を目指すサラフィー・ジハード主義の部隊で、ISもそのカテゴリーに入る(ただし、多くのサラフィー・ジハーディストのグループはアサド政権打倒のために自由シリア軍と共闘しており、ISは自由シリア軍とも他のサラフィー・ジハーディストとも敵対関係にある)。ともあれ、日本ではしばしば「イスラム過激派組織」とカテゴライズされるグループに、鵜澤氏は加入することになったのだ。

 まず鵜澤氏は、ムハンマド軍の教育施設で礼拝やコーランなどの教育を受けた後、拠点へ戻り、AK47ライフルなどの装備を支給され、偵察任務や警備任務を経験する。「仲間」の亡骸を何人も目にしながら、激戦地アレッポ郊外に移動し、政府軍の勢力下にあるアレッポ中央刑務所の攻略作戦に従事した。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「イスラム国志願で拘束」は嘘だったが、実際にイスラム過激派に入った日本人の若者がいた! 戦闘にも加わり重傷のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ISイスラム国安倍政権都築光太郎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 高須・橋下・ネトウヨのハンスト叩きを元山氏・村本が論破
2 自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
3 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
4 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
5 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
6 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
7 安倍晋三が触れない“もう一人の祖父”
8 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
9 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
10 宮崎駿がラジオで安倍と百田を批判!
11 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
12 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
13 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
14 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
15 ネトウヨが『ひるおび』を勘違い攻撃
16 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
17 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
18 つんく♂が秋元のメンバー差別に
19 DA PUMPがEXILEに挑戦状
20 能年玲奈のヤンキーテ―プ流出?
1追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
3竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
4ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
5安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
6早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
7産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
8 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
9日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
10沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
11外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
12安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
13三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
14直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
15三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
16自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
17“バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
18松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
19百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
20稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄