ニューヨークタイムズ前支局長が安倍政権の海外メディア圧殺の手口を暴露! 「日本の報道は安倍に分断されている」と警告も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
fackler_160226_top.jpg
マーティン・ファクラー『安倍政権にひれ伏す日本のメディア』(双葉社)

 一昨日、本サイトで取り上げたように、イギリスの大手紙「ガーディアン」や「エコノミスト」がこぞって安倍政権におけるメディア圧力の実態を報じるなど、すでに、日本は先進国のなかで突出して“言論統制された国”であることが世界に露見し始めている。

 だが、おそらく安倍政権は、今後、こうした報道すら許さないよう、あらゆる手段で海外メディアまでもを封じ込めていくだろう。事実、第二次安倍政権以降、政府は露骨に“海外メディア対策”を強化させているのだ。

 米「ニューヨーク・タイムズ」前東京支局長で、日本取材歴20年を誇るアメリカ人ジャーナリスト、マーティン・ファクラー氏が、新著『安倍政権にひれ伏す日本のメディア』(双葉社)のなかで、その実態を告発している。

 まずは、安倍政権による記者会見での海外メディアの扱い方だ。

〈そもそも安倍首相は、他の総理大臣に比べてぶら下がり会見を含め、記者会見の回数がやけに少ない。そのうえ記者会見に出ても、限られた時間の中で、まず記者クラブメディアの記者が優先されて指名される。私のような海外メディアの記者は当てられるかどうかはわからないし、仮に質問できたとしても、まるで政権公約を要約したような通り一遍の答えしか出てこないのだ。〉(『安倍政権にひれ伏す日本のメディア』より、以下同)

 ようするに、安倍政権は、海外メディアが日本政府に直接質問をぶつける機会すら奪っているのだ。実際、自民党が政権与党に返り咲いて以降、一度として日本外国特派員協会(FCCJ)による安倍首相の記者会見は実現していない。しかも、ファクラー氏によれば、〈そもそも、選挙前ともなるとFCCJは自民党からほとんど無視されてしまう〉という。

〈FCCJでは海外の記者会見のスタイルを踏襲し、記者からタフな質問が次々と飛んでくる。どんな質問が出るのか、事前に把握することは難しい(本来、当たり前のことなのだが)。自民党の議員たちはその論戦に耐えられないと考えているのだろう。自分たちがコントロールできない場所は、戦う前に避けているのだ。〉

 海外の記者会見のスタンダードでは、政治家は記者から鋭い質問を受け、それにアドリブで答えていく。しかし、日本の記者クラブは“特オチ”を恐れて、各社横並びの報道に終始してしまっているのが現状だ。この構造についてファクラー氏は、官邸が指名を予定している記者に対して事前に質問項目を出すよう要求していることなどを例に、〈日本では官邸が記者クラブメディアをがっちりコントロールして〉おり、〈官邸の記者たちは、権力側からの管理によってあまりにも縛られ、またそのことに慣れすぎている〉と、厳しく批判する。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

安倍政権にひれ伏す日本のメディア

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ニューヨークタイムズ前支局長が安倍政権の海外メディア圧殺の手口を暴露! 「日本の報道は安倍に分断されている」と警告ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスメディア圧力安倍晋三小杉みすずの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 国会議事堂そばのアパに泊まってみた
2 百田尚樹がジュゴンめぐりまた反対派攻撃のフェイク 
3 お笑い芸人「薬物をやらない」自慢の無自覚
4 NGT48暴行問題で山口真帆が謝罪強要を訴えるも運営は無視
5 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
6 下村大臣が「震災は愛国心欠如のせい」
7 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
8 韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
9 安倍首相にマッチョ批判
10 安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
11 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
12 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
13 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
14 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
15 坂上忍に和田信者が「在日」と差別攻撃
16 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
17 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
18 産経新聞が社員の1割をリストラ
19 マララは社会主義者だった!
20 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
3 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
4田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
5 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
6ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
8安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
9高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
10『報ステ』がまた政権批判アナ排除
11安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
12NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
134人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
14ピエール瀧めぐり松本とたけしが無教養丸出し発言
15 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
16酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
17安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
19五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
20ピエール瀧「韓国紙幣で吸引」報道の差別扇動

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄