小泉今日子特集の雑誌がバカ売れ! 理由は“芸能界のドン”インタビュー…「他の子は性格悪いけど今日子はいい」発言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 というのも、事務所を通さないで仕事を進めるというのは芸能界においてもっとも重大なルール違反であり、その後の取引を一切中止してもおかしくないトラブルだからだ。とくに“所属事務所への裏切り、造反は許さない”という姿勢を貫く周防氏にとっては、絶対に許せない問題だったはずだ。普通なら小泉も久世も芸能界から追放されていてもおかしくない話だが、しかし、そうしないほど周防氏は小泉を宝のように特別に扱っていたのだろう。そしてその後も、『花嫁人形は眠らない』(TBS系)、『センセイの鞄』(WOWOW)と、小泉は定期的に久世演出作品に出演することになる。

 このように小泉が事務所を通さずに勝手に物事を進めるのは、実は久世との一件だけではない。もともと聖子ちゃんカットでデビューした彼女が、事務所に無断で髪を切ってショートカットにしたエピソードは有名だが、事務所スタッフから大目玉を食らっても不思議ではないこの一件に関しても、周防氏はあっけらかんと語る。

〈そういうのは全部、本人がやりたくてやったことなんだよ。刈り上げにするときも、僕にはなんの相談もなかったしさ(笑)。でもねぇ、それがピッタリ似合うんだよね。(中略)もともと彼女に才能があったんでしょうね。事務所は何もしてないの。彼女に関しては、僕は何も能書きを言えないんだよね(笑)〉

 彼女がやりたいと言ったものはやらせる。その一例が、91年にリリースされた小泉今日子作詞のシングル「あなたに会えてよかった」だ。発売前、この曲を聴いた周防氏は「こんなの売れるわけねぇだろう」「(売れたら)なんでも言うこと聞いてやるよ」と一顧だにしなかったのだが、結果は小泉の読みが当たり、105万枚以上売り上げる大ヒット曲に。小泉の自己プロデュース能力の高さが数字として証明された格好だが、だからこそ周防氏は目を細めるかのようにこう語るのだ。

〈ほとんど今日子本人がやりたいようにやってるけど、彼女がやることなすこと、なんか納得しちゃうんだよね〉

 あの「芸能界のドン」に、「なんか納得しちゃうんだよね」と言わせてしまう……。すべてを黙らせてしまうキョンキョンの実力には思わず震えてしまうが、当然ながら久世氏の一件で問題になったはずの事務所を通さない仕事も、その後、小泉今日子は継続して受けていく。しかしなぜ、彼女だけは“特別”なのか──その理由は、周防氏が重要視する“義理”を小泉が守っているからだろう。

〈彼女の素晴らしいところはね、デビューして人気が出始めた頃に彼女を認めてくれたアシスタント・プロデューサーとかディレクターからの、『私が、僕が、一本立ちしたときは、小泉さん協力してね』なんていう約束を、今でもちゃ〜んと守ってるところ。だから、事務所も知らないところで1シーンだけ出てる作品がいっぱいあるんだよ(笑)。その義理堅さは半端じゃないよね〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

小泉今日子特集の雑誌がバカ売れ! 理由は“芸能界のドン”インタビュー…「他の子は性格悪いけど今日子はいい」発言ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニング小泉今日子編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
4 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
5 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
10 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
11 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
12 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
13 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
14 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
15 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
16 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄