小泉今日子特集の雑誌がバカ売れ! 理由は“芸能界のドン”インタビュー…「他の子は性格悪いけど今日子はいい」発言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mekuru_160204_top.jpg
「MEKURU」(Gambit)VOL.7

 90ページにおよぶ小泉今日子特集を展開した「MEKURU」(Gambit)VOL.7が大変な話題となっている。同誌は2月4日に発売されたのだが、すぐに完売。カルチャー雑誌としては異例の売り上げを記録し、重版がかかる展開となっているという。

 メディアでは、誌面で小泉今日子の自宅やすっぴん姿が公開されていることが異例の人気の秘密として取りあげられているが、この雑誌の人気が爆発した理由は、たぶんそれだけではない。あの「芸能界のドン」が同号に登場したことが、おそらく大きく関係しているはずだ。

「MEKURU」の小泉今日子特集では、松田聖子や秋元康、宮藤官九郎、糸井重里から、母・由美さんにいたるまで27名の人々が「コイズミ論」を語った「27名による わたしの中の小泉今日子」という特集企画が組まれているのだが、その中で、小泉今日子の所属事務所・バーニングプロダクション・周防郁雄社長が6ページにもわたって、インタビューに応じているのだ。

 周知のように、周防氏といえばその人脈とコワモテぶりで、芸能界とマスコミ界を震え上がらせてきた存在だが、ほとんどインタビューに応じたことはない。それがこんなロングインタビューに登場するというのは、芸能史に残る事件と言っていいだろう。

「あの雑誌が発売されて以降、マスコミ、芸能関係者の間ではその話でもちきりでした。周りの連中はほとんどあの雑誌を買っていて、業界だけで1万部以上売れたんじゃないかという冗談も飛び交っていたくらい(笑)」(テレビ局局員)

 しかも、注目したいのはその内容だ。コワモテの周防社長が、今回のインタビューでは、かなり踏み込んだ表現で小泉今日子をベタ褒めしているのだ。たとえば、こんな感じである。

「性格もいいんでしょうね。彼女がデビューした当時に人気があった他の子たちは、ハッキリ言うと性格が悪いんだよ(笑)。ウチの親戚にもそういう子のファンがいたりしたから、『なんであんな性格の悪いのが好きなんだ、うちの小泉のほうが性格もいいのに!』って、喉から出かかったりしてね(笑)。もちろん、そんなこと言わないけど。今もね、いろんなタレントさんが事務所や業界に対する不満やなんかを今日子に相談するらしいんだけど、今日子に上手いジャッジをしてもらって、その子の人柄が良くなった、なんていう子は大変な人数いるんですよ」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

小泉今日子特集の雑誌がバカ売れ! 理由は“芸能界のドン”インタビュー…「他の子は性格悪いけど今日子はいい」発言ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニング小泉今日子編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
2 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
3 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
4 ネトウヨ落語家・桂春蝶が不倫相手にDV
5 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
6 安倍晋三前首相会見で馬脚!“桜”原資はポケットマネーで疑惑再燃
7 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
10 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
12 小池都知事の都知事選! 感染者増加の原因はすべて「夜の街」のせいに
13 ノーベル賞科学者が安倍戦争政策にNO
14 安倍改造内閣に田崎スシローも「これまでで一番出来が悪い」
15 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
16 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
17 安倍首相が国会で嘘の上塗り! ポケットマネーによる裏金疑惑も浮上
18 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
19 川島なお美が近藤誠の診断を告発
20 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
3五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
4 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
5菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
6感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
7五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
8南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
9五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
10五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
11五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
12感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
13組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
14五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
15検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
16NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
17感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄