【インタビュー】懲りないめげない山本太郎にこれからの闘い方を訊く(前)

山本太郎は安保法成立後もバカみたいに前向きだった!「懲罰委員会にかかれば本望」「まだまだやれることはある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

■バッシングと評価をどう受け止めたか? 「坂上忍さんのことは逆に心配(笑)」

──それにしても、山本さんは安保法案の可決後、かなり強いバッシングに遭いながらも、なぜかすごくお元気ですよね。

山本 バカだけが元気だ!っていう(笑)。批判にも目を通しますよ。目的は、向こう側がどういうことで足を引っ張ろうとしているのかを知るというのがひとつ、もうひとつは、真剣に批判してくれている方もいらっしゃるし、そこにはやっぱり耳を傾けて改善できるところは改めたいと思うんで。エゴサーチしてます(笑)。

──でも、山本さんはバッシングについて、いまはどのように受け止めているんですか?

山本 ふたつあると思います。牛歩に関してと、喪服を着て数珠を持った表現に関してと。まず、牛歩に関しての批判は何ひとつ当たるものではない。議長の議事整理権の範囲のなかで僕が表現したことなので、これは問題がないと思っています。7~8割の方々は今国会での成立なんてあり得ないだろ?という考え方を示していましたから、そうした声を聞かないという政治に対して表現をするというのは当然のことです。
 ただ、もうひとつの、喪服を着て数珠を持って、ということに関しては、あれをやって叩かれないわけはないと思います。叩くには美味し過ぎる材料を自ら提供すれば……ってことですよね。実際、参議院の品位を貶めたという話になっています。厳重注意も受けましたが、もちろん議長から見てそのような状態であったならば素直に受け止めるというのが筋であり、それは自分のなかで受け止めます、と。
 でもその一方で、議会制民主主義が破壊されるような強行採決……人間かまくらという防護壁までつくり、何をやっているのかもわからないうちに採決されてしまった。しかも、かまくらづくりに特別委員会の人間だけじゃなく、与党側の関係のない議員、秘書まで混ざっていたとなれば、それは品位を貶めていないの?と普通は考えますよね。いまも、あちらはお咎めなし、ですし。だとしたら、その品位とは状況によって変わるものなのかな、とは思います。

──それにしても、除名にならなくてよかったです。

山本 除名を決断するのは議長ではないんですよ。懲罰委員会にかかり、全議員の3分の2以上が同意した上で除名になる。つまり、除名というのは非常にハードルが高い。ですが、たとえそこで除名になったとしても、向こうは逆に損をするんです。だって、強行採決の流れで除名をされた議員が出てくれば、反対する人々の受け皿、象徴になる。向こうにとってはあまりおいしくない。この先、安保関連の話題が出る度に記憶が蘇る訳ですから。逆に言うと、「非常識なバカ」という批判が盛り上がって、それを厳重注意で叱る、というかたちで受け流したほうが正解なんですよね。問題が大きくならない。ちょうどいい落としどころだった、ということです。

──ってことは、安保法反対の流れをつくるためには懲罰委員会にかけられるのもアリだった?

山本 いや、アリです、アリです。当然ですよ。何のためにやっているかってことですもんね。問題が大きくなった方が、政治に興味ない人たちにも、伝わる可能性が出てきます。「何故、あんな馬鹿な事を?」を入り口にデタラメ安保法案の本質にまで辿り着く人が一人でも増えれば最高、と思ったんですけれども。

──今回の安保法案をめぐる議論の大きな変化のひとつに、多くの芸能人が反対の声をあげたこともあると思います。まさに参議院で山本さんが踏ん張っていた裏では、国会前に石田純一さんがスピーチに立ったりですとか、坂上忍さんは生放送の番組で「安保に大反対」と発言。さらに坂上さんは「いま、政治家でいちばんまともなのは山本太郎ぐらい。まともすぎて逆に心配」とまで言っていました。

山本 逆にこちらが心配になりますよ(笑)。もちろん、そういうエールは非常にありがたくて、ぐっとくるものがあります。けど、やっぱりそれぞれを大切にしてもらいたいなと思うんです。だって、そういう影響力ある立場の方が、わざわざ山本太郎のことなんかに触れなくても、法案には反対できますから。NGワードをわざわざ使うのは、すごいリスクのある発言です(笑)。でも、ほんとうにありがたいです、うん。ぜひ政治献金を、とお伝えしたいです。ガハハハハ!

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ひとり舞台 脱原発-闘う役者の真実-

  • amazonの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

山本太郎は安保法成立後もバカみたいに前向きだった!「懲罰委員会にかかれば本望」「まだまだやれることはある」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。インタビュー山本太郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
2 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
3 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
4 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5 専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
6 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
7 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
8 岡村隆史が『PRODUCE 101』で韓国人練習生にセクハラ・差別連発!
9 芸能人と熱愛したグラドルは引退?
10 韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
11 日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
12 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
13 炎上、欅坂46の歌詞の最大の問題点
14 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
15 現役グラドルが芸能界の裏を暴露
16 RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景にあるもの
17 安倍政権が海外からのコロナ政策批判チェックに24億円!
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
19 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
20 田崎史郎がGoTo擁護で「古希に九州旅行する」「6、7人で会食始めた」
1読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
2GoTo受託団体は二階幹事長らへ4200万円献金以外に巨額パーティ券購入も!
3また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
4 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
5自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
6 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
7GoTo大混乱でも安倍首相は会見せずに極右雑誌「Hanada」で嘘八百!
8 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
9韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
10コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
11天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
12「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
13大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
14専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
15小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
16日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
17ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類
18坂上忍が“フジのスシロー”平井文夫のGoTo擁護に「政府の一員のよう」
19小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20槇原敬之の初公判でマスコミが報じなかった覚せい剤使用の否定

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄