辻仁成が日和る太田光に説教!「安倍首相に直接会っても意味がない」「太田さんの批判はフランスでは優しいほう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「それで花見のときに『今度、僕のテレビに出てください』って伝えたら、『もちろん出ますよ』と言ったんです」
「だから、(中略)会ったから話せることがある、進展することもあるんですよ」

 おいおい、いったいどこまでおめでたいんだ、と言いたくなるが、しかし、辻はこうした太田のくだらない言い訳に対して、直接、強い批判をしたわけではない。

 むしろ、対談のほとんどは「そうだったんだ」「そうかもしれないね」などと相づちをうっていた。

 ところが、太田が瀬戸内寂聴に会った際のエピソードを話した時のこと。

「『先生、デモの先頭に立つぐらいなら、安倍(晋三)さんと寝てくださいよ』っていったら、『あの人は、あたしの趣味じゃないのよ』って」
「俺、寂聴さんに会った時に言ったんですよ。『平和運動ということで相変わらずデモに行っていますけど、そういうスタイルってどうなんですか。先生ならマイクを使って外からアピールする必要はないでしょ。直接、本人に会って言えばいい』」

 太田は瀬戸内にこんなツッコミをいれたことを自慢げに語ったのだが、これに対して辻は、こう切り返したのだ。

「寂聴さんは、個人的に会って話をして約束しても、それが守られるとは思っていなんじゃないの」

 そして、自身が安倍首相に会ったことという経験談を語りだす。辻はフランスのオランド大統領からパーティに招待された際、ばったり安倍首相に会った。このとき、辻は安倍に「辻さんは、パリに住んでいるんですか」と訊かれたのだが、「はい」としか答えなかったという。そして、その理由を自らこう解説したのだ。

「その時に僕が『戦争反対です』と言ったところで『ああ、そうですか』で終わっちゃうでしょ」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

辻仁成が日和る太田光に説教!「安倍首相に直接会っても意味がない」「太田さんの批判はフランスでは優しいほう」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨太田光の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
3 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
7 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 稲田防衛相はレイシストと蜜月と最高裁が
11 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
12 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
15 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
16 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
17 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
18 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
19 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
20 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
8河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
9 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
10蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄