テレビ初放映!『永遠の0』に元特攻要員が危機感表明!「この映画を観て多くの人が感動するのは恐い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 前述のとおり、岩井氏は水上特攻兵器「震洋」の特攻要員である。そして兄は、海軍が初めて開発した特攻兵器、人間魚雷「回天」の特攻要員だった。『永遠の0』は航空隊の特攻という違いはあるが、岩井氏は、本作の決定的な欠点についてこう語っている。

「全体として海軍、陸軍もそうですが、飛行機にかかわらず特攻というものを、空中、水中、水上と考えたこと事態にものすごい犯罪性があって責任がある。でもその責任を糾弾する場面が(映画には)どこにも出てこないんです。そして一種のロマンチシズムになっている。責任の追及がなくてロマンチシズムだけが残るということにこの映画の酷さを感じますね」

 実際、作中でフォーカスされるのは、「死にたくない」と公言する宮部久蔵という人間がなぜ特攻で戦死したのかという“ミステリー”と、彼をとりまく家族、戦友たちの“感情の動き”だ。特攻という非人間的な作戦が考案され実施された背景、そしてその責任の所在は、ほとんど言及されない。たとえば史実では、神風特攻隊の創始者である大西瀧治郎中将は、玉音放送翌日に割腹自殺している。だがこうした話は、映画では一秒も触れられていないのだ。

「また宇垣纏中将もいます、彼は第五航空艦隊司令官でしたが、鹿屋から特攻を出した責任者だから、生きてはおれないということで事実上の自殺をしています。敗戦が明らかになった8月15日でしたが、まだ停戦命令が出ていないからと、自分の判断で行けると決めて11機でしたか部下たちの彗星(爆撃機)を率いて特攻に出て行きました。でも自分だけが割腹やピストルで自殺するといかいうのならまだわかるけど、なぜ部下を連れて行ったのかという、それはものすごく最後の責任の取り方まで人命軽視だったということですね。部下の人命をなんと考えていたのかと思います。そういう点では大きな反省点として出てくるべきでしょう。でもそういうことが映画には出てきていない」

 死にたくない、生きて帰る、家族を守る──そのシンプルさが故に、ここには確かに見落とされているものがある。それは “どうしてこの戦争が起きてしまったのか”“いったいなぜ特攻という悲劇が生まれたのか”ということ。過ちを二度と繰り返さないために、わたしたちが学ぶ必要のある、もっとも重要な問いかけが、『永遠の0』にはない。

 しかも、『永遠の0』が犯罪的なのは、特攻という国家犯罪を“家族のために”といういかにも現代的な価値観でコーティングして、その本質を見えなくさせていることだ。

 岩井氏も「怖いですね。この映画だけを観て、やはり一種の感動を持つ人が多いんじゃないかと思いますから」と語っているが、読者や観客はこのような人物がなぜ特攻を選んだのかというミステリーにのめり込んで、宮部久蔵の生き様に共感し、落涙してしまう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

『永遠の0』を検証する ただ感涙するだけでいいのか

  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

テレビ初放映!『永遠の0』に元特攻要員が危機感表明!「この映画を観て多くの人が感動するのは恐い」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。小杉みすず百田尚樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
2 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
3 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
4 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
5 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
6 安倍首相にマッチョ批判
7 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
8 グッディ!土田マジギレ真の原因
9 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
10 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
11 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
12 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
13 自民党NHK受信料義務化の狙いは?
14 産経新聞が社員の1割をリストラ
15 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
16 山本太郎を評価せよ!
17 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
18 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
20 玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
4 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
5指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
6ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
8高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
9『報ステ』がまた政権批判アナ排除
10安倍独裁で“法の番人”内閣法制局長官までネトウヨ化!
11安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
12安倍首相が元号を私物化!「新元号は日本の古典から」のインチキ
13 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
14安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
154人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
16参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
17 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
18酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
19五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
20百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄