小林よしのりがAKB総選挙のスピーチに激怒!「横山由依は総監督辞退しろ!」「指原もダメ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

〈たかみな(高橋みなみ)が残留! 卒業取りやめ! あんなにスピーチが上手な人が卒業なんて、秋元康の方針が間違ってる。やっぱりね、「公」と「私」というのがあってね、たかみなは「私」を殺して、「公」を取るわけ。メンバー全体のこと、ランクインできなかったコのことも考えてる。しかも、視聴者のことも考えている。なおかつ、「努力は必ず報われる」っていうフレーズが嘘だなんだって言われているから、それに対する回答も示しているわけ。それと比べたら、指原のスピーチもまだ「私」だから〉

 まるで、横山由依がグループのことを一切考えていないと言わんばかりの批判である。

 しかし、スピーチライターとして多数のビジネスマンのスピーチコンサルティングにも携わる、陰山洋介氏による著書『スピーチライター 言葉で世界を変える仕事』(KADOKAWA)によると、一対一の商談や会議では抜群のコミュニケーション能力を発揮する優秀な人が、スピーチとなると途端に話せなくなってしまう例は珍しくないと言う。

 横山由依も、次期総監督に指名されるほどであるから、普段は若手メンバーに対して抜群のリーダーシップを発揮している。しかし、総選挙のスピーチとなると、いつもグダグダになってしまう。生まれたての子鹿のように体を震わせながらヨロヨロと壇上に近づき、マイクを手にしても泣き、まともに喋れなくなる姿が毎年繰り返されるので、ファンから「伝統芸」「バイブ芸」と揶揄されているほどだ。

 まさに、彼女も、典型的なスピーチになると途端に話せなくなるタイプといえる。

 そんな人の最大の問題点は、「スピーチを特殊な話し方だと思っていて、スピーチだと思うと変に構えてしまう」というところにある。苦手意識が先行すると、自己紹介すらまともにできなくなってしまう信じがたい状況に陥ることもあるそうだが、確かに彼女も自分の名前すらまともに声に出せていなかった。

 こういう症例には、まずスピーチの内容云々の前に、苦手意識を払拭させ、やればできると認識してもらうため「みなさん、はじめまして。○○です。本日取締役に就任しました。まだ、会社についてわからないことばかりなので、みなさんいろいろ教えてください」といった簡単な挨拶をスピーチコンサルタントの後を追ってオウム返しのように復唱させる、「口立て」の練習方式をとるという。

 バカにしているのか?と思わず考え込んでしまうような練習だが、これによってスピーチに対する変な構えがなくなり、克服への一歩を踏み出せるのだという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

スピーチライター 言葉で世界を変える仕事 (oneテーマ21)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

小林よしのりがAKB総選挙のスピーチに激怒!「横山由依は総監督辞退しろ!」「指原もダメ」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48小林よしのり新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
2 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
3 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
4 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
5 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
6 沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
7 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
8 DA PUMPがEXILEに挑戦状
9 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
10 つんく♂が秋元のメンバー差別に
11 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
12 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
13 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
14 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
15 国連も「組み体操」の危険性を指摘!
16 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
17 百田尚樹の「改憲PR映画」がトンデモ!
18 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
19 戦争専門家が集団的自衛権の嘘を指摘
20 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
1追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
3所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
4竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
5ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
6安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
7早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
8産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
9 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
10日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
11沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
12 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
13外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
14 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
15安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
16三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
17三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
18“バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
19直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
20松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄