古舘“炎上”発言の何が悪い? 又吉批判がタブーに? 芥川賞は本屋大賞と変わらないのに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 芥川賞・直木賞がプロの作家が選ぶ“権威ある”賞であるのに対して、本屋大賞は読者の目線により近い書店員が選ぶ“売るための”賞。古舘はそう思っているのかもしれないが、芥川賞・直木賞だってそもそもは当時文藝春秋の社長だった作家・菊池寛が雑誌の売れない2月と8月に雑誌を売るためにと設立したもので、その成り立ちから“売るための”賞であって、決して時代とともに変質したわけではないのである。

「芥川賞と本屋大賞が変わらない」という古舘の発言は的外れではないが、それは時代のせいではなく、「最初から」変わらないのだ。

 プロの作家が選んでいるところがちがうと思う読者もいるかもしれないが、冷静に考えてほしい。筆力と読書量は必ず比例するようなものでもなければ、作家は書くプロであって読むプロではない。よき書き手でありよき読み手でもあるという作家もたくさんいるし、書き手ならではの視点もあるが、それが一般読者の目線と乖離するという面もある。そうしたフラストレーションから生まれたのが、読者により近い目線で選ぶ本屋大賞だ。

 書店員なら誰でも参加できるというのは敷居が低い気もするが、芥川賞や直木賞の選考委員が選評で一言も触れてない作品もしばしばあることを考えれば、全作品を読んでコメントするというのはそれなりのハードルではあるだろう。

 それにしても古舘発言騒動で思い知らされるのは、又吉受賞をディスってはいけない、この空気だ。「芥川賞もレベルが下がったね」「芥川賞とほかの賞の差がない」などという発言は、これまでも多くの人が口にしてきた、定番の批判にすぎない。

 今でこそいちばん有名な文学賞である芥川賞が、賞の知名度を一気にあげたのは、石原慎太郎『太陽の季節』受賞によってだ。社会現象にまでなった石原の受賞だが、そのときも『太陽の季節』に対しては、新しい時代の書き手として評価される一方、「反倫理的」「スキャンダラス」と非難されるなど、激しい賛否両論が巻き起こっていた。だからこそ、社会現象にまでなり得たのだ。

 しかし、どうだろう。又吉受賞にケチをつけてはいけない空気になってはいないか。実際「文學界」に「火花」を発表以来、才能を賛美する声ばかりで、批判はほとんど聞こえてこない。本サイトも又吉の文学に対する造詣や筆力そのものを否定する気はまったくないが、でも、ただ褒め称えるだけでなく、おもしろくなかった人は「つまらなかった」と素直に言えたり、「お笑い芸人が主題の一作だけでの判断は、時期尚早ではないか」「難しい漢字の言葉を多用するのは、純文学コンプレックスからでは?」「芸人同士の会話が、おもしろくない」「先輩芸人が豊胸手術をするというラストはありなのか?」など、こんな話も自由に交わせてこそ、読書や文学の本当のたのしみが生まれるのではないかと思うのだが。
(酒井まど)

最終更新:2015.07.17 10:12

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか―擬態するニッポンの小説 (幻冬舎新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

古舘“炎上”発言の何が悪い? 又吉批判がタブーに? 芥川賞は本屋大賞と変わらないのに?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。文学芥川賞酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高裁でも山口敬之氏の伊藤詩織さんへの“性暴力”認める判決
2 橋下徹は石原慎太郎からも「ヒトラーに該当」と称賛されていた!
3 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ
6 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
7 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
10 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
11 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
12 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
13 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
14 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
15 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
16 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
17 田崎史郎が証言! 安倍総理の側近が「悔しいけど玉川徹さんの言うとおり」と…
18 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
20 NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
1橋下徹は石原慎太郎からも「ヒトラーに該当」と称賛されていた!
2NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
3若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
4東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
5吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
6維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ
7Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
8ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
9国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
10高裁でも山口敬之氏の伊藤詩織さんへの“性暴力”認める判決

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄