振り込め詐欺、裏風俗、危険ドラッグ…暴力団が関与しない裏社会ビジネスの仕組みとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sokomadeyaruka_01_150316.jpg
『そこまでやるか!裏社会ビジネス 黒い欲望の掟』(さくら舎)

 普段生活している分にはあまり感じることのない“裏社会”の存在。日々アウトローたちが非合法なビジネスを展開していることは知っていても、それを体感することはそう滅多にあることではない。

 しかし、ここ最近は合法・非合法の境界線上にある“グレーゾーン”のビジネスが拡大。一般市民が知らず知らずのうちに裏社会と接点を持つことも少なくないという。

 その接点の最たるものが、いわゆる“振り込め詐欺”だ。犯罪ジャーナリスト・丸山佑介氏の著書『そこまでやるか!裏社会ビジネス 黒い欲望の掟』(さくら舎)では、以下のように解説されている。

「詐欺グループの大半は、完全に裏社会の人とは言いがたいところもあるのですが、彼らを使っている側は、ほぼ黒に近いグレーと言えるでしょう。準暴力団や半グレと呼ばれる人たちです」

 広域指定暴力団、つまりヤクザが黒だとしたら、準暴力団や半グレは黒に近いグレーとなる。準暴力団という呼び方は、「関東連合」に代表されるような暴走族OBグループを警察庁が規定するために生まれた言葉だ。関東連合のほかには、中国残留孤児の2世、3世が中心となって組織された「怒羅権」などが、代表的な準暴力団・半グレと呼ばれる組織である。

 そして、もうひとつ、表社会に侵食しているグレーゾーンな裏社会ビジネスの代表例が、セックス産業、つまり売春だ。

 組織的なビジネスとして売春を行う場合、複数の女性を管理し、その待機場所や行為を行うための部屋を用意する必要がある。その部屋の存在をもってして、管理売春と見なされ当局に逮捕されるわけだが、最近はそういったリスクを負わない売春ビジネスも増えているというのだ。

「性別・年齢問わずに誰もが簡単にアクセスできる出合い系のツールが充実していれば、専門の業者を介する必要すらなくなり、女性自らが客を取る個人売春や、女の子四、五人を動かして女衒の真似事をする『プチ管理売春』のような援デリ商法が盛んになってくるのも、無理からぬことです」(同書)

 体を売りたい人と買いたい人が簡単にマッチングできる出合い系ツールによって、グレーゾーンな売春が増加しているのだ。『そこまでやるか!~』によると、合法とされているセックス産業の市場規模は5兆円で、裏風俗産業の市場規模は500億円。そこまで大きな市場規模ではないため、ヤクザの参入も少なく、だからこそ警察もあまり興味を示さない。裏を返せば、裏社会や警察に気付かれることなく、ひっそりとプチ管理売春を行っている一般人がいるかもしれないということでもある。グレーゾーンがどんどん広がっていることを示す事例のひとつだといえそうだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

そこまでやるか! 裏社会ビジネス ―黒い欲望の掟

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

振り込め詐欺、裏風俗、危険ドラッグ…暴力団が関与しない裏社会ビジネスの仕組みとはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ドラッグ田中ヒロナ詐欺の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
2 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
3 ネトウヨ落語家・桂春蝶が不倫相手にDV
4 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
5 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
6 安倍晋三前首相会見で馬脚!“桜”原資はポケットマネーで疑惑再燃
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 安倍改造内閣に田崎スシローも「これまでで一番出来が悪い」
9 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
10 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
12 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
13 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
14 小池都知事の都知事選! 感染者増加の原因はすべて「夜の街」のせいに
15 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
16 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
17 ノーベル賞科学者が安倍戦争政策にNO
18 川島なお美が近藤誠の診断を告発
19 安倍首相が国会で嘘の上塗り! ポケットマネーによる裏金疑惑も浮上
20 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
3五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
4 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
5菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
6感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
7五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
8南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
9五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
10五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
11五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
12感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
13組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
14検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
15五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
16NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
17感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄